Instagram動画広告の作成事例と効果を紹介

Instagramの利用数は世界で10億人、国内だけでも3,300万人います(2019年調べ)。

今まで個人の情報発信が主な利用目的でしたが、ユーザーの増加に伴い、広告としての効力も高くなっており、企業が商品やサービスをPRすることも多くなってきていますよね。

この記事では、Instagramの広告の事例とコツ、期待される効果について述べています。

今後5Gが本格的に導入されるなかで、動画広告も主流になることが予想されています。この機会に理解を深め、ぜひマーケティングに役立ててください。

Instagram動画広告作成の3つのコツ

広告を作成するうえでのコツを3つにまとめながら、事例も合わせてご紹介します。

無音でもわかるようにする

Instagramは家にいるときだけではなく、通勤途中や仕事のスキマ時間、買い物中のレジ待ちなどあらゆる場面で利用されています。音声を出せない環境で見ていることも多いため、無音状態でも広告効果を発揮できるようにしましょう。

具体的には、字幕をつけたり、目でみるだけで内容やストーリーが理解できる内容にすることで、無音状態でも伝えたい内容をしっかりと訴求できます。

ストーリーズを使って運用する

ストーリーズ

画像出典元:Instagramストーリーのアーカイブの表示方法 - [ヘルプスマートフォン - 日本語]

https://www.helpsmartphone.com/ja/mobileapp-instagram-viewinstagramstoriesarchive

 

Instagramにはストーリーという24時間だけ表示される投稿機能があります。

通常のタイムラインの上部に表示され、自分のフォローしているユーザーの最新の投稿を見ることができるので、タイムライン以上の利用率があります。

そのストーリーズの投稿と投稿の間に差し込まれる広告を、ストーリーズ広告といいます。

特徴は、フルスクリーン広告であること

画面いっぱいに表示される為臨場感や没入感を与えることができます。

広告感をなるべく減らす

広告感が強すぎると、ユーザーは構えてしまうことが多く、見てもらえないことがあります。

先述したストーリーズ広告の場合、親しいユーザーの投稿の間にさりげなく差し込まれる点や、左にスワイプすることで簡単にスキップできることもユーザビリティを邪魔しないので自然にリーチできますよ。

また、商品のメリットを紹介するだけのいかにもな広告ではなく、ドラマや映画のような展開の広告であれば視聴する確率は高くなるでしょう。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


旭化成

□インスタグラム ストーリーズ広告

動画時間:0:15

特徴

Ziplocの本来の使用目的は食材の保存ですが、新しい使い方の提案といった広告です。

軽快なBGMはありますが、音の出せない環境であっても理解できるように、字幕をつけて表現しています。

広告感を出さない

商品の映像ばかりであれば広告としての印象は強く、まったく見ずにスキップしてしまうユーザーも多いでしょう。

しかし、テレビCMのような本格的なものではなく、字幕もハッシュタグを用いて表現することで、広告感は低いものの、さりげなくアピールすることができます。

ストーリーに紛れて見てもらえる可能性を高めている

ストーリーズ広告は、ユーザーのフォロワーの投稿の間に差し込まれるため、日常の投稿風にアレンジすることで、スキップされずに見てもらいやすくなります。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


パワプロ

□Instagramストーリーズ広告を使った広告事例

動画時間:0:15

特徴

こちらは知っている人も多いパワプロの広告ですが、音声は最初から使われておらず、外出先で見られる前提で制作されています。

また、実際のプレイ映像などはほぼなく、プレゼント企画を前面に押し出した内容が特徴です。

プレゼント企画にすることで、実際にゲームにそこまで興味がなかった人が見ることも多く、結果的に少しダウンロードしてみようという気持ちにさせてから、アクティブユーザーにする手法を活用しています。

プレゼントで拡散されやすいようにする

シンプルにいいなと思わせることを意識しており、拡散を義務付けていない点からも、広告感を強めすぎない工夫もされています。

また、プレゼント内容についても人気の商品や旅行を取り上げると、より効力を発揮します。

インスタサイズの広告にしている

Instagramのサイズは1,080ピクセルで、アスペクト比は1.91:1~4で構成されています。

このアスペクト比を意識せずに制作してしまうと、せっかくのフルスクリーンでの広告ができないので、撮影や制作する際に、サイズは必ずチェックしておきましょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

インスタグラム 閲覧のイメージ

Instagram動画広告作成の3つのコツ
  1. 無音でもわかるようにする
  2. ストーリーズを使って運用する
  3. 広告感をなるべく減らす
上記をまとめると、ストーリーズを使って広告を展開していく、その際には外出先で見ても理解できるよう無音状態でも分かるように工夫する、そして広告感を可能な限り排除してユーザーの興味を惹くことを意識する、これが需要なコツになります。
強引な広告を数多く展開する企業は、フォローもされず見てもくれません。一方で、さりげないアピールや、視聴者側にとってメリットや面白さを感じるアカウントは、フォローされやすいです。視聴者側のメリットなるようなものを発信することで、容易に受け入れてくれる状態を作りやすいといえます。
目先のメリットばかりに捕らわれず、長い目で制作を心掛けましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事