商品紹介にはモーショングラフィックスを使って効果的に宣伝しよう

動画広告の市場が拡大したことで、商品やサービスの紹介に動画広告を活用する企業が増えています。しかし、さまざまな動画広告があるなかで、どんな動画を制作したらいいのか検討されている担当者が多くいらっしゃることでしょう。

そこで、今回は

  • 自社の商品の魅力をユーザーに知ってもらいたい
  • 自社の商品をどうPRしたらいいかわからない
  • 効果的な商品紹介動画を制作したい

とお考えの方へ向けて、多くの企業から注目されているモーショングラフィックス動画の紹介をしていきます。

この記事を読むことで、

  • モーショングラフィックス動画とは何か
  • モーショングラフィックス動画で得られる効果が何か
  • モーショングラフィックス動画制作のコツとは何か

がわかるので、企業の経営者や広報担当者は必見です。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    ショングラフィックスで行うと得られる4つの効果

    効果の説明

    モーショングラフィックス動画を使用すると、どのような効果期待できるのでしょうか?

    記憶に残りやすい

    モーショングラフィックスは、視覚的に分かりやすくユーザーに伝えたい情報をストレートに届けることが可能です。

    人は、聴覚から伝えられたものより視覚的に伝わったものの方が、記憶に残りやすくなります。また、文章やイラストなどの静止画よりも動画の方がインパクトがあります。

    商品紹介で必要なのは、消費者に自社の商品やサービスの印象を記憶として情報をとどめてもらうことです。商品を手にした時、サービスの利用をしようとした時にその情報が記憶となって出て来ることで、マーケティングは成立します。

    短時間で商品の魅力を伝えられる

    静止画や紙媒体だと膨大な説明が必要になる商品やサービスも、モーショングラフィックス動画であれば短時間で説明+魅力を伝えることができます。

    モーショングラフィックスは、「静止画像と動画の中間」という位置づけにある技法です。静止画と動画の良い所を持っています。膨大な情報をわかりやすいメッセージとしてユーザーに伝えることができるため、高い訴求効果が期待できるのです。

    動画なので商品の使い方がわかる

    こちらは、コクヨのテープカッター「カルカット」の商品紹介です。

    最新の文房具は、画期的ではあるのですが使い方が分からないモノもあります。この「カルカット」はまさにそれにあたる商品です。

    • マスキングテープ用のカッターであること
    • 付け替えが簡単であること

      上記のことを、繰り返し伝える中でどんな活用方法があるかも紹介しています。

      マスキングテープを生活の中に取り入れている女性の多くは「これ便利そう」と共感し商品購入に繋がるのです。

      コンバージョン率が高くなる

      サイト運用・活用できているかを確認するための指標のひとつに、コンバージョン率という数値があります。

      ユーザーが動画から商品購入、または問い合わせなどのアクションに至った数値を表すものです。モーショングラフィックスの動画広告はこのコンバージョン率が非常に高くなります。コンバージョン率が高くなるということは、「商品を売れている状態」であるということです。

      では、どのようなモーショングラフィックス動画を作成したらいいのでしょうか?コツをご紹介します!


      従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


      商品紹介のためのモーショングラフィックス作成の4つのコツ

      作成のコツ

      上記まで、モーショングラフィックス動画の効果をいくつか紹介してきました。

      ここからは、効果が見込めるモーショングラフィックス動画を作成するには、どうしたらいいのかを説明していきます。Webマーケティング成功のカギとなる事ばかりです。参考にして下さい。

      目的を明確にする

      こちらは、花王の「メンズビオレ」の商品紹介動画です。

      男性用の商品だからこそ、男性が共感しやすい内容で作られているのが特徴です。

      頭も顔も体も同じモノで、全て洗えてしまうことに「これは良い!」「なんて便利なんだ」と思う男性の気持ちを掴むことができます。

      商品に合った雰囲気の動画にする

      商品を開発するときに、その商品のイメージやコンセプトを同時に設定しますが、動画にする時にそれを置き去りにしてしまうケースがあります。

      商品開発で生まれたイメージやコンセプトを、モーショングラフィックス動画にも活かすことが重要です。

      使用手順を入れる

      ユーザーに商品やサービスの使い方が、伝わらなければ購買意欲を期待することはできません。

      人が、商品やサービスを選択するときは

      • 自分に必要なモノか
      • 自分(または、使う人)が使えるか
      • 便利か

      が基準になります。つまり、カッコいいだけ可愛いだけの動画では印象に残っても、売り上げにつながる可能性が低くなるということです。

      動画の長さは短く

      砂時計とパソコン

      モーショングラフィックス動画の出稿先が、YouTubeなどの動画サイトだった場合は「見たくて見ている状況ではない」という認識が必要です。

      動画コンテンツを楽しんでいる時に、割り込まれた商品動画広告を飛ばそうとするユーザーは多くいます。数秒間スキップできない間に、ユーザーに興味を持ってもらう必要があります。また、それ以降の動画が長すぎてもユーザーは、離れてしまいます。

      「動画の長さは短く」が鉄則です。


      わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


      まとめ

      今回は、商品紹介をモーショングラフィックスで行うと得られる効果や作成のコツを紹介しました。

      弊社では、モーショングラフィックス動画の専門的知識を活かしつつ魅力ある商品紹介動画を作成するお手伝いができます。気軽にお声がけ下さい。

      この記事が気に入ったら
      フォローしよう

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事