動画マニュアルの作り方を1から紹介

動画マニュアルを作成しようと思っても、作成の方法や気を付けるべき点が分からないため、なかなか作成するに至っていないという方も多いのではないでしょうか?

このページでは、まだ動画マニュアルを作成したことがないという方でも分かりやすいように、動画マニュアルの作成に関する知識や気を付けるポイントを紹介しています。

最後まで読むことによって、動画マニュアルに関する知識が身に付き、いざ動画マニュアルを作成するとなった際に役立てることができるでしょう。

動画マニュアルとは?

動画マニュアルは主に、サービスや作業の流れを利用者に対して分かりやすく説明したい場合に効果的で、動画を活用したマニュアルのことを指します。

ここからは動画マニュアルに関しての特徴に関して紹介していきます。

マニュアルを視覚的にわかりやすくするもの

動画マニュアルは、マニュアルを視覚的にわかりやすくしたものです。

従来のマニュアルは、テキストや表、図などを用いて作成しているものが多く、細かい作業や、わかりにくい作業をうまく伝える事が難しい部分がありました。

しかし動画マニュアルは、映像を用いながら、作業の流れを視覚的にわかりやすく説明することができるため、今まで伝わりにくかった細かい作業や、わかりにくい作業を簡単に説明することができます。

マニュアルという目的が決まった動画

商品やサービスを紹介するための宣伝用の動画や、ファンに向けられたアート作品の動画とは異なり、動画マニュアルは利用者に対して、分かりやすくサービスや作業を伝えるための動画です。

そのため、宣伝用の動画やアート作品の動画のように派手な演出などは必要なく、シンプルかつ分かりやすいように作成することによって、マニュアルとして使いやすい動画が作成できます。

わかりやすさを重視

マニュアル動画の利点として、視聴者にとって内容が理解しやすいという点があります。

動画マニュアルは、この動画の利点を上手く活用できるように、わかりやすさを重視して作成することが大切です。

テキストや表、図などが、何ページにもわたって記載されている長いマニュアルを読むことが苦痛な人であっても、動画であれば苦痛をあまり感じずとも、内容を理解できるでしょう。

また、動画マニュアルの利点として、分からなかった部分を繰り返し再生しながら学べるという点もあり、サービスや作業を学ぶための効率が非常にいいと言えます。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


動画マニュアルの作り方

動画マニュアルを作成するためには?

動画マニュアルを作成するための大まかな流れは、下記の通りです。

  • 目的をはっきりさせる
  • サービスについて理解を深める
  • マニュアルを動画にする

これらについて解説していきます。

目的をはっきりさせる

動画マニュアルを作成する際には、作成するための目的を明確に決めておくことが大切です。

作成した動画マニュアルを見てもらう利用者に対して、どのような内容を理解してほしいのか、のような行動をしてほしいのかなどを明確に決めておきましょう。

これらを明確に決めることによって、動画マニュアル全体の方向性が分かりやすくなり、動画を作成しやすくなったり、作成する際の軸がブレにくくなって、利用者に伝わりやすい動画マニュアルを作成するための近道になります。

サービスについて理解を深める

動画マニュアルを作成する際には、作成者自身がサービスへの理解を深めることも重要になります。

説明するサービスや作業についての理解を深めることができれば、動画マニュアルを見る利用者にとって、つまづきやすいポイントや特に気を付けてほしい部分などを伝えやすくなります

このように、作成者がサービスや作業についての知識をしっかりと持ちながら作成することによって、価値のある動画マニュアルの完成へと近づきます。

マニュアルを動画にする(実写、アニメなど)

動画を作成する目的、サービスや作業についての知識を深く理解したあとは、実際にマニュアルを動画にしていきましょう。

すでに作成されている紙やPDF等のマニュアルがある場合には、それらを参考にしながらも、つまづきやすいポイントや分かりにくいポイントを意識しながら作成することで、利用者に伝わりやすい動画を作成することができます。

また、作成する動画マニュアルの内容によって、実写が向いているのか、もしくは、アニメーションが向いているのかも判断するようにしましょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


動画マニュアル作成で気をつける3つのこと

動画マニュアル作成時に気を付ける点

動画マニュアルを作成する際には、下記のポイントに気を付けましょう。

⚫︎ 文字でわからないことを動画にする
⚫︎ 作者はサービスについて深く理解する
⚫︎ クライアントとの打ち合わせを入念に行う

これらについて、詳しく解説していきます。

文字ではわからないことを動画にする

動画の強みは、視覚的に理解しやすいという点にあります。

そのため、文字だけでは分かりにくいことを、優先的に動画にしていくことで、利用者が理解しやすい動画マニュアルを作成することができます。

作業やサービスのわかりにくい部分や細かい部分は、特に文字では伝わりにくいため、動画マニュアルを作る際には、これらの部分を伝わりやすく作成するように意識しましょう。

作者はサービスについて深く理解する

前述したように、動画マニュアルを作成するにあたっては、作業やサービスに関しての知識が深いと、特に意識してほしいポイントなどが分かるため、動画マニュアルをわかりやすく作成することが可能になります。

そのため、動画マニュアルを作成する前に、しっかりと作業やサービスに対しての理解度を深めていくようにしましょう。

クライアントとの打ち合わせを入念に行う

動画マニュアルを作成する際には、クライアントとの打ち合わせを入念に行うようにしましょう。

どの制作物にも通ずる部分ではありますが、入念な打ち合わせを行い、お互いの認識を合わせておかなければ、動画マニュアルを作成した後に「クライアントが思っていた通りの動画ではなかった」という事態に陥って、お互いに不快になってしまうことも。それは、避けたいものです。

そのため、動画マニュアルを作成する際には、細かく状況を共有しながらお互いに納得できる形で仕上げていくといいでしょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

動画マニュアルを作成する際の知識やコツを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

このページで紹介した知識やコツを意識しながら、動画マニュアルを作成することによって、利用者にとって分かりやすい動画マニュアルを作成することができますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事