【2021年最新版】動画マーケティングの5つのデメリットを徹底紹介

マーケティング手法の中には動画を用いたものもありますが、

・動画マーケティングって本当に良いものなの?
・動画マーケティングって必要?

と思っている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、

・動画マーケティングのデメリット
・動画マーケティングが必要な理由

などについて紹介します。
動画マーケティングを安易に取り入れる前に、ぜひこの記事を読んでみてください。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


そもそも動画マーケティングって?

考える三人組

動画マーケティングとは、動画を用いて商品やサービスの関心を高めることを目指す手法です。
現在では5Gの影響やYouTubeの人気などの影響で多くの企業が取り入れ始めており、さまざまな動画でマーケティングとしての目標達成を目指しています。

動画マーケティングの目的としては、各社異なります
上記で触れたような商品やサービスの関心を高めるために行うケースもあれば、売り上げの向上を目指すために行うケースもあります。
そのため、これから動画マーケティングに取り組もうと思っているのであれば、目的を明確にすることから始めてみましょう


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


動画マーケティングのデメリット5つ

バツのビジネスマン

動画マーケティングのデメリットとしては、主に5つ挙げられます。
それぞれどのようなものなのでしょうか。

動画の制作に時間とコストがかかる

動画制作というのは時間とコストがかかるものです。
近年では初心者でも制作できるようなソフトも登場していますが、それらはあくまでプライベート向けであり、本格的にマーケティングとして活用するクオリティーとは言い難いでしょう。
ただ、ロに任せるとなればその分のコストがかかってしまうため、ある程度の予算を用意できる方でなければ実現できません

自社制作が厳しい

動画制作はある程度のスキルと機材が求められます。
特にアニメーションやCGなどは気軽にできるものではなく、なかなか自社制作というのは難しいでしょう。
仮に自社制作でしようとすれば、その分本業が進まなくなってしまい、生産性が一時的に低下してしまう恐れがあります。

クオリティーの低い動画だと逆効果になる

クオリティーが低い動画はマイナスの効果を与える恐れがあり、会社としてのブランドイメージが下がってしまうかもしれません。
そうなってしまえば、何のために動画を制作したのか意味が分からなくなってしまうでしょう。
ただ、クオリティーの高い動画を制作しようとすると、時間とコストがかかってしまいます。

視聴者の視聴環境によって情報量が変わる

動画は画像と比べて多くの情報を伝えられる存在です。
しかし、「どのような場所や方法で視聴者が見ているか?」ということによって情報量が変動してしまうという欠点があります。
例えば電車の中で視聴する場合、周囲に迷惑がかかることからイヤホンを付けるといったことをしない限り、音を出さずに視聴することになります
音を出さないとなれば、ナレーションやBGMからの情報が得られなくなってしまい、動画の内容がしっかりと伝わらないかもしれません。

載せたサイトが重くなる

動画は文章よりも直感的かつ分かりやすく伝えられることから、ついつい多くの動画をサイトに掲載したくなるかもしれません。
しかし、動画を掲載する量が増えるほどサイト自体が重くなってしまいます
そうなってしまうと、サイトへアクセスする前に戻ってしまう恐れがあり、アクセス数が減少してしまうでしょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


それでも動画マーケティングが必要な理由

必要を持つ棒人間

上記で紹介したように、動画マーケティングにはいくつかのデメリットがありますが、そのことを考えても必要な存在といえます
その理由とは何なのでしょうか。

伝えられる情報量が多い

別の項目でも軽く触れたように、動画は他のコンテンツと比べて伝えられる情報量が多いです。
1分の動画でWebの3600ページ分に相当するとも言われており、それほどまでの多いと考えれば、動画マーケティングの必要性も感じられるでしょう。

拡散力が強い

動画とSNSは親和性が高く、連携することで不特定多数の人に見てもらいやすくなります
拡散されるほど視聴者も増えていき、動画内容の認知度も向上
マーケティングとしての目標達成に近づきます。

検索結果の上位に表示されやすくなる

動画をYouTubeに投稿することで、Googleにおける検索結果の上位に表示されやすくなります
その上、近年ではGoogleではなくYouTubeで調べる方も増えているため、そういった意味でも動画マーケティングの効果が発揮されます。

ただ、上位表示を狙うのであれば、しっかりとユーザーのことを考えた内容でなければなりません
Googleはユーザーの役に立つコンテンツをクオリティーの高いコンテンツと考えているため、そのことを含めた上で動画を用意しましょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


動画マーケティングは完璧な存在ではない

さまざまなフィルム

動画マーケティングは注目を集めている存在ですが、いくつかのデメリットもあります。そのため、予算や会社の規模によっては効果が得られないかもしれません。だからこそ、デメリットまでしっかりと把握した上で本当に動画マーケティングを取り入れていいのかどうか慎重に考えた上で判断しましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事