メディア戦略の種類を紹介!それぞれの戦略を詳しく紹介

インターネット上のメディアに広告を打つときに考えなくてはいけないことが『メディア戦略』です。

このメディア戦略は、いくつかに分類することができます。
どんな戦略があるかを知っておけば、広告を打つときにとても役立ちます。

そこで本記事では、これからネットメディアを使ったプロモーションをおこないたい全ての企業の方々に向けて、

  • メディア戦略の種類
  • それぞれのメディア戦略の特徴

を徹底解説!

本記事を読めば、これから自社が取るべきメディア戦略の方向性が見えてきます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


メディア戦略とは?

メディア戦略とは? の画像

『メディア戦略』とはなにか?

簡単に説明すると、企業がマーケティングをおこなう際、商品やサービスの情報をどんな媒体(メディア)を使って発信するかに焦点を当てた戦略のことをいいます。

インターネット上にはさまざまな性格のウェブサイトが存在しています。

インターネットを使ったメディア戦略は、どんな性格のメディアに情報を出すかを考え、実施していくことであり、以下の種類に分けられます。

オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアの3種類

メディア戦略は次の3種類に分類することができます。
並べてみましたので、見てみましょう!

オウンドメディア 自社サイトや自社キュレーションサイトを使ったメディア戦略
ペイドメディア ニュースサイトや他社サイトの広告枠を使ったメディア戦略
アーンドメディア FacebookやTwitterなどSNSやYouTubeなど動画サイトを使ったメディア戦略

以上の3種類で、それぞれの戦略に特徴があります。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


それぞれのメディア戦略の特徴

それぞれのメディア戦略の特徴 の画像

メディア戦略3種類を紹介し、それぞれに特徴があることを述べましたが、一体どんな特徴があるのでしょうか?

ここからは、オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディア、それぞれのメディア戦略の特徴をお教えします!

オウンドメディア戦略の特徴

オウンドメディア戦略の特徴は、主に下記の3点が挙げられます。

自社ウェブサイトを使う

最大の特徴は、オウンド(Owned=所有している)メディアという名の通り、自社のウェブサイトを使ってプロモーションやマーケティングを行う点にあります。

オウンドメディアの対象は事業概要などが載っている、一般的な企業のウェブサイトだけではありません。
自社で運営しているキュレーションメディア(記事配信サイト)、ブログなどもオウンドメディアのうちに入ります。

自由度が高く無料でできる

オウンドメディア戦略は自社ウェブサイトを使っておこなうため、他社サイトを使っておこなうときのように、そのサイトのルールや規約に縛られることがありません。

自社の広告を自社のサイトに掲載するので、形式や見せ方も、何をどれだけ載せるかも全くの自由です。

認知度拡大効果は少ない

自社ウェブサイトで自由に広告発信ができる代わりに、オウンドメディア戦略は認知度拡大効果は少なくなります。

他社サイトやSNSに掲載すると、自社を知らない人にも広告が目に入るので、拡散されたりもして認知度が大きく上がることもあります。
しかし自社サイトのみでの広告配信は、あらかじめその企業を知っている人間でないと見ることができないので、オウンドメディア戦略はリピーター向きの戦略でもあります。

ペイドメディア戦略の特徴

ペイドメディア戦略の特徴は、主に下記の3点が挙げられます。

他社サイトを使う

オウンドメディアは自社サイトを使いますが、ペイドメディアは自社ではなく外部、他社のサイトを使用します。

たとえば『Yahoo!』などのニュースサイトのバナー広告、『Google』の検索結果一覧に「広告」とついて表示されるリスティング広告など、さまざまなウェブサイトの広告枠を借りて広告を配信します。

ターゲットの目に留まりやすい

ペイドメディア戦略を取れば、普段私たちが日常的によく訪れるウェブサイトに広告が流れるので、ターゲット層に広告を見てもらいやすくなります。

ウェブサイトを使った広告掲載は事前設定でターゲティングができますので、ある程度訴求したい層に絞って広告を流すことが可能で、不特定多数の目にも留まるので、認知度拡大効果もあります。

広告料がかかる

ペイド(paid=支払いのある)メディアと呼ばれている通り、ペイドメディア戦略は他社サイトを使うので、オウンドメディアのように無料ではありません。
広告出稿費用がかかります。

サイトによって広告費はピンからキリまでありますので、予算に合わせて選定する必要があります。

アーンドメディア戦略の特徴

アーンドメディア戦略の特徴は、主に下記の3点が挙げられます

SNSや動画サイトを使う

アーンドメディア戦略の最大の特徴は、『Facebook』・『Twitter』・『Instagram』などのSNSや『YouTube』など動画サイトに広告を配信する点です。

上記サイトは一般の人々もアカウントを持って利用しているので、アーンドメディアは一番一般消費者の立ち位置に近いメディア戦略と言えます。

ユーザーがコメントできるので自社の評判がわかる

アーンドメディア戦略は、企業・商品・サービスの評判がダイレクトにわかる戦略です。
SNSやYouTubeは消費者が自由にコメントできるので、忖度のない評価が下されます。
正直な消費者の反応を見るには最適な戦略で、口コミやSNSのシェア機能により認知度を上げてくれる効果もあります。

炎上の危険性あり

アーンドメディア戦略をやるうえで気をつけなければいけない点は、下手な広告を打つといわゆる「炎上」しかねない点です。

オウンドメディアは見られる人の数が限定的で、ペイドメディアは情報発信が一方通行だったので下手な広告でも目立ちにくいです。
しかし、アーンドメディアでは一方通行にはならず、情報の受け手も反応できます。
拡散もされやすいので倫理に外れた広告を出すと炎上し、会社のイメージは地に堕ちてしまいます。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


トリプルメディア戦略を駆使しよう

メディア戦略の種類と特徴について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

メディア戦略は、「どれか1つだけやればいい」というものではありません。

オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアを組み合わせた戦略を3種類のメディア戦略を組み合わせた戦略を『トリプルメディア戦略』といいます。

トリプルメディア戦略によって状況に応じてメディア戦略を使い分けることで、企業のマーケティングは最大の効果を発揮するでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事