動画マーケティングの動向は?将来性は非常に高い

昨今インターネット上では、動画を使って商品やサービスの説明を行い、その魅力を伝えて集客に結びつける『動画マーケティング』が盛んになっています。動画マーケティングがなぜこれだけ盛んになったかと言うと、それは制作環境や視聴環境が激変しているためです。
そして今後も動画マーケティングが伸びていくと予想されています。そこでこの記事では、これまでの動画マーケティングとブレイクスルーに向けた過渡期にある今の動画マーケティングを比較し、その動向を解説します。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


これまでの動画マーケティングは?

現在のようなさまざまな動画広告が作られるようになる前、2000年代までの「動画マーケティング」はどのようなものだったのでしょうか。

かつては動画マーケティングと言ってもその数は少なく、それには下記3つに挙げられるような理由がありました。

動画を気軽に見れる環境ではなかった

第一に、今のように公共施設や地下鉄、お店に無料wi-fiが通っておらず、ポケットwi-fiのようなモノも存在しておらず、人々は屋外でインターネットを繋げても動画を気軽に見れませんでした。

そもそも通信速度も遅くスマートフォンもなかったので、人の作った動画をデバイス上で見るなんて絵空事でした。

動画制作にコストがかかった

動画制作それ自体にも多額のコストがかかりました。
それは、撮影用のビデオカメラも高く、編集ソフトを動かすためのPCにも一定以上のスペックを求められ、ソフトも使いづらかったため、動画制作は専門的な教育を受けた限られたプロだけができることだったためです。

こんな事情から、一度動画を作るとなると多くの費用を企業は制作会社から請求されていました。

作っても配信場所が少なかった

たとえ動画を作ったとて、流す場所も00年代まではほぼテレビ上にCMとして流す以外に選択肢がありませんでした。

CMの放送枠を買うにも100万円以上のコストがかかることが多く、配信場所も少ない上に安くは無く、さらに流したとしてもターゲット層が見てくれるかどうかはわからないという、効率が良いものではありませんでした。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


これからは動画マーケティングが伸びる

これからは動画マーケティングが伸びる の画像

00年代を経て、スマホが登場したことで動画の制作環境・視聴環境は激変しました。

その結果として現在、動画マーケティングはどのような様相を呈しているのでしょうか?
ここでは、今の動画マーケティングの状況を解説します。

市場が急成長をしている

サイバーエージェントの調査によると、2019年の動画広告市場は前年比141%の2592億円となっています。

現在のような構造的な日本経済の不況の中でこの伸び様はまさに、急成長していると言えましょう。
多くの企業がマーケティングとしての動画の力に注目しています。

動画制作コストが下がっている

動画制作のコストもそれまでと比べて下がりました。
今はスマホでもかなり高画質な実写映像が撮影でき、そのまま無料の編集アプリを使って配信レベルの動画が制作できます。

PCスペックも上がったことで高機能な編集ソフトが安価で、プロではなくても使えるようになっています。

このような状況に合わせて制作会社も価格競争を始め、動画1本当たりの制作・配信コストが、CM全盛時代と比べておよそ3分の1になっています。

配信先が豊富になった

インターネットが高速化したことで動画の配信先も数え切れないほどに増えています。

動画サイトだけでなくTwitter、Facebook、Instagram、TikTokなど各SNSでも動画は載せられるので、広告主は以前のようなテレビしか選択肢がなかった時代から信じられないほどに選択肢が増え、むしろ「どこに配信すべきか迷う」と言った時代になっています。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


動画マーケティングの未来

動画マーケティングの未来 の画像

ここからは、2020年現在以降、未来の動画マーケティングについての動向を予想します。

当てずっぽうな予想ではありません。
以下で述べる3点の未来は確実に起こることと言って差し支えないでしょう。

5Gでさらに動画が普及

「5G(ファイブジー)」になると「動画の時代になる」と言われています。

日本では2020年3月からAndroidスマホに導入されていますが、5Gによる通信の高速化・大容量化により、人々は4K・8Kといった高画質でリアリティーが高い動画もストレスなく見られるようになり、動画活用の機会がさらに増えます。

市場が倍以上になる! 

上で引用したサイバーエージェントのデータによると、2023年には動画広告市場が5065億円にまで拡大すると予想されています

この予想は今のようなコロナウイルス禍に陥る前にされたもので、現在の状況をここに加えれば、動画視聴環境はさらに向上し、動画広告市場及び動画需要は、数年以内に現在の3200億円からさらに倍以上に拡大するでしょう。

AIが動画制作をする!

さらに、動画の制作自体を人間が行わなくなる未来がやってくるかもしれません。

各産業でAIの導入・活用が進んでいますが、動画もAIが素材作成から編集を行い、ターゲットを自ら設定してそのターゲットに合わせた動画を配信する、そんな時代もすぐそばまで迫ってきています。

実際に今、一部の大手消費材メーカーが、AIを使った動画コンテンツの自動作成の検証を行っているとのことです。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

過去から現在、そして未来と、動画マーケティングの変遷を旅し、今後の動向まで予想しましたが、いかがでしたでしょうか?

動画マーケティングの将来性は非常に高く、やり始めるなら今が絶好の機会です。
企業の広告担当者の皆様、5G時代に競合他社との競争に勝ち抜くには、動画マーケティングが必須です!

この記事はお役に立つかも?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事