【SNS広告】各広告媒体の特徴を徹底解説

企業によってさまざまな広告を見かけますが、動画、SNSなどどんな広告が自社に合うかどうか、なかなかすぐに判断もつけずに、周りに取り残されていませんか?

本記事ではSNS広告について詳しく解説しています。SNS広告がいまいちわからない方や、SNS広告を取り入れたいけど、と悩んでいる方は必見ですよ!

SNS広告とは?

SNS広告とは?SNS広告とは、SNSに掲載されている広告のことです。WEB上で集客を行い、認知拡大から売り上げに直結する現代において、SNSに広告を出すことはこれからの企業を成長させることにつながるとも考えられるでしょう。

また、SNSと密接になっている広告がペイドメディアといわれる企業がお金を支払って広告を掲載するメディアです。

  • WEB広告
  • 4マス広告
  • SP広告

主にあげられた3種類によってそれぞれ掲載できるようになっていて、SNSはWEB広告に含まれています。

SNS広告の4つのメリット

SNS広告の4つのメリット

日本には近年、SNSの普及が急速に広まりつつあります。SNSに掲載される広告も同じように急成長をしており、利用者に響く広告も増えている状況です。

これからも成長をしていくであろうSNSへ広告を載せられたら、魅力的だと感じる方もいるでしょう。

これらのSNSに掲載をするメリットが実際のところなんなのかを詳しく解説します。

ターゲティングができる

SNSはそれぞれの利用者年代が変わってきます。

つまりSNSによって最初のターゲットとして掲載する媒体を年代ごとに決められるということです。

Facebookであれば大人向け、ビジネス向け、Twitterであれば20代30代など若者といえるでしょう

また、広告のタイプもSNSによっては変わってきており、そこもまたターゲットによって響くものと分かれているのです。

  • 写真 + 長い文章
  • 写真または動画
  • 140文字までの文章
  • 動画

などバリエーションが豊かとも言えますね。

拡散してもらえる

SNSに広告を投稿することによって拡散をしてもらえることはSNSへ出稿する大きなメリットのひとつと言えるのではないでしょうか。

広告は顧客の「共感性」を集めることが重要です。そこでSNSの特徴である拡散をされるように出稿をした場合には、拡散をされる可能性も考えられるのです。

つまり、SNSへ広告を出稿するならば「ユーザーへ共感を促す」広告を作る必要があるとも言えるでしょう。

費用対効果が高い

SNSへ広告を出稿した場合に見込まれる広告費用は自由に決められることから比較的低予算でも取り組めるものと考えてOKです。

例えば1日の予算を5万円までと設定をします。実際に配信をしても、5万円分の予算を使用したところでSNSの広告配信が自動的に停止されるのです

他のネット広告(バナー広告など)に比べてかかる費用のコントロールもしやすいことから予算に合った価格で広告を配信できるため、SNS広告は費用対効果が高いといわれています。

SNS広告を運用する際のポイントとは?

SNS広告を運用する際のポイントとは?

SNSを運用するにあたって重要となるポイントは媒体ごとではなく全体的に見てみましょう。

街中などで見かける広告とは違い、SNS広告で重要なポイントは次の3つです。

  • ターゲティングを必ず行うこと
  • 拡散を狙っていくこと
  • 媒体にフォーマットをあわせること


つまり、前提的な条件として「ターゲットが合っていない」広告は、共感も生まれず拡散もされない残念な結果になり得るとも言えるのです。

ターゲットをあわせるためには、最初に利用年代層を決めます。その次に細かく決めていくと広告を出稿すべきSNSがおのずとみえてきますよ。

次のURLで媒体ごとのポイントを確認してみましょう。

SNS広告ってどの媒体に出稿できるの?

SNS広告ってどの媒体に出稿できるの?

さまざまなSNSに広告を出すことは出来ますが、主に次の5つの媒体がメインと言えるでしょう。

  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

ここで上げた5つのSNSは特に現在の日本において多くのユーザーに親しまれているSNSで、広告を出稿した場合にPRできる可能性が上がるSNSでもあるのです。

YouTubeの動画広告の特徴

YouTubeの動画広告の特徴

SNSの中でも多くの方に見られているYouTube。ここにももちろん動画広告がありますよね。中にはYouTubeの動画は5秒でスキップができると考えている方もいるのではないでしょうか。

YouTubeの広告は、主に5つの種類に分けられており、それぞれ目的別に出稿することが可能となっています。

  • ディスプレイ広告
  • オーバーレイ広告
  • インストリーム広告
  • バンパー広告
  • TrueViewディスカバリー広告

あげた中でも、常時表示されるものや、動画の枠外に表示されるものなどさまざまな種類がありますが、YouTubeに出稿するなら「インストリーム広告」がおすすめです。

Instagramの動画広告の特徴

Instagramの動画広告の特徴

Instagramは、全世界でも10億人の利用がある超人気といっても良いほど発展しているSNSで、ターゲットは若い層にあります。

投稿スタイルはおもに写真(動画)+ 短いテキストです。動画メインのYouTubeと違うところは、ストーリーと呼ばれる部分に短い動画やキャプションを投稿することで広告になり、URLもワンタップで進めるというシステムにあります。

そのため出稿をするということのハードルが低く、個人でも出稿できるとして人気のあるSNS広告のひとつです。

Facebook動画広告の特徴

Facebook動画広告の特徴

全世界でも25億人と幅広く利用されているFacebookですが、日本ではビジネスシーンにも広く活用されていると話題のSNSです。

Facebookの動画広告はInstagramと似通っているところがありますが決定的に違うところは、Instagramが「モバイルメイン」であり、パソコンで確認をしてもモバイルと同じような画面で表示されることです。広告もモバイルと同じところが多いといえるでしょう。

ターゲットにおいてスマホ使用、モバイル使用のどちらかを入れている場合はFacebookへの出稿を検討してみてください!

LINE動画広告の特徴

LINE動画広告の特徴

日本では生活の中で老若男女問わず広く活用されている連絡手段ですよね。そんなLINEでも動画広告があるのです。

LINEの中で表示される動画広告は、主に「スマホ視聴向け」というところに焦点があてられていて、iPadなどのタブレットを含めブラウザなどでは対象外となり表示されないことが特徴のひとつです。

つまりLINE動画広告は特に「モバイルアプリ」で活用する人をターゲットとなると言えます。

また、全年齢の層に見られる可能性もあることから「全年齢対象」は使いやすい広告です。

Twitter動画広告の特徴

Twitter動画広告の特徴

国内で4500万人のアクティブユーザー数を保有する5大SNSの一つであるTwitterは、140文字以内の短文に特化しているSNSです。

Twitterの動画広告はYouTubeの動画広告と同じタイプのインストリーム広告ですが、YouTubeと違うところは、次の特徴が確認されています。

  • 広告を掲載できるアカウントは多くない
  • 6秒を超えるとスキップ可能(全体で15秒)
  • 動画コンテンツの冒頭で再生

広告を掲載できるアカウントは多くないということは、一体どのような条件なのでしょうか。

詳しくは以下の記事でチェック!

SNS広告で効果をあげるコツを媒体ごとに紹介

SNS広告で効果をあげるコツを媒体ごとに紹介

SNSで広告を上げた際に、ただ上げることは簡単でも効果がなければ意味がありません。
媒体ごとにどのような効果があるのか、コツを紹介しましょう。

YouTube

YouTubeはパソコンのみならずスマホ、タブレットなど端末問わず、さまざまなところで視聴ができる動画SNSです。

そんなYouTubeにおいて特に気を付けることは動画ならではともいえる臨場感を出すことです。

動画を出すだけなら他のSNS広告でも出来ますが「動画ならでは」というとなかなか考えさせられるもの。つまりそれだけターゲットにささる動画広告を作成することで、より効果を得られると考えても良いでしょう。

Instagram

Instagramを活用した動画広告がなかなか難しいとし、なかなか取り組めないこともあるでしょう。

特にInstagramにおいて念頭に入れておくべきポイントは「違和感を与えること」です。

Instagramは全体的に写真や短い動画で投稿スタイルが成り立っていることから広告そのものも同じようなスタイルになるでしょう。また、ターゲットに響くものだからこそおしゃれな投稿にする必要もありますよね。

そこで違和感を与えるような投稿があったら、自然と目に留まると考えられるのではないでしょうか。

Facebook

Facebookは日本においてビジネスシーンで活用されているとはいってもアクティブユーザーは2,500万人とかなりのユーザー数であり、動画広告を掲載した際のアプローチ力はすさまじいものがあるとも言えます。

そんなFacebookで動画広告を掲載する際に気を付けるポイントは「インパクトを強いものにする」ということです。

目的を明確にし、どんなメリットがあってその製品を勧めるのかがわかればFacebookでは話題を呼ぶ広告として成功を収められるともいえるでしょう。

LINE

LINE動画は年代問わず誰でも見ることができる動画広告を配信することが必要と解説をしました。そもそもLINEそのもののアクティブユーザーは月間で86%と大きな数字であり話題を呼ぶには最適な場所ともいえますよね。

主にLINE動画広告において重要となるコツは次の3つです。

  • 配信先に合わせた動画を作成すること
  • モバイル視聴を意識すること
  • 冒頭数秒で分かる内容にすること

目的を明確にしてLINEの動画広告を活用してみましょう。

Twitter

Twitterでの動画広告はYouTubeと同じタイプのインストリーム広告ですが、YouTubeではなかった「スマホで観られることを意識する」必要があります。

また、他のSNS広告では拡散されることやSNS広告を出稿する目的を明確にすることが大切ですがTwitterでは「リツイート拡散」を狙うことが話題を爆発的に呼ぶことがポイントです。

InstagramやFacebookは拡散が直接的ではありますが、「共有」であり、第三者が数字で見るような拡散数はなかなか確認ができませんが、Twitterでは拡散数や気に入られた数を数字で確認でき、その拡散された回数によってトレンドに入ることもできるのです。

まとめ

まとめ

SNS広告は動画広告やバナー広告とちがって、さまざまな面で考えさせられるところがある広告です。
ユーザーと直接コミュニケーションをとれる場としても、大変有効的ともいえるでしょう。

そんなユーザーの保有数が基本的に多いSNSで広告を出すことは、いわばテレビよりも広告を見てもらえる可能性、話題を呼ぶ可能性が秘められているのです。

この機会にSNS広告を出してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事