【必見】YouTubeの動画が再生されるための7つのポイント

動画でプロモーションをする「動画広告」の一般化にともない、多くの企業がYouTubeに公式アカウントを立ち上げて動画広告を配信しはじめています。

しかし、なかには

  • せっかく上げた動画の再生数が全然、伸びない!
  • 動画の再生回数の伸ばし方がわからない
  • 自分がやっていることに自信がもてない

と悩んでいる企業も多いのではないでしょうか?

じつは、YouTube上で動画の再生数を増やし、成約につなげるにはいくつかの"コツ"があります。

そこで本記事では、YouTube上で動画広告を配信している企業の広告担当者様に向けて

  • YouTubeの動画が伸びない原因
  • YouTubeで動画が再生がされるようになるポイント

を紹介します!



YouTube動画の再生数が伸びない3つの原因

YouTube動画の再生数が伸びない原因 の画像

なぜ企業のYouTubeアカウントは、人気YouTuberのようにチャンネル登録者が数十万人規模になったり、動画がバズることが少ないのでしょうか?

これには、3つの理由があります。

CMと同じなので興味を持たれにくい

私たちは普段テレビで流れてくるCMを見ても、あまりCMの内容に興味を抱きません。

これはYouTubeでも同じです。

一般のユーザーにとって動画広告はテレビCMと一緒であり、ましてやYouTubeではテレビのように強制的に視聴させることができず、ユーザーが能動的にアクセスする必要があるので、そのままチャンネルに動画を置いただけでは誰にも気付いてもらえません。

チャンネルのコンセプトが統一されていない

企業のYouTubeチャンネルでよく起きている現象が、チャンネル内容の一貫性の無さです。

1つのチャンネル内に商品やサービスのアピールをする動画もあれば、全く種類の異なるインタビュー動画があったり、ユーザーのターゲットがバラバラだったりしていて、これではユーザーはそのチャンネルの何を見ればいいか分からなくなってしまいます。

検索に引っかからない

YouTubeはGoogle社の所有物であり、動画検索にもGoogleと同じように独自のアルゴリズムが採用されています。

動画サイトであっても検索は文字で行うので、動画を表示させたいならまずその文字検索に引っかかるようにしなければいけませんが、再生回数の伸びない動画広告の多くが検索に対する対策を行っていません。

そのために再生回数が伸び悩んでいます。

YouTube動画の再生回数を増やすためのポイント7つ

YouTube動画の再生回数を増やすためのポイント7つ の画像

なぜYouTube動画広告の再生数が伸びないのか、主な原因を明らかにしました。

これを踏まえていただいた上で、ここからはどのようにすれば再生回数を増やせるのか、その主なポイントをご紹介します。

下記7つのポイントを意識して動画を共有し、チャンネルを運営してみましょう!

チャンネルに一貫性を持たせる

YouTubeチャンネルは、いわば「小さなテレビ局」です。企業のYouTubeチャンネルは、利益を出すために自社でテレビ局を運営しているのと同じだと捉えましょう。

そう考えたとき企業に必要なのは、チャンネルのコンセプトを統一することです。

ターゲットを明確にして、そのターゲットにしっかり訴求する動画だけをアップしましょう。コンセプトが明確で、そのコンセプトを深く追求しているチャンネルには、有益な情報を求めている人が集まります。

サムネイルの文字で惹きつける

サムネイルの文字で惹きつける の画像

引用:https://osanaikohei.com/lancers/

上記画像のような、YouTubeを開いたときに動画のトップページで表示される画像を「サムネイル」と言いますが、動画を見て欲しいなら、このサムネイルには気を遣いましょう。

その動画を見たい気持ちにさせるような動画の内容を概説したフレーズをユーザーが見やすい大きさで書きます。
サムネイルに惹かれたユーザーは動画を開いてくれるようになります。

字幕をつける

もし動画にナレーションが入っていたり、会話が入っていたりする場合は、必ず字幕をつけましょう。
編集時に動画に直接入れても良いですし、YouTubeからも字幕を入れられます。

町中のFree wi-fiが整ってきているので、ユーザーは移動中もYouTubeにスマホからアクセスし、動画を無音で見たりします。

音を出せない環境では字幕がついている動画しか見ることができないので、丁寧に字幕がついている動画は再生数が伸びるのです。

タイトル・説明欄にキーワードを入れる

アップしたYouTube動画はYouTube内の文字検索に引っかかるようにする必要があります。

文字検索に引っかかるようにするためには、見たくなるような文章をタイトルや動画の説明欄を書くことはもちろんのこと、そこに、SEOを意識して検索に引っかかりそうなフレーズを散りばめる必要があります。

また、タイトルの上にはハッシュタグを掲載できます。ハッシュタグを使って検索すると同じハッシュタグがついている動画が検索結果に上がってくるので、動画のアクセス数が増えやすくなります。

この記事はお役に立つかも?

SNSにも投稿する

制作した動画は、YouTubeだけに投稿するのではなく、TwitterやFacebook、はたまたLINEなど他のSNSにも投稿しましょう。

投稿する媒体が多ければ多いほど、動画は多くの人の目にとまります。特にTwitterは他のSNSと比べると拡散されやすい性質を持っているので、Twitterの流れの速さに合わせて30秒以内に再編集して動画を上げて拡散を狙うのも有効ですし、ツイートでYouTubeチャンネルを宣伝すれば、YouTubeに載せた動画へのアクセス数も増えやすくなります。

コメントできるようにしておく

YouTubeのメリットの1つが、ユーザーと配信者がコメント欄を通じて双方向でコミュニケーションを取れるところです。

企業が売上を伸ばすには、ファンを獲得していく必要があります。ファンを獲得するためには、顧客と近い位置にいなければなりません。

ユーザーが自由にコメントできるようにしておけば、企業は親近感を持たれやすくなり、ファンの獲得につながります。

またコメント欄を解放しておくことで、普段は聞こえてこない顧客の貴重な意見をヒアリングでき、商品・サービスの開発の参考にもなります。

オウンドメディアや企業のサイトで動画を紹介する

企業によっては自社でメディア(オウンドメディア)や、ブログを運営していますが、このように自社配信しているメディアには積極的に動画を転載しましょう。

記事を読むついでに動画にアクセスしてくれるようになります。自社のウェブサイトにも必ずYouTubeへのリンクを貼って誘導します。

まとめ

YouTubeで動画が再生されるためのポイントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

紹介した7つのポイントの中でも一番大切なのが、『動画SEO』と呼ばれるタイトルと説明欄への対策です。無数の動画の中から自社の動画を見つけてもらうには、いかに文章で惹きつけるかが重要です。

動画サイトだからと言って文章には手を抜かず、キーワードを入れて動画を検索されやすくなるようにし、他の6点も意識してチャンネル登録者を増やせれば、動画の再生数を伸ばすことができるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事