面白い動画広告を作成開始

面白くてユーザーの興味を惹きつけられる動画広告を作成したいけれど、面白い動画広告を作成するコツや、参考にできる事例を知らないため困っていらっしゃるのではないでしょうか?

このページでは、面白い動画広告を作成するために意識するべきコツや、実際に利用されている面白い動画広告の事例をご紹介しています。

最後まで読むことで、面白い動画広告を作成する際に必要な知識を身に付けることができ、実際に動画広告を作成する際に役立つでしょう。

動画広告を面白くするコツは?

面白い動画広告を撮影開始

面白い動画広告を作成するために意識するといいコツは、下記の3点です。

  • 冒頭数秒で惹きつける
  • オチやインパクトで視聴者を裏切る
  • 短時間で起承転結をつける

これらのコツについて詳しく解説していきます。

冒頭数秒で惹きつける

動画広告を視聴しているユーザーが興味を持ってくれそうな、インパクトのある内容を冒頭の数秒に入れるようにしましょう。

動画広告を最後までしっかりと見てもらうためには、冒頭の数秒でユーザーが離れないようにしなければなりません。

そのため、ターゲットとなるユーザーが関心を持ってくれそうなコンテンツやネタをリサーチして、冒頭の数秒で面白いと思ってもらえるような動画広告を作成しましょう。

オチやインパクトで視聴者を裏切る

オチやインパクトで視聴者を良い意味で裏切ることができれば、面白い動画広告だと思ってもらえる可能性が高いです。

予想できる内容やダラダラと商品やサービスを紹介するだけでは、ユーザーは飽きて離脱してしまいます。

予想外の事が起こると、人は続きが気になってしまうもので、さらにその内容がターゲットであるユーザーにとって面白いと思える内容であれば、宣伝効果も高まるでしょう。

短時間で起承転結をつける

数分にも渡る動画広告で、商品やサービスの魅力をたくさん伝えたいという気持ちもわかりますが、動画広告を視聴しているユーザーは再生時間が長ければ長いほどに離脱してしまいます。

そのため、30秒などの短い時間で起承転結があって、分かりやすい内容の動画広告を作成することができれば、ユーザーが離れにくく情報も伝わりやすい良質な宣伝を行うことができます。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


JRA

「HOT HOLIDAYS!」という競馬のイベントの動画広告です。

特徴

こちらの動画広告には、下記のような2点の特徴があります。

  • 30秒の中に起承転結がある
  • 初心者にも分かりやすい

これらの特徴について詳しく解説していきます。

30秒の中に起承転結がある

:競馬を見に来たのに、馬が遅くないかと男女が会話を始める
:気になった男性が係員にゴールはどこか質問をしに行く
:係員にレースでは無いことを告げられて男性が驚く
:ここは走る前の馬が見れる場所だと男性が女性に教える

上記のように30秒という短い時間の中でも、しっかりと起承転結があり、そのうえ、視聴しているユーザーが理解しやすい構成が練られています。また、何度も係員に質問をしに行く男性が面白いというユーモアなポイントもあります。

初心者にも分かりやすい

競馬のことが全く分からないような初心者の方であっても、話が競馬の内容であることや、面白いと感じられるポイントが分かりやすい構成となっています。

このように、宣伝したい商品やサービスについての知識がないユーザーでも、内容が理解できて面白いポイントが伝わりやすい動画広告であれば、ユーザーの印象に残りやすいと言えます。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


アロンアルファ

東亜合成株式会社の製品「アロンアルファ」の動画広告です。

特徴

こちらの動画広告には、下記のような2点の特徴があります。

  • 企業イメージを覆している
  • 意外なオチ

これらの特徴について詳しく解説していきます。

企業イメージを覆している

アロンアルファを販売している企業の東亞合成株式会社は、大企業であるため、広告も堅いイメージで作成されると思われる方も多いのではないでしょうか?

ですが、実際に作成されている動画広告は、良い意味で堅いイメージではなく、シュールで面白く、接着剤に興味がなさそうな若者にも周知されそうな内容に仕上がっており、見事に企業イメージを覆しています。

意外なオチ

この動画広告は、前半と後半でアニメを用いて進行しているものの、最後のオチとして、「こんな企画いいと思わない?」というようなことを言った男性が、女性に素敵だと言われる実写を用いた内容になっています。

さらに、このオチも実は男性の妄想だったという、二重のオチが用意されています。

かなりインパクトが強く、予想外なオチではありますが、このようにシュールで面白いオチを用いて動画広告を作成できれば、ユーザーから高い関心を寄せられやすいです。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


まとめ

面白い動画広告を見て笑う女性

ユーザーから面白いと思われるような動画広告を作成する際に意識するべきコツや、参考になる事例をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

面白い動画広告を作成することができれば、視聴したユーザーの印象に残りやすいだけでなく、拡散力の面でも期待できるため、動画広告を作成する際には、ユーモアのある内容で面白く作成することを意識してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事