【スマホ】アプリ版iMovieの特徴や使い方を徹底紹介【動画制作会社直伝】

『iMovie』は、iPhoneやiPadに標準装備されている動画編集アプリです。

操作性が高くiPhoneで撮影した動画を編集するのに最適なアプリの1つで、これから初めて動画編集をしてみたいと考えている人にもおすすめのアプリです。

実際にアプリ版『iMovie』ではどのように動画を編集していくのでしょうか?

この記事ではiPhoneで撮影した動画を編集したいと考えている人に向けて、

  • iMovieアプリの使い方
  • iMovieの特徴

を徹底解説します!


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


アプリ版iMovieの使い方・準備編

さっそくお手持ちのiPhoneやiPadでiMovieを立ち上げてみましょう。
iMovieを立ち上げると「プロジェクト」画面が表示されるので、「+」をマークをタップしましょう。

アプリ版iMovieの使い方・準備編  の画像

ここからは下記のように操作していきます。

「新規プロジェクト」から「ムービー」を選択

「+」マークをタップすると下記のような「新規プロジェクト」のウインドウが表示されますので、「ムービー」をタップしましょう。

「新規プロジェクト」から「ムービー」を選択  の画像

「ムービー」を作成→動画素材を読み込む

「ムービー」をタップするとカメラ内に入っている素材が表示されます。
下部に「ムービーを作成」という欄があるのでタップしましょう。

すると下記のような画像が表示されますので、「+」をタップしてiPhone内に保存されている動画素材を選んでさらに「+」をタップし、読み込みましょう。

「ムービー」を作成→動画素材を読み込む の画像

読み込まれると動画は、真ん中に白い線が入っている「タイムライン」にという場所に表示されます。
編集はこのタイムラインを見ながら行っていきます。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


アプリ版iMovieの使い方・編集編

アプリ版iMovieの使い方・編集編 の画像

これで編集体制が整いました。
アプリ版iMovieでは、実際にどのような編集ができるのでしょうか?

iMovieはかんたんに操作することができ、下記のような編集が画面をささっとタップするだけでできてしまいます。

お手持ちの動画を以下の内容に倣ってiMovieで編集してみましょう!

動画の長さを調整する

読み込んだ動画素材(クリップ)は、出だしや終わりなど、いらない部分を削除して適切な長さにしなければいけませんが、iMovieならクリップの長さ調整もかんたんです。

タイムライン上のクリップをタップすると、クリップが黄色い枠で囲われます。
白い矢印を右に動かすと、動かした分、動画を最初の方から削除できます。
逆に白い矢印を左に動かすと、動画の終わりの方から削除できます。

動画の長さを調整する の画像

動画を分割する

クリップは途中で分割することができます。
白い線をタイムラインの任意の位置に移動すると、画面下部に「分割」と書かれたタブが表示されます。

「分割」をタップするとその位置でクリップが2つに分かれます。

動画を分割する の画像

2分割したクリップをさらに分割していくことももちろん可能です。

素材の位置を変更する

クリップの順番もかんたんに変えることができます。

移動したいクリップを長押しすると上に移動できるようになります。
たとえばタイムラインの最後にあるクリップをタイムラインの最初に置きたいなら、先頭までスライドして切り離すと、順番が入れ替わります。

素材の位置を変更する の画像

音楽を入れる

iMovieでは、動画に手軽に音楽を付けられます。

まずはタイムラインの左上にある「+」をタップ。
すると素材を読み込む画面になりますので、「オーディオ」をタップし「サウンドトラック」から好きなBGMを、「サウンドエフェクト」から好きな効果音をタップしましょう。

するとタップした音楽素材の横に「+」マークが表示されます。

音楽を入れる の画像

ここをタップするとタイムラインに選択した音楽素材が挿入されます。

テロップを追加する

テロップも気軽に付けることができます。

タイムライン上のクリップをタップすると画面下部に「T」の文字が表示されます。
この「T」をタップするとテロップのスタイル一覧が現れます。

好きなテロップをタップするとタイムライン上に反映され、タイムラインの上の画面をタップするとテキストを書き込めるようになります。

テロップを追加する の画像


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


アプリ版iMovieの特徴

アプリ版iMovieの特徴 の画像

一通りのiMovieの使い方を紹介しましたが、ではこのアプリ版iMovieにはどんな特徴があるのでしょうか?

具体的には、下記のような特徴があります。

Mac版のiMovieと連携している

iMovieはiPhoneやタブレット用のアプリ版と、Macに標準付帯されているソフトウェア版のiMovieがあります。

アプリ版とソフトウェア版のiMovieは連携していますので、大まかな編集をアプリ版で行い、iCloudなどにプロジェクトを保存しておいて、ソフトウェア版のiMovieからアクセスし、細かな仕上げをMacで行いクオリティーを上げる、といったことも可能です。

無料で使える

アプリ版iMovieはiPhoneやiPadを購入したときからあらかじめダウンロードされていますので、すべての機能を無料で使うことができます。

動画編集アプリは有料のものも多いですが、iMovieは無料なので動画制作初心者には勉強用ツールとしてもってこいです。

4K画質の編集も可能

iMovieは、ようやく市場に浸透してきたばかりの4K画質の動画も編集できます。
お手持ちのiPhoneやiPadで、ほんの数年前は考えられなかった超高画質の動画が制作できるのです。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


まとめ

アプリ版iMovieの使い方や特徴を詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

iMovieは動画編集の入り口となるアプリで誰もがかんたんに使うことができるだけでなく、高画質な動画を制作できる非常に優れたツールです。

本記事を読みながら、iMovieを使ってiPhoneで撮影した動画の編集にチャレンジしてみましょう!

この記事はお役に立つかも?

動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

お客様から次のようなお声をいただいています。

TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

 

お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

得意な業種・ジャンル

製品説明動画、教育動画、会社説明動画

得意な業種
ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

得意な分野
企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹