オウンドメディアの作り方とは?5ステップで紹介【マーケティング】

オウンドメディアはそう簡単に作れるものではありません。

だからこそ、

・オウンドメディアの作り方が分からない…
・そもそもオウンドメディアの目的って?

と思っている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、

・オウンドメディアの目的
・オウンドメディアの作り方

について紹介します。
オウンドメディアをこれから作る方や担当に選ばれたばかりの方は、ぜひ読んでみてください。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


オウンドメディアを作る目的

さまざまなデータと指差し

オウンドメディアを作る目的としては、主に3つあります。
それは一体どのようなものなのでしょうか。

認知度を上げる

1つ目は認知度を上げることです。
どんな商品・サービスであれ、情報を発信しなければ多くの人に知ってもらえません。
従来の方法であれば、CMや新聞などの方法がありましたが、近年ではオウンドメディアという方法も挙げられます。
自社のメディアを持つということもあり、CMや新聞などと比べて比較的自由に情報を発信できます。
内容次第では、SNSでバズる可能性もあります。

ファンやリピーターを獲得する

2つ目は、ファンやリピーターを獲得することです。
ファンやリピーターが増えれば、自社の商品やサービスを継続して利用してくれる方が増えます。
そのうえ、オウンドメディアのアクセス数も増えるため、アンケートのような読者参加型の企画もできるようになるでしょう。

問い合わせを増やす

3つ目は、問い合わせを増やすことです。
オウンドメディア上で自社が持つ知識やサービスの利用事例を紹介することにより、そのサービスを利用したい方からの問い合わせ数が増えやすくなります。
問い合わせが増えれば、新規顧客を獲得しやすくなるため、さらに展開できるようになるでしょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


5ステップで説明!オウンドメディアの作り方

WordPressの入力画面風景

上記でオウンドメディアの目的をある程度把握した上で、次にどのような流れで作ればいいのか紹介します。

オウンドメディアはサイトだけではない?

オウンドメディアと聞くとウェブサイトのイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。
自社発行の広報誌やパンフレットもオウンドメディアに含まれます。
そのため、予算や目的に応じてオウンドメディアの媒体を選んでみるとよいでしょう。

ステップ1:メディアの目的・予算を決める

まずはオウンドメディアを作る目的を考えましょう。
オウンドメディアは長期的に運営しなければ成果が出ないものであるため、目的を決めることが非常に重要です。
目的を決める際は、顧客のニーズやアピールしたい商品の内容などを考慮した上で考えましょう。

また、予算も重要なポイントです。
もしある程度予算があるならば、大きな企画記事を用意したり、質の高いサイトデザインにしたりといった方法が挙げられます。
また、相性が良い媒体を同時並行で進めていく方法も。
例としてSNSとウェブサイトの場合は、ウェブサイトの記事をSNSで拡散することでアクセス数が増やせます。

ステップ2:チームを編成

次にオウンドメディアのチームを編成します。
チーム内容はオウンドメディア次第であり、ウェブサイトの場合はWEBディレクターやWEBライターなどが必要です。
メンバー自体は求人サイトだけではなく、クラウドソーシングサイトやSNSでも探せるため、条件次第ではすぐ集められるかもしれません。

なお、オウンドメディアを運営に関しては、外注するという方法もあります。
コストはかかりますが、外注することでオウンドメディアの質が高くなるという利点も。
予算や求めている質に応じて、自社運営するか外注するか考えてみましょう。

ステップ3:サイトのデザインを行う

ウェブサイトとしてのオウンドメディアを持つ場合、サイトデザインが必要です。
サイトのデザインが良ければ、オウンドメディアのファンになってもらいやすくなります。

サイトデザインに関しては、3つの方法があります、
1つ目は業者への委託で、サイト設計の知識がない場合におすすめです。
2つ目はデザインをしてくれる人材の採用で、ある程度予算がある場合に向いています。
3つ目はWordPressのようなツールを使う方法で、手軽にコストを抑えてデザインできることから、予算が少ない場合でも問題ありません。

ステップ4:記事をある程度準備する

サイトデザインを終えたら、記事を準備します。
記事に関しては、なんとなくで書けばいいというものではありません。
読者が最後まで読んでもらえるような面白さや狙うキーワードで上位表示されるための対策が求められるため、プロのWEBライターに書いてもらうのがおすすめです。

ステップ5:公開

記事が完成したら、公開しましょう。
定期的に記事を更新することでファンの獲得につながる上に、オウンドメディアとしての質も高められます。
また、アクセス数を分析し、どのような記事が人気なのか調べることで、今後どのように運営すればいいのか把握しやすくなります。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


オウンドメディアは継続が大切!

継続は力なり

今回は、オウンドメディアの目的や作り方を紹介しました。
オウンドメディアはすぐに成果が出るものではないため、継続することが大切です。
だからこそ、しっかりと目的を明確にした上で、質の高いオウンドメディアを目指してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事