モーショングラフィックス作成に定評がある会社7選

「モーショングラフィックス」を利用したマーケティング動画があります。モーショングラフィックス動画は、消費者に固定イメージを与えずシンプルに自社の商品やサービスをPRすることが可能です。

自社での制作が難しいため、多くの企業は、制作会社に依頼しています。

今回は、モーショングラフィックス制作会社選びのポイントとモーショングラフィックス動画制作に定評のある会社を紹介します。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


モーショングラフィックス制作会社選びのポイント

モーショングラフィックス制作会社選びにはポイントがいくつかあります。その中でも最も大切なのが、モーショングラフィックスを専門にしているかという事です。

アニメーションやCG加工に長けている制作会社も多くありますが、形やシンプルな素材だけでストーリーを造り上げるスキルを持っているか」で内容に大きな差がでます。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


モーショングラフィックスを専門にしている

「モーショングラフィックスを専門にしている」に注目して動画制作会社を選ぶことは理解できましたが、他にどんな点を見て選択すれば良いのでしょうか?

実績が豊富

今までどんな企業と仕事をしてきたのかを確認するのも大切です。大きな企業ばかりが並んでいる場合は、予算もそれなりにかかる事も予想できます。小さな企業との実績もどの程度あるのかを見ていくのもポイントです。

制作事例が自社のイメージするものと合っている

制作事例は、その制作会社の実績で確認することができます。制作会社のクリエイターが得意としている分野がそれぞれあることもわかるので、出来る限り作品を見ていおくことが大切です。

外部制作会社へ自社がどんなイメージを持っているのかを伝えるために、まずはしっかりとした動画イメージや使用目的を明確にして、自社のイメージするものと合う作品を制作している会社を探すようにします。

イメージを上手く汲取ってくれる制作会社かどうかも、選択する時のポイントです。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


モーショングラフィックスに定評がある会社7選

ここからは、モーショングラフィックスに定評がある会社を紹介します。

Crevo株式会社

東洋経済「TOYO KEIZAI BRAND STUDIO」サービスの紹介です。予算は、4パターンを公式サイトで提示したいます。以下の4つです。

  • シンプルにコストを抑えたい場合~49万円
  • 独自のストーリーで他社との差別化をしたい場合50~99万円
  • アニメーションのシンプルな3DCG利用することで表現の幅を広げたい場合100~299万円
  • クリエイティブの細部までこだわりたいCMなどに起用したい場合300万円~

TSUTA-WORLD

TSUTA-WORLDは、秒数にもよりますが業界内でも格安な価格で高品質のモーショングラフィックス動画を制作しています。

通常は別途料金が発生する台本・絵コンテ作成費が無料であるところが、低コストで制作できる秘密です。

Move Emotions株式会社

下記は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)が展開しているSUTAYAや蔦屋書店、図書館、Tポイントカードのライフスタイル提案を行うための動画です。

Move Emotions株式会社は、「意図のあるモーショングラフィックス」を目指してモーショングラフィックスを制作しています。高度な技術を駆使しているのも特徴です。

費用に関しても、クライアントと相談して決めていく方式になっています。

Beach

下記の動画は、2019年4月にグループ横断のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」を紹介するために制作された動画です。

Beach(ビーチ)は、グラフィックデザインやモーショングラフィックスを中心に活動するデザインスタジオです。

株式会社LOCUS

下記は、企業の情報をクライド上で、一括管理するサービス「クラウドERP」のプロモーション用コンセプト動画です。

モーショングラフィックス制作会社の中でも、名前が知られているのが株式会社LOCUSです。多くの企業の動画制作を手掛けています。

実績を確認すると、予算は30~300万円となっているようです。価格を抑えたいという場合でも相談に乗ってくれる旨がサイトに記載されています。上記で紹介した動画は、300万円~という枠で制作されたものです。

株式会社PROOX

浦和チラシサービスのポスティングサービスPR動画です。BtoB向けの動画になっています。

株式会社PROOXは、様々な業界の大手企業との取引実績多数があります。モーショングラフィックスを始め実写動画も手掛けています。価格設定は、下記の4タイプです。

  • エントリープラン 30〜50万円
  • スタンダードプラン 50〜80万
  • プレミアムプラン 80〜150万
  • ハイグレードプラン 200万〜

上記の動画は、スタンダードプランで制作されたものになります。

株式会社サムシングファン

住友電工情報システムのサービス「QuickSolution」紹介動画です。

上記の動画の費用は、30~50万円です。

動画制作は30~300万円と幅があります。販売促進、広告用動画、SNS動画など目的に合わせて制作が可能です。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

今回は、モーショングラフィックス制作会社選びのポイントと動画制作会社7選を紹介しました。

自社の伝えたいこと目的に合わせた制作会社は見つかりましたか?気になった会社があれば、まずは問合せてみて決めるのも方法のひとつですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事