【マーケ担当者必見】動画マーケティングの成功事例5選

スマホやタブレットなどのデバイスから、あらゆる場所で動画が見られるようになったことで、マーケティングの現場では現在、動画を使って商品やサービスの魅力をPRする『動画マーケティング』が盛んに行われています。
動画マーケティングはまだ新しい手法のマーケティングですが、面白い作品や成功事例もたくさん出てきています。
そこでこの記事では、自社でもこれから動画マーケティングを導入したいと考えていらっしゃる方の参考となるように、動画マーケティングの成功事例をご紹介します!


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


動画マーケティング成功の秘訣

動画マーケティング成功の秘訣 の画像

まず、どのように動画を使ってマーケティングをすれば集客や売上のUPに繋がるのか、動画マーケティング成功の秘訣のうち代表的な3つのポイントをお教えします。

「目的」を明確にする

動画マーケティングをするにあたり必要なのは、商品やサービスの説明や企業のブランディングを内容とする「動画広告」です。

企業は動画広告を制作しなければなりませんが、動画広告制作で一番大事なことは「目的」を示すことです。
その動画で何を訴えたいのか、動画を配信した先のゴールはどんなところに置いているかなど目標到達地点を、動画を制作する前に設定しなければなりません。

配信先でターゲティングを行う

制作した動画は自社サイトの他、各SNSや動画サイトに配信して集客をかけていくことになりますが、ただただ作って配信すれば良いというわけではありません。
配信先の媒体で、ターゲットを絞り込む「ターゲティング」を行う必要があります。

ネット上の媒体は、各サイトに備わったターゲティング機能で、その作成した広告が配信されるユーザーをある程度選別することができます。
宣伝したいモノのターゲットはどこか、趣味・嗜好などから適切なターゲティングを行いましょう。

動画は短めにする

動画マーケティングでは動画広告の「長さ」は成功か失敗かを決める重要な要素となります。

「長い方がたくさんの情報を詰め込めるから成功しやすい」

それは間違いです。
短ければ短いほどに動画マーケティングが成功しやすくなります。

なぜなら、能動的に見るような好きな動画とは違って、勝手に配信されてくる動画広告は、ユーザーの視聴継続率がとても低いためです。
15秒で1/3が離脱すると言われています。
そのため動画は1分以内、長くても3分以内が適切でしょう。

動画というメディアの美しさの観点からも、短い方がすっきりと見えるため好印象です。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


動画マーケティングの成功事例5選

動画マーケティングの成功事例5選 の画像

動画マーケティングの成功の秘訣について解説しましたが、具体的な成功事例にはどういったものがあるのでしょうか?
ここからは、みなさんが気になっている、商品やサービスの魅力アピールが動画マーケティングを通じて上手くいっている例を紹介します!

日清カップヌードル

こちらの日清カップヌードルの動画広告は、テニスプレイヤーの錦織圭選手が、木刀でテニスの打ち合いをするシーンが描かれています。
カップヌードルのPRを直接的にはしていませんが、どことなくラーメン職人を思わせる出立ちで現れ、凄技に外国人たちが熱視線を送る姿を描くことで日本のラーメン文化が優れていること、カップヌードルが日本を代表するラーメンフードであることのマーケティングに成功しています。

Minnow

こちらはTSUTA-WORLDが動画を制作したアニメーション動画広告です。
「Minnow」というランチポッドのマーケティング動画で、たった40秒程度の動画の中で、このMinnowがただの宅配サービスなのではなく、メニューが毎朝配信されてきて、それも複数の店舗の中から選ぶことができるというITの先進性を活かしたサービスであることが伝わってきます。

イラストもおしゃれで、スタイリッシュな動画に仕上がっています。

ベルク

なんとYouTube上で再生回数150万回を超えているのがスーパーマーケットチェーン「ベルク」の新卒採用のために作られた動画。

自分の志望が定まらずに就職活動が上手くいかなくて悩んでいる女子大生を主人公にしたストーリーが展開されています。
母に連れられてベルクに立ち寄ったら子どものころ、自分がベルクで過ごした楽しいひとときを思い出してやる気を取り戻すとともに、やりたいこと(=ベルクで働く)をついに見つけたことがその思わず綻ぶ表情からわかります。

直接ベルクの良いところアピールをしていないのに、学生に大きなモチベーションを与える動画となっています。

ルカコ

お子さんを産んだ主婦向けの抱っこひも「だらーん」という商品の宣伝のために作られたマーケティング動画です。

実際に商品を使用する際の手順と、この商品を使用したらどれだけ便利なのかが首から下のアップの映像で表現されています。
抱っこひもなど日常使いのアイテムは機能性が問われますので、その機能性を存分にアピールできているこの動画は、購入の決め手となります。

リンベル

こちらギフト商品やカタログギフトを提供している「リンベル」の動画は、直接的に自社の良いところを謳わずに企業ブランディングに成功しています。

動画では「昇進祝いや合格祝いに何を贈ったら良いか?」ということをテーマに、ギフトを贈る際の実生活に役立つマナーが学べるようになっています。
マナーの奥深い世界を知られるともに、最後にさりげなくリンベルがギフトをコンサルティングしてくれるサービス「ギフトコンシェルジュ」のアピールを入れていることで嫌味にならないブランディングに成功しています。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


まとめ

動画マーケティング実例を挙げましたが、いかがでしたでしょうか?

成功事例を見ていてわかることが、あまり直接的に商品の良さをアピールしないものが
視聴者の興味を惹く、ということです。

ただでさえ動画は視聴者へ与えるインパクトが強いので、「さりげなくアピール」することが、今後の動画マーケティングのポイントになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事