モーショングラフィックスの作成費用は?意外に安く作れます

近年、TV離れの影響でYouTubeなどのSNSの閲覧ユーザーが増えています。

れに伴い、マーケティングの戦略もYouTubeやInstagramなど、SNS向けの動画広告を採用する企業が増加傾向にあります。

動画広告の中でも注目されているのが、モーショングラフィックスで作成された動画。しかし、Webマーケティングでの動画広告を検討されている担当者様のなかには、

  • モーショングラフィックスの相場がわからない
  • コストを抑えるため方法
  • 動画の時間・クオリティーによるコストの変動

を知りたいと考えていることが多く見受けられます。そこで今回は、企業のマーケティング担当者に向けて

  • モーショングラフィックの作成費用の相場
  • コストを抑える方法

を簡単に紹介していきます。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


モーショングラフィックスの制作工程

モーショングラフィックスの制作工程を理解すると、どこでコストが発生するのかがわかり、コスト削減のヒントになります。

モーショングラフィックスの制作工程は、下記の通りです。

  1. シナリオ作成
  2. 絵コンテ作成
  3. 編集
  4. 音入れ・ナレーション
  5. 修正・納品

ひとつひとつ見ていきましょう。

シナリオ作成

ドラマや映画では、「台本」にあたるものです。

映像会社では、担当プロデューサーが依頼者(クライアント)の要望をヒヤリングしてシナリオを作成することが多いです。ここではクライアントの依頼内容とストーリーにズレがないかをチェックし、問題がなければ次の工程へ進みます。

プロの脚本家やシナリオライターが担当すると、コストもかかる場合があります。

絵コンテ作成

シナリオを元に、どのような場面展開するかをイラストにします。現場で携わるスタッフが共有する資料にもなります。

モーショングラフィックスの場合は、アニメーションのコマの作成をイメージするとわかりやすいでしょう。

編集

動画広告の長さを調整したり、色合い、アングルを確認する作業が「編集」になります。アニメーショーンの動きに違和感がないかも確認します。

編集には、スタッフのセンスや技術が不可欠です。

音入れ・ナレーション

BGMやナレーションを入れます。キャラクターにセリフがある場合は「アフレコ」という声入れも行います。音が入るだけで映像の印象やイメージも変わります。

修正・納品

完成したモーショングラフィックスの動画広告を確認し、クライアントのヒヤリングとズレがないかを確認します。問題がなければ、そのまま納品となります。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


モーショングラフィックスの作成費用

費用

ここからは、モーショングラフィックスの作成を依頼した場合の費用がどのくらいかかるのかを紹介します。

秒数や加工手順の条件などで制作費用が変わります。具体的な条件でどのくらいの費用になるのかを知ることで、モーショングラフィックスの動画広告を採用するためのヒントになるでしょう。

秒数が短ければ30万程度

実写とアニメーションと比較した場合、アニメーションの方がコストが抑えられる傾向があります。

また、モーショングラフィックスであれば加工が少なく、15秒~30秒ほどの短さであれば、30万程度で作成することも可能です。

予算が30万円程度の場合、モーショングラフィックスの動きがなめらかではないこともあります。

秒数が長ければ50万以上

秒数が長くなると、モーショングラフィックスの動きのバリエーションも増えます。

多くの動画広告で使用されている秒数は、1分程度です。コストも50万円~が相場となります。クオリティを保つための加工が必要になるための費用です。

クオリティー次第で数百万にもなる

大手企業などがモーショングラフィックスの動画広告を作る時の相場は、数百万円になることがあります。

これは、細かなところまでこだわりを持ってモーショングラフィックスのエフェクトをいくつも使用するためです。CG加工や3D加工などが加われば、動画広告もクリエイティブなものになります。

クリエイティブな動画広告はユーザーの注目を集めることが可能になります。しかしその分、コストがかかる可能性があることを理解しておきましょう。

制作会社によっても変わる

もちろん、制作会社によっても費用が変わります。

また、大企業へモーショングラフィックスの動画広告を提供するほどの実績のある制作会社は、「シナリオ」「絵コンテ」など、ひとつひとつの工程でプロのクリエイターが関わることも多く、それなりのコストがかかります。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


結論:制作費は安くしようと思えば安くできる

裏技

モーショングラフィックスの動画広告を安く制作できるとしたら、どうでしょう?その内容やクオリティを知りたいですよね。

TSUTA-WORLDであれば、「シナリオ」「絵コンテ」「ナレーション」が無料です。また、シナリオ制作するのはプロの脚本家ですし、映像のクオリティも保証されます。

「他の制作会社よりも安く秒数も長い」が、TSUTA-WORLDの特徴です。もし、モーショングラフィックスの動画広告作成を検討されている担当者様で、少しでもコストを抑えたいのであれば、TSUTA-WORLDへ見積依頼してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事