動画のマーケティング効果を測定する方法は?効果的な動画マーケを行おう

多くの企業が、マーケティングに動画広告を採用しています。

しかしなかには、

  • 動画にはマーケティング効果はあるのか?
  • マーケティング効果を発揮する動画とは?
  • 動画マーケティング効果を上げるための方法とは?

と考えている方も多いはずです。

そこで今回は、効果的なマーケティングをしたいとおもっている人に対して

  • 動画マーケティングの方法
  • 動画マーケティング効果の測定方法
  • 動画マーケティングの効果分析の方法

について解説していきます。コンバージョン率をあげたい方、必見です!ぜひご参考になさってください。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


動画マーケティングの方法

動画マーケティング

動画マーケティングの方法で重要なことは3つです。

まずはここを押さえて、効果的な動画マーケ運営をしましょう!

ターゲットを設定

動画のマーケティング効果を最大限に出すためには、まずターゲットを明確にしましょう。当たり前のようですが、サービスの目的を再認識し、ターゲットペルソナをはっきりさせることで、動画の内容は変わります。

ターゲットの細かなリサーチを行うことが重要です。ターゲットやペルソナの設定が細かいほど動画からのコンバージョン率は確実に増加します。

動画を上げる

詳細なターゲット設定は、ターゲット獲得に効果的な動画を制作をするためにも欠かせません。ターゲットに合わせたデザインや演出を心がけましょう。その上でターゲット動向を予想した出稿先に動画を上げることが重要です。

効果を測定

動画のマーケティングは、出稿した後、動画のマーケティング効果を数値で測定・分析することが最も重要です。

動画のマーケティング効果を確認しないまま、直感だけでマーケティングを進めてしまうケースは少なくありません。しかし、動画を上げているだけでは、効果を期待できません。

では、どのように効果を測定すればよいのでしょうか。次に動画のマーケティング効果を測定する方法をご紹介します!


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


動画マーケティング効果の測定方法

効果の測定方法

 

ここからは測定方法について解説します。注目すべき数値は、下記の6つです。

再生数を見る

再生数は指標の1つに過ぎません。

ターゲットを明確化し出稿先を厳選することで、今よりも確実に再生数を伸ばすことができます。再生数が伸び悩んでいる場合は、出稿先の選択から見直しを検討することも一つの方法です。

クリック再生率を見る

クリック再生率は、クリック数(視聴者が動画の広告をクリックした回数)を動画再生回数で割った数値のことです。Webサイトに設置されたGoogleアナリティクスで確認できます。

クリック再生率は動画のサムネイルで8割決まると言われています。クリック再生率が低い場合は、よりターゲットが興味を持てる、しっかりと目立つサムネイルに変更してみましょう。

視聴維持率を見る

視聴維持率は、動画を最後まで見てくれた人の割合です。また、どのタイミングでユーザーが動画の視聴をやめたかを知ることができるため、その理由を考察できます。

視聴維持率の平均は15~20%。良いコンテンツは40%以上とされています。

また、再生時間が長い動画はユーザーが途中離脱する確率が上がりやすいので、PR内容を厳選しユーザーの負担にならない長さに収めましょう。

サイトの滞在時間を見る

ユーザーの知りたい情報がサイトにあった場合は、当然サイトの滞在時間は長くなります。

離脱率が高い場合は、サイトの見やすさも見直してみてください。スマホユーザーとPCユーザーの両方に見やすい表示になってるか?文字ばかりで見づらくなっていないか?などです。量よりも質が大切です。

再生完了率を見る

最後まで視聴したユーザーは、その動画や情報に強い関心を持っている可能性が高いといえます。

視聴率が高くても、再生完了率が低い場合は改善が必要です。ターゲットにとって役に立つと感じられない動画になっている可能性が高いためです。視聴率と再生完了率は切り離して見るようにしましょう。

サイト全体のCVR(コンバージョンレート)を見る

実際に商品の購入につなげたり、問い合わせや資料請求などの行動(コンバージョン)につなげたりすることが動画マーケティングの最終的な目標です。CVRとは、サイトを訪れた人がどれくらいコンバージョンに至ったのかを数値化したものです。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


測定したら改善策を投じよう

ここまで効果の測定方法を解説しました。

効果的な動画マーケティングに不可欠なのは、自社の商品やサービスを広くPRし、事業を成長させていくこと。測定した数値を活用して改善策を投じていきましょう!

そこで重要になるのが「PDCAを回す」ということです。

PDCAを効率良く回していくためには?

動画の集客効果を分析する際の方法で大切なのは、PDCAを回すことでより良いマーケティング動画が何かを導き出すことです。チームの体制を整え、効率良くPDCAを回していきましょう。

目標に合った計画作成(Plan)がされているか、計画を実際に上手く運用(Doできているのか、運用した結果を集計分析(Checkし、改善および次の策を明確に(Action)する。このサイクルをそれぞれの進捗ごとに定期的に確認します。

ここまでさまざまご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひ効果測定を十分に活かし、より効果的な動画マーケティングにお役立てください。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事