【運用担当者必見】モーショングラフィックスが広告におすすめな理由

10年前は、広告といえばチラシや新聞広告、TVCMでした。
しかし、最近ではWeb広告が中心になっています。
それにともない、「モーショングラフィックス」を利用した動画広告にも注目が集まっています。

ただ、なかには、

・モーショングラフィックスってそもそも何?
・モーショングラフィック広告にするメリットがわからない
・デメリットも詳しく知っておきたい

このように思っている人も多いと思います。

そこで、今回はモーショングラフィックに詳しくない広告運用担当者に向けて

・なぜモーショングラフィックス広告がおすすめなのか
・モーショングラフィックス広告のメリット・デメリット

を紹介していきます。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


モーショングラフィックス広告の3つのメリット

モーショングラフィックス広告のメリット の画像

モーショングラフィックス広告の代表的なメリットは下記、3点です。

印象に残りやすくなる

モーショングラフィックスは動画広告の一種です。
動画広告は音と動きがついているので静止画広告と比べて視聴者の記憶に残りやすく、与える印象が強くなります。

ある企業の調査によると、静止画広告と動画広告では印象度が1.7倍も違うという結果が出ています。

実際のモノがないサービスもわかりやすく伝わる

商品など実際のモノがある場合と比べて、サービスなど形のないモノを伝える場合は、静止画では難しくなってしまいます。
でもモーショングラフィックスを使った動画広告であれば、映像を使って見せることができるので、実際のモノがない新サービスでも視聴者は直感的に理解することが可能です。

短時間で魅力を伝えられる

静止画で商品の使い方やサービス概要を説明しようとすると、どうしても枚数が増えてしまい、それに比例して内容を伝える時間も長くなってしまいます。
でもモーショングラフィックスなら、一説によれば1 分間の動画に180万語またはウェブサイト3600ページ分の情報量を詰め込めると言われています。

短時間で魅力を伝え、理解させることができます。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


モーショングラフィックス広告の3つのデメリット

モーショングラフィックス広告はメリットばかりではありません。
反対にデメリットはどんな点が挙げられるのでしょうか。

デメリットとしては、代表的には下記の3点が挙げられます。

制作コストが高い

ウェブページや紙媒体となる静止画広告と比べてモーショングラフィックスは、動画である分、紙媒体より制作コストがかかります。

静止画広告はプロでなくても作れたりもしますが、モーショングラフィックスは専門的な技術が必要なので制作会社に発注する必要があり、30秒の広告でも最低でも30万はかかるでしょう。

制作に時間がかかる

モーショングラフィックスは、コストだけでなく制作時間も静止画広告と比べると長くなります。

モーショングラフィックス広告作りには、企画打ち合わせ→シナリオ執筆→絵コンテ作成→素材集め→編集→納品 という工程があり、打ち合わせから納品までは最低でも1ヶ月半はかかります。
この制作時間の長さは、コスト以上のデメリットと言えるかもしれません。

ドラマやTVアニメのような作品は作れない

モーショングラフィックスは実写でもなく、TVアニメのようなフルアニメーションでもありません。
正確には「静止画と動画の中間」に位置するもので、実写作品やTVアニメのような動きが激しくてストーリー性のある作品を作ることはできません。

モーショングラフィックスは、ストーリーではなく具体的な「説明」に特化しています。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


モーショングラフィックスをおすすめする3つの理由

モーショングラフィックスをおすすめする理由 の画像

ここまでで紹介したように、モーショングラフィックスにはメリットとデメリットの両面があります。
制作コストや時間がかかり、ストーリー性のある作品は作れない…確かにそんなデメリットはありますが、それでもモーショングラフィックスでの広告運用はおすすめです。

ここからは、デメリットを超えてもモーショングラフィックス広告の制作・運用をおすすめする理由をお教えします!

実写やフルアニメーションよりブランディング向き

企業ブランディングをするなら、モーショングラフィックスは静止画よりも、実写・フルアニメーションよりも効果的です。

静止画では企業理念という抽象的な概念は伝わりづらく、実写やTVアニメのようなフルアニメーションでは出演者やアニメの雰囲気に引っ張られてしまい、ブランディングを狙っても逆効果になってしまうことがあります。

モーショングラフィックスは動きがシンプルですし、出演者もいないので変な色がつかず思い通りのブランディングができます。

実写やアニメよりテイストを自在に変えられる

モーショングラフィックスなら、イラストだけで作ったり、写真を加工して作ったりといろいろな表現が可能です。
テイストの調整も自在で、かっこいい作品、おしゃれな作品、かわいらしい作品など希望に応じていろいろな雰囲気を生み出せます。

こんなことができるのはモーショングラフィックスだけです!

拡散性がある

モーショングラフィックスはSNSでの拡散がとてもしやすくなっています。
静止画よりも目立ち、実写動画広告のような拡散性も併せ持っているので、SNSに掲載したときにシェアされたりリツイートされたりする確率が高く、多くの人の目に入ります。

この記事はお役に立つかも?


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

広告運用においてモーショングラフィックスをおすすめする理由を、モーショングラフィックスのメリットとデメリットの両面を取り上げながら解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

高いコストと長い制作時間をかけた分のリターンをモーショングラフィックス広告は返してくれる、言わば商品やサービスを確実に消費者に届けるための「投資」です。

ぜひともモーショングラフィックス制作をしてみましょう!

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事