TikTok動画広告の活用事例を紹介

TikTokで動画広告を作成してみたいけれど、作成する時のコツも分からない、何を参考にして作成したらいいのか分からないから困っているという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、TikTokの動画広告を作成する際に意識するべきコツや、実際にTikTokで掲載された動画広告の事例を交えて、参考にすべきポイントを解説しています。

最後まで読むことで、TikTokの動画広告を作成する際に役立つ知識を身に付けることができるほか、複数の動画を参考にできるため、動画広告を作成する際に役立つでしょう。

TikTok広告作成の3つのコツ

TikTokのアプリを起動中

TikTokの動画広告を作成する際には、下記の3つのコツを意識してみましょう。

  • 冒頭数秒で惹きつける
  • 視聴者がマネできるようにする
  • 画面デザインをかわいくする

これらのコツについて詳しく解説していきます。

冒頭数秒で惹きつける

冒頭の数秒で、ユーザーを惹きつけられるような内容で動画広告を作成しましょう。

ユーザーは、冒頭の数秒で、TikTok上に流れてくるコンテンツを見るか見ないかを決めています。

そのため、冒頭からユーザーに興味を持ってもらえないような内容で動画広告を作成してしまうと、しっかりと視聴してもらいにくいため、広告としての意味がなくなってしまいます。

動画広告を作成する際には、その商品やサービスをアピールしたいユーザーに対して、強いインパクトを与えられるような内容を冒頭で表現することを心がけましょう。

視聴者がマネできるようにする

動画広告を視聴したユーザーが、簡単にマネできるようなダンスや振り付けがあれば、動画広告が拡散されやすくなり、より多くのユーザーに見てもらえるようになります。

TikTokでは、音楽に合わせてダンスや振り付けを撮影して投稿しているユーザーも多く、簡単にマネできるような振り付けで、有名タレントや人気のYouTuberが踊っている動画であれば拡散力も非常に高いです。

そのため、視聴者にとって、楽しくマネできるようなダンスや振り付けを動画広告でも使用することで、拡散力の向上が期待できますよ。

画面デザインをかわいくする

TikTokを利用しているユーザーは、10代20代の若年層が非常に多いため、堅苦しい雰囲気で商品やサービスを紹介するよりも、かわいくポップな雰囲気で紹介する方が効果的です。

そのため、TikTokの動画広告を作成する際には、画面デザインがかわいくなるように作成して、若年層が馴染みやすい雰囲気を作り出せるように意識しましょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


ハイチュウ

@hichew.morinagaハイチュウ食べると踊っちゃう!?##ハイチュウダンスなう♬ ハイチュウダンスなう - 平沢なつみ

「ハイチュウ」のTikTok動画広告です。

特徴

こちらのTikTok動画広告は、下記のような3つの特徴があります。

  • 振り付けが入っていてマネしやすい
  • 冒頭でどんな内容かわかる
  • ターゲットが明確

これらの特徴について詳しく解説していきます。

振り付けが入っていてマネしやすい

ハイチュウの音楽に合った簡単な振り付けが入っており、ダンスが苦手な方でも簡単に楽しくマネできるような内容となっています。

このように、誰でも簡単に楽しくマネできるような振り付けが入っていることで、ユーザーが楽しく参加できるコンテンツとして成立するほか、拡散力も高く、広告として非常に効果的な動画と言えます。

冒頭でどんな内容かわかる

冒頭から「ハイチュウダンスなう」というキャッチコピーが表示されてからモデルの方がダンスをする内容となっており、ハイチュウの広告だということが自然に伝わるようになっています。

このように、冒頭からどういった内容の動画なのかを明確に表現することによって、ユーザーが理解しやすく宣伝効果の高い動画広告を作成することが可能です。

ターゲットが明確

女性のモデルの方が振り付けをして、最後の画像は可愛い印象で女性のモデルの写真が複数枚使用されていることから、主に若い女性をターゲットにした動画広告だということが分かりますね。

このように、ターゲットを明確に絞ることによって、ターゲットが興味を持ってくれそうな動画広告を作成することが可能です。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


J:COM

@30443853681##もののけついてんね 注目作品は渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンで300回以上放送!♬ もののけついてんね - J:COM

「J:COM」のTikTok動画広告です。

特徴

こちらのTikTok動画広告は、下記のような2つの特徴があります。

  • キャンペーンと連動している
  • 画面デザインがかわいい

これらの特徴について詳しく解説していきます。

キャンペーンと連動している

こちらの動画広告はキャンペーンと連動しており、注目された作品は渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンで放送されるため、参加するユーザーがとても多く、非常に高い宣伝効果を発揮しました。

有名になりたいという願望を持っている若者に対しては、渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンに自分の作品が放送されるという点が大変魅力的で、結果的に多くのユーザーがJ:COMのキャンペーンに参加し、拡散に成功しています。

画面デザインがかわいい

画面のデザインはピンクを基調とした、かわいらしい雰囲気で作成されており、若年層の女性が好みそうな雰囲気を上手く作り上げています。

若者が多いSNSに対して、このようにかわいらしい雰囲気で動画広告を作成することによって、広告が自然に馴染みやすくなるのです。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


まとめ

TikTokを視聴中

TikTokの動画広告を作成する際のコツや、参考にできる事例をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

TikTokは、基本的に10代や20代の若者のユーザーが非常に多いSNSであるため、若者に対してアピールしたい商品やサービスがある方には、TikTokを用いて宣伝を行うことは最適と言えます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事