動画・映像制作で効果を出すためのポイントは?制作のプロが徹底解説

動画制作で成功させるための7つのポイント

動画を制作する際に十分な成果を得るためには、いくつかのポイントに沿って動画制作を行なう必要があります。

今回は、7つのポイントに分けて解説していきます。

動画を活用する目的を明確化する

目的を明確化することによって、視聴者に何を伝えたいのかが分かりやすくなり、動画という媒体の伝わりやすさという利点が活きてきます。

目的を明確化する際には、下記の3つのポイントを意識してみましょう。

  • 具体的に動画を通して視聴者に何を伝えたいのか
  • 伝えた上で視聴者には、どのような行動や状態になってほしいのか
  • 伝えたいことを絞り込み、複数ある場合は1番伝えたいことを最初に伝える

また、目的を明確化することによって、「思っていたものと違った」というミスも最小限に抑えることができます。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


ターゲットをしっかりと設定する

ターゲットを考える

ターゲット設定をしっかりと行なうことによって、「どのような動画に興味を持ってもらえるか」「どのように伝えると理解してもらいやすいか」が明確化するため、サービスや商品に関して情報を伝えやすくなります。

動画を見てほしいターゲットを自分の中で想像してみましょう。

年齢や性別はもちろんのこと、その人の社会的立場や悩み等の詳細な部分まで考えます。

もし、なかなか想像できないという場合は、ターゲットに1番近いと思う知り合いを元に考えて、設定を付け加えていくと想像しやすいですよ。

動画の尺・長さ

動画の尺に関しては、1分~3分ほどの短めの尺にすることで伝わりやすさが向上します。

動画が長ければ長いほど視聴者は飽きやすくなってしまい、途中で集中力が切れたり、離脱してしまう原因になります。

最初に魅力を伝えて、視聴者が飽きてしまう前に伝えたいことを伝えられるような短めの尺を意識しましょう。

画質・画像のクオリティ

画質は、ある程度まで高解像度にすることで細かい部分まで見やすくなるというメリットがあります。

ですが無理に画質を高めすぎるとデータ量が増えてしまい、スムーズに再生しにくくなるというデメリットもあります。モバイル環境での視聴も想定する場合は、データ量が大きすぎると快適に視聴できなくなるため注意が必要です。

一般的に使用されるディスプレイやスマートフォンで出力できる解像度や、データ量から考えると、480p~1080p程の解像度で動画を制作することが最適といえるでしょう。

納期・スケジューリング

動画を制作するには、基本的に1ヶ月~2ヶ月ほどの期間を要します。

この制作期間を鑑みず、余裕のないスケジュールを組んでしまうと、クオリティが低くなってしまい、時間と労力をかけて作成した動画がボツになるという最悪の結果を招く可能性もあります。

ただ単純に動画を作ることだけではなく、動画制作には、「シナリオ作成や絵コンテ作成を行ってイメージを作る」という行程もあるため、これらにどれくらいの時間を要するのかを把握して、余裕のあるスケジュールを組むようにしましょう。

動画が必要になる時期を予め把握し、そこから逆算しながら余裕のあるスケジュール管理を心がけてくださいね。

企画・編集

企画や編集を考える

動画を通じて何を伝えたいのか企画し、それを分かりやすいように補完するための作業が編集と呼ばれる工程です。

何を伝えたいのか企画する際には、サービスや商品の強みやアピールしたい点に優先順位を付けてみてください。そうすることで動画の構成が作りやすくなり、改めて何を伝えるために動画制作をするのかを再認識できます。

なお、動画の編集は、伝えたい内容を分かりやすくするために行われます。

凝りすぎた内容に編集すると、かえって何を伝えたいのか分からなくなってしまう場合があるため、見やすい演出や画像と聞き取りやすい声や音量など、あくまでも伝わりやすくするための編集を心がけましょう。

フック・最初の掴み

動画を最後まで離脱されずに見てもらうためには、冒頭の5秒間で最後まで見たいと思ってもらえるような掴みが必要です。

実際に最後まで見たいと思ってもらえるような掴みを作るためには、1番伝えたいことをターゲットの興味を引く形で、冒頭に見せるようにしましょう。

最初の5秒という短い時間に、いかにターゲットの心に届くような言葉や映像を見せれるかが肝心です


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


成功した動画制作事例

ここで、実際に動画制作に成功した事例を見ていきましょう。

顧客管理アプリ「BEFORE AFTER」

上記の動画は、顧客管理アプリの「BEFORE AFTER」を紹介している動画です。

視聴者が抱きやすい悩みを冒頭に見せて興味を引き、実際にアプリを使用して何ができるのかなどを短い時間で説明されています。

制作:Crevo

靴紐の解けを防止する「ソレナー靴ひもクリップ」

上記の動画は、靴紐の解けを防止する「ソレナー靴ひもクリップ」という商品を紹介している動画です。

実際に使用している映像を冒頭に見せて、その後に悩みや原因を紹介するというスムーズな流れで訴求しています。加えて、商品の利点や使用方法なども短い動画の中で丁寧に解説しています。

制作:TSUTA-WORLD


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

これらの7つのポイントを抑えながら動画制作を行なうと、より成果を上げられる動画を作る近道となるでしょう。一貫して言えるポイントは、いかに視聴者の立場に寄り添って見やすい動画を制作できるかというところにあります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事