Instagram動画広告を作成する時のコツとは?

Instagramの動画広告を使ってマーケティングを行いたいと思っても、具体的にどのように運用すると効果的なのか分からないため、前に進めず悩んでいませんか?

このページでは、Instagramの動画広告を運用する際に有効なコツについて詳しく解説しています。

最後まで読むことで、実際にInstagramの動画広告を使ってマーケティングを行う際に、上手く運用できるコツを身に付けることができるでしょう。

Instagram動画広告のコツ

Instagramの動画広告を運用する際には、下記の6つのコツを意識するといいでしょう。

  • 違和感を与える
  • 拡散されやすいようにする
  • おしゃれを意識する
  • メリットを伝える
  • 写真を使う
  • ストーリーを使う

これらのコツについて詳しく解説していきます。

違和感を与える

ユーザーの関心を得るためには、違和感を与えることが重要です。

普段Instagramでは見かけないような、インパクトの大きく印象に残りやすいような動画を用いることによって、ユーザーにとって他の広告よりも記憶に残りやすくなるでしょう

ユーザーに対して普段とは違う良い意味での違和感を与えられるような動画広告を作成しましょう。

拡散されやすいようにする

拡散されやすいような内容の動画広告を作成することは、ユーザーの目に止まるような動画を作成することと同様に、非常に重要です。

話題のタレントを用いた動画広告や、流行りのネタを用いたユーモアのある動画広告を作成することによって、ユーザーが拡散してくれる可能性があります。

実際に拡散されるような動画広告を作成することができれば、広告費以上の宣伝効果を期待できるでしょう。

おしゃれを意識する

Instagramは、若者を中心におしゃれな投稿を楽しむためのSNSとして有名で、「インスタ映え」という言葉が誕生するほど、Instagramのユーザーはおしゃれなものに敏感です。

そのため、Instagramには無機質な動画広告を用いてマーケティングを行うよりも、しっかりユーザーの興味関心を獲得できるような、おしゃれな動画広告を作成するようにしましょう。

メリットを伝える

動画広告の中でしっかりと商品やサービスのメリットをユーザーに伝えられるようにしましょう。

メリットを伝えられるような動画広告を作成するためには、誰でも分かりやすい表現で、動画を作成することが大切です。事前知識がないと理解できないような伝え方になっていないか注意しましょう。

また、複数のメリットを伝えようとすると、1つ1つの情報が薄くなってしまったり、動画の尺が足りなくなってしまうため、伝えたいポイントは1~3個ほどに絞っておきましょう。

写真を使う

Instagramの動画広告は、基本的に15~60秒ほどの尺となっているため、多くの情報を伝えることは難しいと言えます。

それでも、ある程度濃い情報をユーザーに届けたいという場合は、複数枚の写真をスライドショーのように流す方法が効果的です。

複数枚の写真を用いてスライドショーのように流すことによって、普通の動画では伝えられない内容も、ある程度は伝えられるようになります。

ストーリーを使う

Instagramの動画広告では、Instagramの機能である「ストーリーズ」を使用した動画広告がかなり効果的です。

Instagramのストーリーズのフィード内に、自然な形でフルスクリーンで動画広告が表示されるため、インパクトもあり、ユーザーの記憶に残りやすいです。

また、ストーリーズの使用頻度に関しては若年層が高い傾向にあるため、若者に向けた商品やサービスの場合は特に効果的と言えるでしょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


Instagram広告運用のコツ

Instagramのアイコンが表示されているスマートフォン

Instagramの広告運用は、下記の4つのコツを意識するといいでしょう。

  • ユーザーを分析する
  • インフルエンサーを上手に使う
  • 拡散を重要視する
  • 様々な広告を出稿し改善する

これらのコツについて詳しく解説していきます。

ユーザーを分析する

ユーザーをしっかりと分析することで、広告の効果を最大限に活かすことができます。

実際に宣伝したい商品やサービスは、どんなユーザーに見てほしいのか、実際に使ってほしいのかを考えるようにしましょう。

インフルエンサーを上手に使う

Instagramで広告を運用する際には、宣伝したい商品やサービスに合ったインフルエンサーを上手に使うことで、大きな宣伝効果が見込めます。

宣伝したい商品やサービスと合っているインフルエンサーに宣伝の依頼をすることで、インフルエンサーをフォローしているユーザーからの大きな興味関心を獲得することが可能です。

また、直接インフルエンサーに宣伝を依頼することによって、商品やサービスに合ったユーザーにある程度訴求しやすくなり、結果的に広告費用を抑えられる可能性があります。

拡散を重要視する

Instagramの広告を運用する際には、拡散されるような内容になっているかを重要視しましょう。

ユーザーが拡散したくなるような内容の広告を運用することで、想像以上に宣伝効果を得ることができたり、費用を大きく抑えられる可能性があります。

そのため、Instagramの広告を運用する際には、商品やサービスを宣伝したい年齢層が拡散してくれそうなコンテンツを作成するようにトライしてみてくださいね。

様々な広告を出稿し改善する

Instagramを用いて広告を運用する際には、複数の広告を作成して少しずつ改善していくことを忘れないようにしましょう。

広告の運用は、最初は上手くいかないことが多いため、複数の切り口から商品やサービスをユーザーに宣伝できるように様々な広告の案を考えておくことが大切です。

また、Instagram自体にも出稿できる広告の種類が複数あるため、組み合わせを改善することで上手くいく可能性もあります。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

インスタ映えスポット

Instagramの動画広告のコツについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?

Instagramは、現在若者に非常に人気のあるSNSであるため、若者に対して宣伝したい商品やサービスを持っている方は、ぜひ、Instagramの動画広告の利用を検討してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事