サイネージ動画を作成する時のコツやポイントを紹介

サイネージ動画を制作しようと思っても、制作するためのポイントやコツが分からず困っているという状態ではありませんか?

このページでは、サイネージ動画を制作する際に有効なポイントやコツを、動画を制作したことがない方でも分かりやすいように解説しています。

最後まで読むことで、サイネージ動画を制作する際に役に立つ知識を身に付けることができるでしょう。

サイネージ動画を作成するコツ

サイネージ動画を制作する際のコツとして下記の3点が挙げられます。

  • 目的を決める
  • 簡潔にまとめる
  • 情報を詰めすぎない

これらのコツについて詳しく解説していきます。

目的を決める

まずはサイネージ動画を制作する目的を決めましょう。

なぜサイネージ動画を制作しようと思っているのか、どんな場所でサイネージ動画を使うのかこれらのような目的を大まかに決めていきます。

サイネージ動画を制作したいと思った理由を改めて見直すことによって、サイネージ動画を制作するための軸を決めることができ、完成後の手直しを減らすことができます。

簡潔にまとめる

サイネージ動画を視聴する人は、何か予定があって移動している通行人や、誰かを待っている一般人である可能性が高いため、無理に情報を詰め込めすぎた動画では注目されにくいです。

そのため、数秒で理解してもらえるように伝えたいポイントを簡潔にまとめて、サイネージ動画を制作する必要があります。

通行人や誰かを待っている一般人でも簡単に理解できるように、簡潔に情報を伝えられるようにサイネージ動画を制作するといいでしょう。

情報を詰めすぎない

サイネージ動画を制作する際には、情報を詰め込みすぎないように注意しましょう。

あれもこれもと情報を詰め込みすぎて、伝えたい情報が表示される前に視聴者が移動してしまえば、サイネージ動画を設置した意味がありません。

そのため、多くの情報を詰め込むのではなく、最初の数秒で視聴者の注目を獲得できるようなインパクトの強いサイネージ動画を制作していきましょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


サイネージ動画を作成するポイント

サイネージ動画を撮影中

サイネージ動画を制作する際には、上記で紹介したコツに加えて、下記のようなポイントも意識するといいでしょう。

  • 目的をはっきりする
  • メリットを明確に
  • 一見してわかるようにする
  • 紙のポスターを意識して作成する
  • 掲載場所を考えて広告を作成する

これらのポイントについて詳しく解説していきます。

目的をはっきりする

サイネージ動画を実際に制作していく前に、さらに詳細に目的を明確化していきましょう。

制作したサイネージ動画が通行人やユーザーの目に入った時に、どのような行動を取ってほしいのか、どんな心情になってくれる事が好ましいのかをよく考えていきます。

目的を決めてからサイネージ動画の制作を開始することで、最後まで動画の軸がブレにくくなり、通行人やユーザーに影響を与えやすいサイネージ動画を制作することが可能です。

メリットを明確に

サイネージ動画を使って紹介したい商品やサービスのメリットについて詳しく理解しておきましょう。

前述したように、サイネージ動画は短い時間でインパクトのある動画を利用しなければ視聴者に対しての効果は薄いため、メリットを明確にして視聴者に伝えたい内容を絞り込む必要があります。

実際にサイネージ動画の制作に移る前に、一度商品やサービスのメリットを明確にして書き出していき、視聴者に対して伝えたいポイントに優先度を決めていくといいでしょう。

一見してわかるようにする

サイネージ動画は、一目見ただけで大まかな情報がわかるように制作する必要があります。

インパクトが大きいという事が重要なサイネージ動画ですが、ただインパクトだけが大きくて情報が薄いのであれば、視聴者に対して何も伝えられないため意味がありません。

サイネージ動画を設置する場所によっては急いでいる人が多い場所もあるため、立ち止まらなくても、ある程度情報がわかるようなインパクトもあり、一見して内容が理解できるという動画を制作しましょう。

紙のポスターを意識して作成する

サイネージ動画のイメージがなかなか沸かないという方は、紙のボスターを意識してみるといいでしょう。

通行人にとって馴染みのある紙ポスターを参考にしながらサイネージ動画を制作することで、場の雰囲気に合っていて通行人の目に止まりやすいサイネージ動画を制作しやすくなります。

掲載場所を考えて広告を作成する

伝えたいこと内容をサイネージ動画に詰め込むだけではなく、設置する場所をイメージしてサイネージ動画を制作することによって、より大きな効果を生み出してくれます。

サイネージ動画を設置する場所で、視聴者の属性は大きく異なります。

そのため、設置場所に対して違和感のあるサイネージ動画を設置してしまうと、ほとんど興味を持ってもらえないという可能性もあります。

設置する場所に自然に馴染んでくれるようなサイネージ動画を制作することによって、違和感なく視聴者の興味を惹くことができるでしょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

サイネージ動画を編集中

サイネージ動画を制作する際に必要なコツや、意識すると良いポイントについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

実際にサイネージ動画を制作すると、これらのコツやポイントをしっかり意識して制作することが難しく感じることもあるかもしれません。その場合には、目的を明確化して軸がブレないようにする、ということだけは忘れないようにしましょう。

サイネージ動画を制作して、どのように使いたいのか、視聴者にどうなってほしいのか、これらの目的が明確になっているだけで、十分に宣伝効果のあるサイネージ動画を制作することが可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事