【必見】動画制作会社を選ぶ際に意識したい5つのポイントを紹介!

動画広告の制作は、それを専門にしている動画制作会社に依頼するのが一般的です。

東京だけでも数えきれない数の動画制作会社があり、企業はそれぞれの制作会社に発注をかけて動画を制作していますが、

なかには、

  • たくさんの制作会社のなかからどの会社に依頼すれば良いかわからない
  • 制作会社を選ぶときはどんなことを意識すればいいのか?

と頭を悩ませている経営者の方も大勢いらっしゃることでしょう。

そこで、本記事ではこれから初めての動画広告の制作を考えている全ての企業様に向けて、

  • 企業が動画制作会社を選ぶ際に意識するべきポイント
  • 制作会社に依頼をかけたら具体的にどんなメリットを得られるか

を解説します。



動画制作会社を選ぶ際のポイント5つ

動画制作会社を選ぶ際のポイント5つ の画像

どの動画制作会社に依頼するかによって、同じ商材でも動画広告の構成・映像のテイスト、クオリティー、コスト…全てが変わります。
選択を間違えると、事前にイメージしていたものとはかけ離れた動画になってしまい、制作予算を無駄にしてしまう事態にもなりかねません。

動画制作会社選びを間違えないようにするために、下記5点を必ず意識しましょう。

大手企業の受注実績があるか?

CMやテレビで誰もが名前を見たことがあるような有名な企業、また「東証一部上場」などの実績のある、いわゆる大手企業には確かな商品の質と長年積み上げてきたという信頼とブランド力があり、その企業名に人々は安心感を覚えます。

これは動画広告でも同じことです。
その制作会社の制作実績に有名企業の名前があれば、そしてその数が多いほど、動画のクオリティーに信頼が置けます。
大手企業は動画に求めるクオリティーも高いので、大手の受注実績は高品質の証となります。

予算に見合っているか?

企業によって動画広告にかけられる予算は違いますが、制作会社によって動画の制作費も異なります。
同じ30秒のアニメーションでも30万で作ってくれる会社もあれば、100万円以上の制作費がかかる会社もあります。

制作費が高いところが必ずしも良い作品を作ってくれるというわけでもないので、無理をせずに自社の制作予算に見合う見積もりを提示してくれる制作会社に発注をかけましょう。

作りたいイメージを実現してくれそうか?

予算以上に大事なことが、「事前にイメージしている内容をどれだけ実現してくれそうか?」ということです。

動画広告の企画を立てるときに完成イメージが頭の中に浮かぶことがありますが、その浮かんだイメージの再現度が一番高いと思える制作会社を選択しましょう。

この「事前に抱いたイメージの再現性」を意識しないまま会社を選ぶと、動画がブランドイメージを壊してしまうだけでなく、最悪動画自体がお蔵入りとなってしまいます。

制作スピードが速いか?

動画広告のリリースは、商材のリリース日から逆算して決められます。

このリリース日は発注前に決めなければいけないことも多く、また急遽制作することになったらスピード感が求められます。
各制作会社は発注から動画の完成までのスケジュールを提示してくれますので、自社で決めた締切に確実に間に合わせてくれる会社を選びましょう。

制作スピードが速ければ速いほど修正を何度も重ねられます。

運用も手掛けているか?

動画制作会社によっては、動画広告を作るだけではなく運用・効果測定まで手掛けている会社もあります。

広告の運用・効果測定には専門知識が要求されますので、自社だけでは難しい領域です。
動画を制作してくれるついでに運用までやってくれたら、企業からすれば一石二鳥です。
多少予算がかさんでも、運用を手がけてくれる制作会社に発注するのも1つの選択基準です。

制作会社に依頼する3つのメリット

制作会社に依頼するメリット の画像

動画制作会社を選ぶ際、どのような点を意識したら自社に合う会社を見つけられるかを解説しました。

ただ、動画は今の時代。必ずしも制作会社に発注しなくても制作することは可能です。
しかし、無数の制作会社の中から慎重に選んでまで制作を依頼する意味はどこにあるのでしょうか?

ここからは、動画制作会社に制作を依頼するメリットをご紹介します。

クオリティーが保証される

テンプレートを選ぶだけでモーショングラフィックスやホワイトボードアニメーションを制作できる、便利なツールが出ていますが、一般の企業として世の中に通用する動画広告を自社で制作できるかというと、必ずしもそうではありません。

動画広告は、しっかりとした台本・イラスト・編集・そして全体を俯瞰するディレクションがあって初めて成立するものです。
成約率を上げられるクオリティーの高い動画を作るには、やはりプロの力が必要で、制作会社に依頼すれば高質な動画の完成がほぼ保証されます。

プロならではのアイディアが入る

自社で動画を制作しようとすると、やはり動画制作を本業としていないがゆえに実現不可能なアイディアが出たり、内容が整理されていなかったり、アニメーションが陳腐なものになってしまうことが多くあります。

でも制作会社に頼めば、言葉のプロ(台本)、映像のプロ(編集・ディレクター)がいるので、彼らがそれぞれの才能を活かして、素人では思いつかない斬新なアイディアで動画を演出してくれます。
伝えたいことが「伝わる」フレーズ・特殊効果・撮影・アニメーションが動画を素晴らしいものにします。

自社業務に集中できる

動画制作は手間と時間が非常にかかるので、片手間でできるようなものではありません。

もし自社で制作するならそのためのチームを作らねばならないでしょう。限りある人員を割く必要があるうえ、本業に当てる時間が削られるため、社業務が疎かになってしまいかねません。

しかし制作会社に依頼をかければ、あとは完成を待つだけですので本業を圧迫せず自社業務に集中できます。

まとめ

動画制作会社を選ぶ際のポイントと、動画制作会社に動画制作を依頼するメリットについて解説しましたがいかがでしたでしょうか?

本記事に書いたことを意識すれば、たとえ初めての動画広告制作であっても、制作会社選びに失敗することはないでしょう。貴社のすばらしいコンテンツを最も魅力的にアピールしてくれる動画を制作してくれるような、制作会社選びのお役に立てましたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事