モーショングラフィックスのトレンド

私たちの生活にも身近になったモーショングラフィックスですが、世界にはどんなトレンドがあるのでしょうか?日本では、馴染みのないデザインや思考も世界的なトレンドとして注目されています。

今回は、モーショングラフィックスの日々の進化についてやモーショングラフィックスの世界的なトレンド5つ紹介していきます。

今どんなモーショングラフィックスが注目されているか理解することで、あなたの思考にも刺激を与えてくれるはずです。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


モーショングラフィックスは日々進化している

今までは、モーショングラフィックスを作成するのはテレビ関係者やマーケティングを手掛けるクリエーターなどプロの方々が大半でした。

近年、モーショングラフィックスはどんどん一般化しています。モーショングラフィックスは日々進化しており、どんどん私たちの生活の中に溶け込んでくるようになったのには理由があるのです。そのさまざまな理由は、何なのでしょうか?

PCスペックが上がり複雑なアニメーションが実現

「PCの仕様」「機器を構成する要素のデータ」=PCのスペックです。

日々PCのスペックが上がることで、モーショングラフィックスのような重いデータも扱いやすくなりました。つまり、複雑なアニメーションも容易に作成することが可能になったという事です。

編集ソフトが増えてきている

近年では映像編集を趣味にしている方が徐々に増えています。その背景には、初心者でも扱いやすく無料の編集ソフトがあることが要因の一つです。

プロの方が使っても満足できるクオリティの編集ソフトも豊富にあります。編集ソフトが増えてきていることで、モーショングラフィックスも日々進化しているのです。

映像を流せる場所が増えてきている

今や、動画をSNSで投稿するのも一般的になりました。モーショングラフィックスを作成した時、「誰かに見てもらいたい」という衝動に駆られる方は多いです。そんな時に、SNSを利用すれば気軽に動画として世界に発信できます。

Twitterで140秒以上の動画を投稿したい時の方法は、Googleアカウトを利用してYouTubeにログインします。YouTube動画として投稿後、Twitterに共有します。この方法だとYouTubeとTwitterの両方にモーショングラフィックスを投稿することが可能になるのです。

ちなみに、Instagramでも海外のモーショングラフィックススタジオで作成された作品を見る事ができます。フィード投稿できる動画は最長で60秒です。ストーリーでの動画の長さは1秒~15秒の投稿が可能になり、分割で4回分できるので最大60秒の投稿ができます。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


モーショングラフィックスの世界的なトレンド5つ

ここからは、モーショングラフィックスの世界的なトレンドの特徴を紹介します。日本には馴染みのないトレンドもあるので参考になるかと思います。

グラデーションを使っている

モーショングラフィックスでグラデーションを使う時、特にくすんだような色のグラデーションの配色にはクリエイターのセンスが問われます。

海外では光沢のある色合いよりも、マットなグラデーションがトレンドです。

大きなタイポグラフィを使っている

タイポグラフィとは、「文字を読みやすく見せる」「華やかなアートのように文字をデザインする」ことです。近年は、大きなタイポグラフィを使っているデザインがトレンドになっています。

よく見られるのは、文字だけでシンプルにデザインされているものです。参考にしたい記事がこちら

グリッチ効果を使っている

意図的にCGを利用してノイズを入れることでホラー感やサイバー感を表現することを「グリッチ効果」といいます。本来ならば映像の乱れであるノイズを、あえてデザインとして加えることがトレンドになっているのです。

上記は、DMM.comのYouTube公式チャンネルで公開している動画です。NITRO+と共同で開発した、オンラインゲーム「刀剣乱舞」のイベントのPR動画になります。グリッチ効果を使って画面を展開してます。

スマホ視聴に合わせたタテ型映像

ユーザーの多くはスマホでモーショングラフィックスを視聴します。InstagramやTwitterなどに使用されることを想定して、動画がタテ型映像を作成するのが海外のトレンドになっているのです。

海外ではInstagramを使ったプロモーションが支流になっています。今後、日本でもますますInstagramやTwitterなどのSNSを使用したプロモーションやマーケティングが盛んになることが予想できます。もっと詳しく知りたい方はこちら

リキッドモーションを使っている

「リキッド」は、日本語で「液体」「液状の」と訳されます。「モーション」は動くという意味なので、文字を液体のように動かすことをリキッドモーションといいます。

多くのデザインは水の泡を表現したものが多いですが、上記は流れるような水の動きをイメージさせています。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


まとめ

今回は、モーショングラフィックスの日々の進化についてやモーショングラフィックスの世界的なトレンド5つ紹介してきました。

  • グラデーションを使っている
  • 大きなタイポグラフィを使っている
  • グリッチ効果を使っている
  • スマホ視聴に合わせたタテ型映像
  • リキッドモーションを使っている

上記のトレンドを意識してモーショングラフィックスのアイデアを考えることで、新たなセンスが生まれるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事