動画広告を活用する目的や効果とは?

近年、屋外でもインターネットを自由に利用できる環境が当たり前になってきました。それにともない、商品やサービスの情報を簡単に手にしやすくなっていますよね。

多様な選択肢の中から、自社の商品やサービスの魅力を知ってもらうためには、いったいどうしたらよいのでしょう?

今回は、動画広告を上手く活用し、自社の商品やサービスを消費者に届けるための方法についてお伝えしていきます。

動画広告の目的は、認知獲得、販売促進、ブランディングの3つ

スマートフォンでの動画再生

電車やバス、タクシーの中でも目にするようになった「動画広告」。この動画広告の需要が、ますます増加していることは想像に難くありません。

様々な企業が採用している動画広告を、自社でも取り入れたいと考えている広報担当者やマーケティング担当者も多いかと思います。

動画広告の目的は下記の3つです。

  • 認知獲得
  • 販売促進
  • ブランディング

ここからは、上記の3つの項目について詳しくお伝えしていきます。
これらを理解すると、動画広告をどのように活かしていけばいいのか、より明確になるでしょう。

認知獲得のための動画

売上を上げるために、また、集客を増やすために必要なことは、「認知獲得」です。どんなに優れた商品や画期的なサービスがあっても、周知することができなければ意味がありません。

消費者の興味を引く内容で、自社の商品やサービスの魅力を知ってもらうことこそ、動画広告の目的といえます。動画広告を活用する場合、動画広告に限ったことではありませんが、自社の商品やサービスを利用するターゲット層を明確にすると効果が得られやすくなりますよ。

多様にあるSNSの活用の仕方によっては、ターゲット層を広げることも可能です。

販売促進のための動画

商品やサービスを知った消費者に対して、「どんなものかもっと知りたい」から、「買いたい」「利用してみたい」という行動に誘導していくためには、販売促進が必要不可欠です。

販売を促進させるために動画広告を活用することで、日本のみならず、世界中に自社の商品やサービスをプロモーションすることも可能になります。また、Twitterなどを介して口コミが広がることも期待できます。

動画広告を最大限生かすには、商品やサービスのブランディングをきちんと構築するようにしましょう。

ブランディングのための動画

ブランディングのための動画広告は、特に、消費者がいくつかの選択肢で迷った場合に活かされます。

同じような商品やサービスを目の前にした際、最終判断を下す大きなポイントとなるのは、ブランドに対する信頼や共感を持てているか、ブランドのメッセージが伝わっているかどうかです。誰にどんなメッセージを伝えたいのかは、きちんと明確にしておきましょう。

エステサロンやヘアサロンなど美容に関わるサービス、教育関連サービス、飲食、不動産、金融など数えきれない業界がありますが、特に、ToC業界において集客を図りたい場合は、店舗や企業のブランドイメージは大切です。ブランディングのための動画、検討してみてくださいね。

なお、ここまでは、動画広告の目的である「認知獲得」「販促促進」「ブランディング」についてお伝えしました。ここからは動画広告の効果についてお伝えします。

どのような効果があるのかを理解することは、自社のマーケティングをどのように展開していけばいいかのヒントになるかと思います。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


動画広告の効果とは?

効果を数値化

上記では、動画広告の目的をお伝えしてきましたが、動画広告を利用することで得られる効果としては、下記の3つが考えれらます。

⚫︎ イメージしにくいものを効果的に伝える事が可能になる
⚫︎ 売上・集客につなげる事が可能になる
⚫︎ 自社の商品やサービスのブランド認知につながる

具体的にどんな効果があるのか、一つ一つ見ていきましょう。

イメージしにくいものを効果的に伝えることが可能になる

「イメージしにくいもの」は、商品の使い方やサービスの利用の仕方だったり、あるいは、サービスそのものかもしれません。

紙ベースや口頭の説明ではわかりにくいものを、動画にして伝えることができる動画広告は、視覚と聴覚の両方から情報を得られるためイメージを具現化しやすくなります。

商品やサービスの魅力をダイレクトに伝えることができるのも、動画広告の効果のひとつです。

売上・集客につなげることが可能になる

YouTube動画やネットニュースなどに出てくる動画広告は、たとえ興味がないと感じていても、目や耳から情報が入ると、それが結果的に記憶に残ることってありますよね。数秒間の中で、視覚的・聴覚的に情報が伝えられると、記憶に残りやすかったりします。

何度か目にすることで、興味の対象に変化することも大いにあるでしょう。そこから購入意欲が生まれる可能性も捨てきれません。

手にした商品や利用したサービスが気に入れば、SNS(口コミやTwitter)を通じて拡散されることも期待できます。

自社の商品やサービスのブランド認知につながる

これまでは、莫大な費用をかけてテレビ広告を流しながらプロモーションを行うことが多く、テレビ広告費用をまかなえる大企業ばかりがブランドを幅広く知ってもらう機会を得ていました。

もちろん今も、テレビ広告の力は大きいものの、近年は、テレビだけでなく、インターネット、SNS、Youtubeなどの媒体から情報を得ることが主流となりつつあります。そのため、インターネットやSNSなどの媒体で活躍する動画広告を通じて、多くの企業が、ブランドの発信をする機会を得ることができるようになったのです。

動画広告を活用することで、自社の商品やサービスのブランド認知を比較的図りやすくなったということが、動画広告の効果のひとつといえるでしょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

マーケティング施策を練るうえで、他社との差別化を図り、自社の商品やサービスの魅力を伝えるために、動画広告の需要は今後も増加すると考えられています。

認知獲得・販売促進・ブランディングなど、動画広告の目的は様々あると思いますが、ぜひ、動画広告を活用して、ビジネスの成功の一助になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事