インストリーム広告とオーバーレイ広告のダブル使いが効果的な理由

YouTubeなどの動画サイトでは『インストリーム広告』という動画広告が配信されています。
このインストリーム広告には、よく『オーバーレイ広告』というまた別形態の広告がくっついて表示されることが多くなっています。
インストリーム広告とオーバーレイ広告は、同時に使うことでより効果的な宣伝ができます。
この記事では、それぞれどんな広告か、そして同時に使うことでどんな効果があるのかを詳しく解説していきます!


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


インストリーム広告とは?

インストリーム広告は、YouTubeなど動画サイトの動画枠を使って配信されている動画広告です。
従来のバナー広告と較べて大きく表示され、必ずユーザーの目に入るため大きな宣伝効果が期待されています。
そんなインストリーム広告の特徴は、主に下記3点です。

自動的に再生される

インストリーム広告は、ユーザーが動画にアクセスしたときに動画の冒頭や動画本編の途中に挟まれていて、自動的に再生されます。
そのためユーザーに、動画ならではの動きと音の力を必ず届けられます。

数秒経つとスキップできる

インストリーム広告は、YouTubeでは5秒経つと広告本編をスキップできます。
そのためユーザーはTV-CMのように広告全編を必ず見なければならないわけではありません。

サイトによってスキップまでの秒数は変わりますが、このようにインストリーム広告は、ユーザーのことを第一に考えた動画広告となっています。

スキップされれば広告費は発生しない

インストリーム広告のこのスキップ機能は、ユーザーに配慮された機能であるだけではなく、広告主の広告費にも配慮している機能です。
もし冒頭の数秒でスキップされれば、その動画に対しての広告費は一切発生しません。
それでもその冒頭数秒は必ずユーザーに見せられるので、極論、広告費用を一切かけずに動画広告を配信できます。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


オーバーレイ広告とは?

オーバーレイ広告とは? の画像

上記のような特徴を持つインストリーム広告と合わせて表示される広告が『オーバーレイ広告』です。
オーバーレイ広告はどのような特徴があるのでしょうか?
大きく、下記3点が挙げられます。

動画の中に表示される

動画の中に表示される の画像

引用:googleサポートページ https://support.google.com/displayspecs/answer/187095?hl=ja

参考画像の動画の中の下部に表示されている横長の静止画が、オーバーレイ広告です(右上の広告はディスプレイ広告)。
言われてみれば見たことがある方も多いかと存じますが、このようにオーバーレイ広告は画面内に表示されます。

クリックすると外部へ移動

このオーバーレイ広告を、もしクリックするとどうなるのでしょうか。

外部サイトへと移動します。
移動先は企業のHPであったり、商品の購入申込ページであったりとさまざまです。
オーバーレイ広告はリンクの機能を果たしています。

一定回数表示されると課金される

オーバーレイ広告は、YouTubeでは1000回表示されると課金される『インプレッション方式』が採用されています。
また、オーバーレイ広告をクリックされることでも課金をされます。

クリックされず、ユーザーが後から自分で検索して同じリンク先にたどり着く場合は、もちろんクリック課金はされないので比較的安価で始められる広告となっています。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


両広告を合わせて使うと起こる効果

両広告を合わせて使うと起こる効果 の画像

インストリーム広告とオーバーレイ広告、双方の特徴を解説しましたが、お気づきの方もいるかもしれませんが、この2つは非常に相性が良く、その特性的にも組み合わせて使うとそれぞれの効果がより上がります。

一体どんな効果を広告主にもたらしてくれるのでしょうか?

インストリーム広告の内容をオーバーレイ広告で補足できる

動画広告は、テキストのようにすべての情報を網羅できるわけではありません。
ユーザーへどうしても伝えたい情報のみをピックアップし、短い尺の中で、端的な言葉を使って凝縮して見せます。
そのため情報にはどうしても漏れが出てきます。
しかし、オーバーレイ広告で購入ページや商品のサイトにリンクしておけば、インストリーム広告を見てその内容に興味を持ったユーザーは、オーバーレイ広告からさらなる情報を拾うことができます。

サイトに誘導できる

オーバーレイ広告はクリックすると外部リンクへ移動するため、ユーザー自らの検索ではたどり着きにくい、会社のHPや商品のオフィシャルサイトへ気軽に誘導できます。
こうすることでユーザーにインストリーム広告の内容の実在性を証明できます。

認知度がさらに上がる

インストリーム広告で商品・サービスの認知度を上げ、さらにオーバーレイ広告でそれらのHPへ誘導することで、人々が次々と広告主のサイトに訪れてくれるようになります。

そのため、広告したいモノや広告主の認知度がさらに向上します。

コンバージョン率が高くなる

動画広告であるインストリーム広告でPRされた商品やサービスは、静止画広告より印象に残りやすく、静止画広告と較べて数倍のコンバージョン(購入申込)率を達成します。

ここにオーバーレイ広告が合わさると、外部リンクにも誘導でき、さらにそのリンク先で商品のことが詳しく書いてあったり、購入までできるようになっていたりするため、コンバージョン率はさらに飛躍的に上昇します。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

いかがでしたでしょうか?

インストリーム広告を作成するなら、オーバーレイ広告も合わせて作成した方が広告効果は高まります。
両広告は“ダブル使い”が基本です!

オーバーレイ広告はどんなデザインになっているか、どんな外部リンクに飛ばすか、各企業ともそれぞれ趣向を凝らしていますので、YouTubeなどで実例を見てみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事