【PR担当者必見】説明アニメが有効な商品・業界を紹介!

企業にとって、自社でリリースする新商品の特徴をどのように消費者に伝えるかは、商品を営業したりプロモーションする際の大きな悩みの1つです。

企業の中には、

  • 商品の使い方が伝わらず、消費者から質問が殺到している
  • 形の無い商品(無形商材)のため、そもそも説明が難しい

と頭を抱えている方々も多いのではないでしょうか。

商品説明に悩む企業の皆様におすすめなのが、アニメーションを使った説明、『説明アニメ』です。

『説明アニメ』を制作すると、商品の説明をわかりやすく且つ消費者の購買意欲を掻き立てることができます。

この記事では、『説明アニメ』についてよく知りたい企業の方々のために、

  • どんな商品が説明アニメ化するのに向いているか?
  • 説明アニメを使うとプロモーション効果が上がる業界

    をご紹介します!



    説明アニメが有効な商品

    説明アニメが有効な商品 の画像

    『説明アニメ』を制作することで、プロモーション効果を高めるとともに特徴が伝わりやすくなる商品は、具体的には下記3種類の商品群です。

    HPに商品の情報を載せるときは、以下の商品群に関しては説明アニメをつけると良いでしょう。

    使用手順の説明が必要な商品

    たとえば、家電などはリリースする商品によっては使用方法や操作手順が必要です。

    使用手順の説明をウェブサイトや説明書上のテキストや画像だけで行うと、「動き」が伴っていないため再現性が低く、消費者にとってはわかりづらいということが往々にしてあります。

    この点、説明アニメなら、使用手順がアニメーション化され動きを伴っているため再現性が高く、消費者は実際に自分がその商品を使用することができるようになるまでを疑似体験でき、テキストや画像のみの説明よりもわかりやすくなります。

    形の無い商品

    新しい金融商品、先進的なITサービスなどは、いくらそれが顧客にメリットがあるものだとしても、家電や文房具などのように形があるわけではないので、メリットのみならず特徴も、どうしても伝わりづらくなってしまいます。

    このような形の無い商品(無形商材)の特徴は、説明アニメをお見せすることではるかにわかりやすくなります。
    商品の導入前と導入後を映像で比較できたり、使い方を映像で見せられるので、顧客が自身で使っている様をイメージしやすくなるためです。

    データでの説明が必要な商品

    たとえばコスメ商品は、効果のほどをデータで見せると説得力が増します。
    それら効果を立証するデータは多ければ多いほど良く、消費者の購入の決め手になります。
    ただ、たくさんのデータをウェブサイト上などに載せるとかえって見づらくなり、逆効果になることもあります。

    説明アニメなら、データを動きや音楽をつけて見せられるので、データ内の強調したい部分もわかりやすく他の部分と差別化できるので、たくさんのデータを入れても消費者の混乱を招くことはありません。

    説明アニメが有効な業界6選

    説明アニメが有効な業界6選 の画像

    説明アニメを制作することで効果的な説明ができようにる商品を紹介しましたが、では、説明アニメはどんな業界で使用すると消費者にとってわかりやすくなり、またプロモーション効果を高められるのでしょうか?

    ここからは、さまざまな業界の中から説明アニメが有効な業界を6つ紹介します!

    食品業界

    カップ麺などインスタント食品は調理法の説明が必要です。
    商品パッケージを見ればわかることでもありますが、説明アニメを作れば、消費者はおいしいラーメンが調理され出来上がっていく手順を楽しく見ることができ、実際に購入して調理する際にも、待ち時間や調味料を入れる順番を間違えることもなくなります。

    アニメーションの与えるインパクトは静止画広告よりも大きいので、説明アニメは競争が激しく淘汰されやすい食品業界において、商品の認知度拡大にも貢献します。

    建築業界

    新しく建てるビルや住宅がどのように作られていくか、どんな工法を使って建てるかを説明する際は説明アニメが有効です。

    アニメーションを用いれば、建築物の着工から完成までの様子を3D CGを使ってタイムラプス的に表示することができますし、その際に建築物に使用している建材や構造の詳細説明を合わせて行うことができます。

    営業するときに写真資料と口頭のみで説明するよりも、タブレットを持ち込んで説明アニメを見せた方が、内容が伝わりやすくなります。

    アパレル業界

    ファッションアイテムをリリースするとき、説明アニメがあれば活用シーンを視覚・聴覚を用いて直感的に理解することができ、商品に説得力を持たせられます。

    また最近では『RAG TAG』『ZOZOTOWN』などのEC通販アプリもアパレル業界に浸透していますので、アプリの使い方説明も、説明アニメを制作して行えばアプリを使いたいと思っている人たちにわかりやすく伝えることができます。

    住宅販売業界

    多くの人にとって家の購入は一生に一度しかできない経験なので、失敗をなんとしても避けたいと考えます。

    一方で住宅販売を手がける企業はたくさんあり、企業によってさまざまな独自の販売手法を構築しています。
    しかし、販売手法やシステムは顧客にとって理解しづらいことが多いです。

    説明アニメを駆使すれば複雑な販売手法をわかりやすく伝えることができるので、一生に一度しかない買い物に不安を感じている住宅購入検討者に安心感を与えることができます。

    リフォーム業界

    マンションや家のリフォームをする際、物件所有者が知りたいことは「リフォーム後に現状からどれだけ変わるのか」ということです。

    物件のリフォーム前と後の様子(Before・After)自体は写真で伝えられなくもないですが、説明アニメを使えば物件をどのように物件の改修箇所を診断し、どんな工法でリフォームし、どのように補修・改修していくか、といういまいち把握しづらく説明も難しいリフォーム全体の流れを明快に伝えることができ、物件所有者も把握しやすくなります。

    コスメ業界

    コスメも家電と同様に使い方の説明が必要な商品が数多くあります。
    特に女性向けコスメは男性向けコスメよりもただでさえ数が多いだけでなく、使用するタイミングや塗り方・付け方も複雑なので、アニメーション化して説明すると使用方法や頻度・タイミングが消費者にとってわかりやすくなります。

    また、データや効果も説明アニメなら特に推したい部分を目立つように入れ込めるので、売りたいコスメに対する説得力をアップさせることができます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    自社の商品の説明に苦慮されている企業の皆様、商品の説明をアニメーションで行ってみると消費者の理解度は抜群に高まります。

    また、この記事を読んで、リリース予定の商品に説明アニメ向けのものがあることに気づいた広告担当者の方は、早速説明アニメの制作を社内に提案してみましょう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事