Facebook広告動画の作成事例と効果を紹介

Facebook動画広告に出稿するための動画を作成しようとしても、作成する際に意識するべきポイントが分からなかったり、参考にできる事例がなくて困っていませんか?

この記事では、Facebook動画広告で使う動画を作成する際に意識するべきコツや、参考になる事例を紹介しています。

最後まで読むことによって、Facebook動画広告の動画を作成する際に役立つ知識や、参考になる事例を知ることができるため、実際にFacebookで動画広告を出稿する際に役立つでしょう。

Facebook動画広告作成の3つのコツ

Facebookの画面

Facebook動画広告の事例をご紹介する前に、下記のような、Facebook動画広告で使う動画を作成する際に意識するべき3つのコツをご紹介します。

  • 無音でもわかるようにする
  • 情報を詰め込みすぎない
  • ターゲットを明確にする

これらの3つのコツについて知っておくことで、Facebook動画広告の事例を見た際に得られるヒントも多くなるでしょう。

無音でもわかるようにする

Facebook動画広告に使用する動画は、視聴者が無音で見てもわかるような演出や内容で作成するようにしましょう。

Facebook動画広告の特徴として、最初に再生される際には、無音の状態で再生されるという点があります。ユーザーがFacebook動画広告を視聴する際には、無音の状態で見ていることが多いため、無音で見ても分かりやすいような工夫が必要です。

無音で見ても分かりやすい動画を作る工夫の例として、直感で理解できるような演出を用いる、字幕のようなテキストを用いて簡単に説明をいれるなどを行うといいでしょう。

情報を詰め込みすぎない

Facebook動画広告で使用する動画は、情報を詰め込みすぎないように、視聴者が簡単に理解できるような内容で作成するようにしましょう。

情報をいくつも詰め込んで動画を作成してしまうと、視聴したユーザーからすると、結局何が言いたいのか分からない動画広告だな、というネガティブな印象を抱かせることに繋がってしまいます。

また、Facebook動画広告で有効な尺は30秒~90秒ほどと言われており、その短い時間の中で情報を詰め込み過ぎてしまうと、1つ1つの内容が薄れてしまう可能性もあります。

そのため、Facebook動画広告で使用する動画は、これだけは伝えたいという内容を1~3個ほどに絞って、より短い時間で伝えられるように意識して作成するといいでしょう。

ターゲットを明確にする

Facebook動画広告で使う動画を作成する前に、ターゲットを明確化することを忘れないようにしましょう。

Facebook動画広告は誰にでも表示するのではなく、ターゲットを細かく絞って表示することが可能です。「性別」「年齢」「位置情報」などの基本的な部分から、「趣味」「関心」などの、さらに細かい部分まで絞ってターゲットを決めることができます。

ターゲットを細かく絞り込んで表示するというFacebook動画広告の特徴を上手く利用するためには、動画を作成する前の段階でターゲットを明確化することが大切です。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


ネスレ

こちらはネスレの『Coffee Mate』という商品を紹介しているFacebook動画広告です。

特徴

上記のFacebook動画広告では、下記のような2つの特徴があります。

  • 視覚のみで理解できる
  • ビジネス層をターゲットにしている

これらの特徴について詳しく解説していきます。

視覚のみで理解できる

視覚のみで理解できるような演出で作成されており、一目見ただけでも、コーヒーを作る時に使うための商品だということが分かるようになっています。

このように、紹介したい商品やサービスを何に使うのかが、一目見ただけで分かるような動画であれば、ユーザーからの関心を得られる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

ビジネス層をターゲットにしている

ビジネス層をターゲットにしているため、ポップで楽しそうな演出ではなく、静かで、効率的で、シンプルでも重厚感もあって、いかにもビジネス層が好みそうな演出を利用して動画が作成されています。

このように、ターゲット層に対して違和感の無いような演出を使って動画を作成することによって、視聴者が自然な形で動画広告を見てくれる可能性が高くなります。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


花王

こちらは花王の『flat ヘアサロン』というサービスを紹介しているFacebook動画広告です。

特徴

上記のFacebook動画広告では、下記のような2つの特徴があります。

  • Facebookに合わせて正方形にしている
  • 目的が明確になっている

これらの特徴について詳しく解説していきます。

Facebookに合わせて正方形にしている

Facebookに合わせて正方形に動画広告を作成しているため、実際に動画広告としてFacebookに掲載された際に、より自然な形でユーザーの目に触れるようになります。

このように、動画広告がFacebook上に掲載された際の見た目をイメージしながら動画を作成することで、動画広告が自然な形でユーザーの目に止まりやすくなります。

目的が明確になっている

この動画広告は、『flat ヘアサロン』のメリットをユーザーに伝えるという目的が明確です。

そのため、『flat ヘアサロン』のメリット以外の情報が少なく、視聴者に対して情報が伝わりやすくなっています。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

Facebookのいいねボタン

Facebook動画広告で使う動画を作成する際に意識すると良いコツや、実際にFacebook上に掲載されている動画広告の事例をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

実際に、Facebook動画広告で使用する動画を作成する際には、このページでご紹介したコツを意識したり、ご紹介した事例を参考に動画を作成してみましょう。

クオリティーにこだわりたい方は、やはりプロの手を借りることをおすすめします。

現在TSUTA-WORLDでは、フェイスブック動画作成の対応も行っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事