インストリーム広告にかかる金額は?概算の出し方も紹介

近年多くの企業に注目され、市場規模が大幅な成長を遂げているマーケティングが動画広告です。

今回はその中でも特に注目されているインストリーム広告の料金形式や、媒体別広告費の概算方法について紹介していきます。自社の動画広告をどのように展開・運営すべきか分かってくるはずです。ぜひ参考にしてください。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


インストリーム広告の料金形式

インストリーム広告の料金形式は、どの媒体でも共通した設定があります。この料金形式を理解することが大切です。

CPV形式

CPVは、広告視聴1回あたりの費用のことです。

視聴者の目に一定時間以上とまった時、または再生中の動画内の広告バナーをクリックするなどのリアクションをカウントすると課金されるのが特徴です。

「CPV=配信コスト総額)÷(一定時間以上み続けた+広告にリアクションをした)」で指標することができます。

CPM形式

CPMは、実際にブラウザ上で表示された回数がどれだけあるかで費用を計算することが可能です。視聴者の目に留まったタイミングによって課金されます。

インストリーム広告が、1,000回表示されるのにかかるコストのことで「CPM=インプレッション数÷配信コスト総額×1,000」でコストの指標を見ることができます。

インストリーム広告を何回クリックされてもコストを抑えて運用ができるという点がメリットです。

広告費を元に自動設定される

YouTubeなどにインストリーム広告に出稿する場合の広告費は、「一日の広告費の上限を設定」を広告元が決めるのですが、その上限に合わせ、1か月後の平均額を運営側(媒体)が調整することもあります。

一日の上限を1,000円に設定しても、それ以上の広告費を使用される場合があります。ただ、1か月のトータルコストを調整しているため、1か月(30日間の場合)3万以上かかることがないようになっています。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


媒体別広告費の出し方

媒体によって広告費が発生するタイミングが異なります。それぞれ見てみましょう。

YouTube

YouTube

YouTubeは、ユーザーが動画を視聴する目的で利用しているため動画広告が再生された時に違和感がなく、多くのユーザーが広告が流れることを認識しています。

CPV形式を採用

YouTubeの課金システムはいくつかありますが、動画広告を初めて出稿する場合はCPV形式を採用することをおすすめします。

CPV単価は、30秒以上視聴したか動画広告上のバナーをクリックするのどちらかの場合に課金されるシステムです。単価相場は、3円~20円とされています。

30秒以上再生かクリックされたときに課金される

5秒か15秒でスキップのどちらかを設定することができますが、多くの動画広告は5秒です。これは、ユーザーを不快にさせず興味を持ったユーザーだけが広告視聴できるようにするための工夫です。

YouTubeで動画を再生と5秒間はスキップ不可で、30秒以上視聴しなければ課金されません。つまり、スキップしなかったユーザーは自社の商品やサービスに興味があり消費者になる可能性があります。

5秒でインパクトを与え、30秒間で購買意欲を上げることできれば売上につながるという事です。

Twitter

Twitter

Twitterは、動画広告を直接見ていない人もツイートによって商品やサービスに興味を持つ可能性があります。二次拡散を期待できる媒体です。単価相場は、1アクション約80円とされています。

CPV形式を採用

CPVの算出方法は「広告出稿費用÷再生回数」となります。動画を視聴したかによって課金されますが、Twitterの場合は、再生秒数と表示される画面のサイズによって課金されるタイミングが異なります。

これを理解することがTwitterでのポイントです。

画面に占める比率と再生秒数によって課金のタイミングが異なる

課金されるタイミングは下記の3つです。

画面に占める比率 再生秒数
画面の50%以上 2秒以上
動画全体が表示される 3秒以上
画面の50%以上 6秒以上

3つの共通する課金のタイミングは、視聴者が動画クリックし拡大表示するかミュート解除した場合です。動画の長さは式では15秒以内を推奨しており、2分20秒以上の動画をアップロードすることはできません。

Facebook

Facebook

Facebookの特徴は、細かなターゲティングが可能で、マーケティング効果を高めることが出来る点です。

100円から上限は自由に設定できる

Facebookのクリック課金の設定は100円からです。安価で広告を出稿できる利点があります。

しかし、入札方式を採用しているので広告費が低い場合、広告自体を表示されなくなってしまいます。つまり、入札額がどの辺りが打倒かということを見極める必要があります。

CPM形式も設定できる

FacebookではCPM形式を推奨しています。

動画広告が表示された回数に応じて金額が決まります。広告が1,000回表示されるために必要な金額を表しています。つまりクリック数が期待でき、クリック率も高くなればそれだけ単価を抑えることが可能になります。

1,000表示あたり500~2,000円が相場です。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


まとめ

どの媒体に動画広告を出稿するかによって、どのような動画広告を制作すべきか検討する必要があります。

より自社のターゲットに合った媒体を選択し、その媒体の特徴や課金形式に合った動画内容にしましょう。

動画制作や出稿スキルに不安がある場合は、初回だけ動画広告制作会社に依頼するのもひとつの方法ですよ。

現在TSUTA-WORLDでは、フェイスブック動画作成の対応も行っています。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事