【2021年最新版】プロモーション動画とは?作る意味とメリットを徹底紹介

プロモーション動画とは?

プロモーション動画を作成することによって、どのような効果があるのか気になる方が多いのではないでしょうか?

この記事では、プロモーション動画がマーケティングにおいて非常に有用であることを、分かりやすく解説しています。

最後まで読むことで、プロモーション動画がマーケティングにどう役立つのか理解できる上に、プロモーション動画を実際に作成するべきかどうかの判断材料にもなるでしょう。

プロモーション動画の3つの特徴

  • 製品やメリットを紹介する
  • 視覚的に理解できる
  • 実際に使っているところをイメージできる

これらの特徴について詳しく解説していきます。

製品メリットを紹介する

プロモーション動画とは、自社の商品やサービス等の製品メリットを紹介するために作成する動画です。

動画という情報が伝わりやすい媒体を用いてプロモーションを行うため、幅広いユーザーに対して容易に製品メリットを伝えることが可能です。

アニメーションにすることで、より視聴者が理解しやすい動画にすることもできます。

視覚的に理解できる

プロモーション動画を用いながら、商品やサービスを視覚的に訴求していくことによって、ユーザーはテキストや画像だけの資料よりも楽に商品やサービスについて理解することができます。

また、ユーザーの目を引くような演出を行うことで、今まで興味を示さなかった新たな顧客の獲得へも繋がるでしょう。

インフォグラフィックス動画は、視覚性に優れているのでプロモーション動画の一部分に使われることも多いです。

実際に使っているところをイメージできる

プロモーション動画は、実際に商品やサービスを使用している映像を組み込んでいくと、ユーザーは商品やサービスを実際に利用した際のイメージを容易に持つことができ、購買意欲や興味を掻き立てやすくなります。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


プロモーション動画の3つのメリット

プロモーション動画のメリットとは?

プロモーション動画には下記のメリットもあります。

  • 短時間で見ることができる
  • ブランディングに有効

これらのメリットについて詳しく解説していきます。

短時間で見ることができる

プロモーション動画は、短い時間で、より多くの情報をユーザーに提供することができます。

テキストや画像が多い資料は、ユーザーの立場で考えると読むまでのハードルが比較的高いため、商品やサービスの魅力を伝えるに至らないという場面も多くなりがち。

その反面、動画を使用して商品やサービスをプロモーションすることで、ユーザーは見るだけで情報が入ってくるという状態になるため、非常に楽と言えます。

見てもらうまでのハードルも低いうえに、短時間で多くの情報を伝えられるため、プロモーション動画の訴求力は非常に高いと言えるでしょう。

ブランディングに有効

プロモーション動画は「ブランディング」にも効果を発揮します。
ブランディングとは、消費者やユーザーがある商品・サービス・企業に対して特定のイメージを抱き、信頼してくれている状態を作り出す活動全般のことを指します。

通常、ブランディングは企業がユーザーに抱いて欲しいイメージを反映したウェブサイトを作ったり、SNSの情報発信によって行われますが、動画を作成するとより効果が大きくなります。

動画は静止画よりも与えるインパクトが強く、印象に残りやすい性質があります。
ブランディングで大切な、コンセプトを伝えるためのメッセージの伝達も、動画なら印象的にテキストを差し込めるので、伝達されたメッセージがユーザーの記憶に残りやすくなります。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


プロモーション動画のデメリット

プロモーション動画には、下記のようなデメリットも存在します。

  • 作成の際の工程が多い
  • 動画を再生できる端末が必要

これらのデメリットについて詳しく解説していきます。

作成の際の工程が多い

プロモーション動画を作成するためには、多くの工程があり、撮影や編集などにも時間がかかってしまうということも理解しておかなければなりません。

クオリティの高いプロモーション動画を作成するためには、洗練された台本の執筆、凝った撮影や映像の編集などを行うことが必要ですが、それにはかなりの時間がかかります。

しかし、ユーザーに対して商品やサービスを紹介するために、高クオリティのプロモーション動画を作成するためには、工程が多くなってしまうのは仕方のないことです。

そのような際は、無駄な工数を生むこともなく十分なクオリティのプロモーション動画を作成してくれる、動画制作サービスを行なっている企業に制作を依頼するのもオススメです。

動画を再生できる端末が必要

プロモーション動画を作成したとしても、インターネット上でユーザーに視聴してもらうためには、動画を再生するための端末が必要不可欠です。

そのため、動画を再生するための端末を持っていない、もしくは使い慣れていない世代に対しては、プロモーション動画の効果はあまり期待できないと言えるでしょう。

最近はスマホでの視聴がメインになっているので、スマホでの視聴にも適した縦型の動画を作成する必要もあります。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


プロモーション動画の効果

プロモーション動画を作成中

プロモーション動画を利用して得られる効果は、下記のような2つです。

  • 製品の特徴を効果的に伝える事ができる
  • 集客効果が他の媒体に比べて高い

これらの効果について詳しく解説していきます。

製品の特徴を効果的に伝えることができる

プロモーション動画は、ユーザーに対して、製品の特徴を効果的に伝えることができます。

インターネットが普及している現代において、動画媒体を利用して商品やサービスを紹介する手法はかなり効果的です。
若年層のユーザーに対しては特に有効です。

また、テキストや画像よりも伝えられる情報量が多いうえに、興味のないユーザーも魅力的な演出や話題のタレントを起用することによって、興味を引くことが可能です。

集客効果が他の媒体に比べて高い

集客効果に関してもプロモーション動画は秀でており、インターネット上で宣伝を行っていくことによって、爆発的に認知度を高めることが可能です。

動画であれば、ユーザーは受動的に情報が入ってくるという状態であるため、見てもらうまでのハードルも非常に低いというメリットもあります。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


プロモーション動画を作る際の5つのポイント

製品の特徴を端的に伝え、集客効果も期待できるプロモーション動画。
そんなプロモーション動画を「自社でも作ってみたい!」と思ったら、一体どんな点に気をつければよいのでしょうか?

プロモーション動画作成の際の代表的なポイントを5点、紹介しましょう。

作成の目的を明確にする

動画作成において必ず必要なことは、「目的」の設定です。

あらゆる動画は1つの「伝えたいこと」に沿って進行します。
プロモーション動画のような秒数の短い動画は特に、「この動画で一番何を伝えたいのか?」を明確にする必要があります

込める目的、「テーマ」や「想い」と言い換えてもよいですが、それらを明確にしておかないと、作成時に方向性に迷って頓挫してしまうことになるでしょう。

また、ユーザーに伝える目的は『1動画につき1つ』を原則としましょう。

たとえば60秒のプロモーション動画1本で、全く特徴の異なる2つの製品やサービスをプロモーションしようとすると、動画として全然まとまらず、製品の魅力が全く伝わらない動画になる危険性が大です。

そういった場合は、動画を2本に分けて別のプロモーション動画として作成したほうが「伝えたいこと」が伝わります。

製品・サービスの概要や特徴を制作会社と確実に共有する

プロモーション動画の作成を制作会社に外注するなら、動画で取り扱う製品・サービスの概要や特徴は、外注先の担当者がしっかり理解できるまで打ち合わせをしましょう。

制作会社のディレクターやプロデューサーの理解が曖昧なまま作成を進めてしまうと、上がってきた動画で説明されている製品やサービスの内容に間違いがあったりして、修正作業に大きな手間と時間がかかってしまいます。また、もし承認した上進めていたのであれば修正費用が発生してしまいます。

修正に時間がかかると、動画の完成が製品やサービスのリリースに間に合わない可能性も出てきてしまいます。

動画作成作業に入る前、台本執筆の前の制作会社からのヒアリング段階で、彼らにプロモーションするモノの概要や特徴をしっかり理解してもらうようにしましょう。

ストーリーを持たせる

映画・テレビドラマ以外にも、あらゆる動画には「ストーリー」が存在します。
プロモーション動画にも例外なく起承転結によるストーリーが組み込まれていて、効果の高いプロモーション動画ほどユーザーにとって共感しやすいストーリーラインが存在します。

典型的なストーリーラインは、たとえば、

ユーザーの抱えている問題・課題→製品・サービスの提示→その製品・サービスを導入したことで問題・課題がどう解決されるか→問い合わせ先や補足情報の表示

という形。
現状抱えている悩みから、プロモーションしたい製品を使うことで悩みがどう解決されるかをユーザー目線で語れています。

ストーリーを持たせることで、プロモーション動画はより伝えたいことが明確に伝わり、わかりやすい動画になります。

配信先のプラットフォームを意識する

いま、プロモーション動画はあらゆるプラットフォームで配信できます。
YouTube・Facebook・Instagram・Twitter・TikTok…あらゆるプラットフォームでプロモーション動画が配信されています。

プラットフォームによってどんな動画が求められているかは全く異なります。
TikTokはスマホ視聴に特化した15秒以内の縦型動画、一方でYouTubeではPCからのアクセスも想定した、秒数の制限も無い横型動画が多くなっています。

秒数や縦型・横型といった形式の違い以外にも、求められる動画の「性格」もプラットフォームによって異なります。

YouTubeでは長い動画を配信できる代わりに視聴停止されないように、冒頭5秒やテンポ感が大事だったり、Instagramでは女性が多いことからオシャレ感やかわいさといった見栄えが何より重要となります。

配信先プラットフォームは事前に決めておき、それを意識した動画作りを心がけましょう。

動画のイメージを持っておく

配信先のプラットフォームを事前に決めておくのと並行して、動画の内容に対するイメージも深めておきましょう

プラットフォームを決めることで見えてくるところもありますが、「こんな動画を作りたい」というイメージを何パターンか持っておいたほうが、制作会社に発注する際もスムーズに進行します。

イメージが全く無いまま制作会社に丸投げしてしまうと、動画が上がってきたときにいまいち製品やサービスが魅力的に見えなかったり、会社が世間から持たれているイメージとは違う雰囲気の動画になってしまったりします。

プロモーション動画はYouTubeに多数投稿されていますし、各制作会社ウェブサイトの作品実績欄にも掲載されています。
いろいろ探してみて、気に入った動画を参考例として制作会社に提示してあげると、彼らもそのイメージを反映した動画を作ってくれるでしょう。

プロモーション動画の制作事例

ここまでプロモーション動画のメリットから作成のポイントまで、プロモーション動画についてあらゆる視点で解説してきました。
では、実際にどんなプロモーション動画が作られているのでしょうか?

ここからはプロモーション動画の制作事例を3点紹介します。

霧島酒造

芋焼酎「黒霧島」「白霧島」などが有名な宮崎県の酒造業者『霧島酒造』が作成したブランディング用のプロモーション動画です。

霧島連山の雄大な自然をあらゆる角度や大きさから映し出しています。
空撮なども駆使して徹底的に美しい情景を切り取ることで、この土地から醸造されるお酒がどれほど美味しくて健康的なのかが伝わってきます。

また自然を映すだけではなく、霧島酒造が作った焼酎を宴席で幸せそうに飲んでいる人々の姿を映し、具体的な説明がなくてもどのようなシーンに霧島酒造の焼酎がマッチしているのかを伝えることに成功しています。

動画の最後に出てくる明朝体のフォントも動画の雰囲気と合っています。
見る人の心を穏やかにしてくれるとともに、霧島ブランドの焼酎を飲んでみたい、むしろ醸造されている現地に行ってみたいと自然と思わせる、まさにブランディングムービーとして成功しているプロモーション動画です。

ネスレ日本

『ネスレ日本』が作成した、受験の願掛けとしてもお馴染みのチョコレート「キットカット」のプロモーション動画です。
「キットカット」の包み紙を折り紙に使っていた少年・少女の淡い恋模様が描かれます。

この動画はプロモーション動画でありながら、ドラマ仕立てになっているのが大きな特徴です。
キットカットは小道具として出てくるだけで商品の説明は一切排除。
広告感がないので、視聴者はドラマを見るような気持ちで動画を見ることができます。

物語の内容も高校生の甘い青春を描いていて、ターゲット層であるティーンからのさらなる共感獲得に成功しています
ティーンだけではなく30代以上にも、学生時代を思い出してしんみりした気持ちにさせてくれるプロモーション動画になっています。

株式会社カインド

(プロモーション動画を探して、その動画を記載。その後、その動画の特徴や動画の目的、効果などを300文字で説明。また、「制作事例」の部分は変えてください。)

動物病院専門の医療機器・医療材料を販売会社「株式会社カインド」のプロモーション動画です。

このプロモーション動画の特徴は、なんと言っても「ドラクエ風アニメーション」になっていること。
誰もがプレイした、もしくは見たことがあるあのドラゴンクエストの画面をパロディー化。
株式会社カインドが取り扱う製品を手にした獣医師たちがモンスターを倒していくというストーリーを見せることで、見た人をクスッと笑わせることができ、医療機器というお堅いイメージを持たれやすい企業に親近感を持たせるのに成功しています。

このような既存作品のパロディー動画の作成は、プロモーション動画ではよく行われています。
ユーザーたちがすでに知っているものをパロディー化することで、新規顧客を獲得を狙っています。

まとめ

プロモーション動画について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

プロモーション動画は、商品やサービスを効果的に宣伝するために必要不可欠であり、高いマーケティング効果も期待できます。

サービスや事業を開始する際にはプロモーション動画を作成してみてはいかがでしょうか。

プロモーション動画ならTSUTA-WORLD

株式会社TSUTA-WORLD

TSUTA-WORLDのおすすめポイント

  • ナレーション費用込み、3D費用込みでも格安料金を実現
  • 構成作家、放送作家、舞台作家などのプロが台本を作成
  • 幅広い場面で活用できる説明特化型アニメ動画

TSUTA-WORLDでは、見た人の9割が商品やサービスを理解できる動画を格安料金で制作しています。

商品やサービス説明に特化した「説明特化型アニメ動画」を得意としており、セミナーやWEB閲覧、商談など様々な場面で活用できます。

テレビやCM制作を手掛けているプロの構成作家・放送作家・舞台作家が台本を作成し幅広い年代が理解できる、伝わりやすい動画にこだわりを持っている制作会社です。

TSUTA-WORLDがおすすめの人

  • 動画制作にかけられる費用が少ない
  • 説明の難しい商材を取り扱っている
  • 幅広い場面で活用できる動画を求めている
公式サイト https://tsuta-world.com/manga/
電話番号 03-6722-6776
住所 東京都港区芝浦2-14-13 MCK芝浦ビル4F
予算感 20万円台から可能
実績 自動バナー制作システムに関するアニメ動画
360VR作成サービスにアニメ動画
アイデア商品靴紐クリップに関するアニメ動画
実績一覧はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事