10のブロック

動画を制作するうえでは、素材が不可欠です。
しかし、なかには

・どこで素材を見つければいいのか分からない
・できればフリー動画素材を使いたい

と考えている方もいることでしょう。
そこで今回は、

・おすすめのフリー動画素材サイト
・各サイトの魅力

について紹介します。
フリー動画素材サイトを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


プロが厳選!フリー動画素材サイト10選

pixabayの刺繍

フリー動画素材サイトは「NHKクリエイティブライブラリー」や「Motion Elements」、「ニコニ・コモンズ」などさまざまあります。
すべて紹介することはできませんが、主なものをいくつかピックアップしました。

NHKクリエイティブ・ライブラリー

「NHKクリエイティブ・ライブラリー」は、NHKアーカイブスの中から選ばれた素材が紹介されているサイトです。
NHKということもあって素材の質が高く、生き物や風景、CGなどさまざまな素材が揃っています。

また、「NHKクリエイティブ・ライブラリー」では音楽や動画素材も用意されています。
ジャンルごとで分けられているため、簡単に自分が欲しい素材をダウンロードできるでしょう。

Motion Elements

「Motion Elements」の魅力は、なんといっても動画編集ソフトに対応したテンプレートが用意されていること。
After EffectsやPremiere Proなどで使えるテンプレートも揃っているため、効率よく質の高いモーショングラフィックスや動画編集を求めている方にもおすすめです。

そのうえ、「Motion Elements」は規模が大きなフリー動画素材サイトであることも魅力的でしょう。
アジア各国を中心とした世界最大規模の映像素材オンラインマーケットプレイスということもあり、世界中から集まったフリー動画素材を入手できます。

Pixta

「Pixta」といえば日本最大級の画像サイトというイメージがあるかもしれませんが、動画素材も扱っています。
動画でも定額制プランを用意しており、月ごとにダウンロードできる本数によって料金が異なります。
そのため、毎月動画素材をどのくらい使うのか考えた上で選びましょう。

「Pixta」で用意されている動画素材は、400万点以上。
イベントに関するものや自然に関するもの以外に、CGやエフェクトもあります。
そのほか、音楽やイラスト素材も用意されています。

Vimeo

「Vimeo」は、動画製作者に特化したサイトです。マニアックな動画を数多く揃えており、他の動画素材サイトには無いような素材もあります。
そのため、クセのある動画やオシャレな動画を作りたい方におすすめです。

「Vimeo」の場合、有料プランと無料プランが用意されています。
そのうえ、有料プランでは30日間の返金保証が付いているため、自分に合わなかった場合でも問題ありません。

Pond5

「Pond5」は、世界最大のメディアマーケットプレイスです。
1日に1万本もの新しいコンテンツが登場しており、世界各国のアーティストが制作した動画素材をダウンロードできます。
また、「Pond5」ではサウンドエフェクトや3Dモデル、モーショングラフィックステンプレートまで揃っています。

世界最大ということもあり、「Pond5」では多くのメディアで活用された実績があります。
具体的には、BBCやNational Geographic Channel、Discovery Channelなど。
世界的にも有名なメディアが利用していることを考えると、いかに「Pond5」の実績が大きいものなのか把握できるでしょう。

ニコニ・コモンズ

「ニコニ・コモンズ」は、2008年に開始されたニコニコ動画関連のサービスです。
動画や音声、画像などのフリー素材が揃っており、ニコニコ動画に関連した素材もあります。

「ニコニ・コモンズ」では、人気の検索ワードで素材を調べることが可能。
トレンドに関する動画を制作したい方にとっては、すぐに素材を見つけられるため、ありがたい機能と思うことでしょう。

Pixabay

「Pixabay」もフリー画像サイトで有名ですが、フリー動画も扱っています。
「Pixabay」の場合は無料でダウンロードできる動画素材が数多く揃っているため、できる限りコストを抑えたい方にもおすすめ。
ジャンル自体も、自然に関するものやYouTubeに関連したものなど豊富に揃っています。

Lab01

結婚式に関する動画を制作するのであれば、「Lab01」がおすすめ。
「Lab01」は結婚式に関連した動画を揃えており、プロフィールやオープニングで活用できる動画もあります。
また、無料のフリー動画素材も用意されているため、「Pixabay」と同じくコストをかけたくない方にも向いています。

Coverr

「Coverr」は、無料で短編動画素材が入手できるサイトです。
海外のサイトですが、質の高い動画を数多くラインナップ。
動画製作の素材としての活用はもちろんのこと、Webサイトの背景に設置する活用方法もあります。

Shutter Stock

「Shutter Stock」は、約400万種類もの動画および音楽素材が揃うサイト。
自然やビジネス、テクノロジーなどに関する動画がダウンロードできます。
また、「Shutter Stock」では毎週大量の動画が追加されるため、他の作品とかぶらないような素材を探している方にも向いています。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


好きなフリー動画素材サイトを活用しよう!

ノートPCを操作する若い女性

今回は、主なフリー動画素材サイトやそれぞれの魅力について紹介しました。
各サイトによって、魅力的なポイントや作品数が異なるため、欲しい素材や費用を考慮しながらフリー動画素材サイトを活用してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事