モーショングラフィックスとは?作り方や効果、参考動画も紹介

モーショングラフィックスを広告などに使用したい!と考えている方は、本記事を参考にすることで、解決できる可能性があります!

実はモーショングラフィックスは、さまざまなジャンルに応じて作ることができる万能性を持っているのです。

本記事では、モーショングラフィックスの作り方や視聴者への効果などをまとめています。

モーショングラフィックスとは? 

モーショングラフィックスとは?企業のロゴに動きを加えて動画に変えることもできたりと、自由度の高い表現が可能なモーショングラフィックス。

柔らかな印象を与えられるだけでなく、図形によっては別の印象を与えることもできます。ニーズに応えたいときや、新規・見込み顧客に向けて新たにプロモーションをしたいときには、ぜひ活用したい表現技法です。

モーショングラフィックスの特徴

モーショングラフィックスは、多くの企業で採用しているマーケティング動画、プロモーションのみならず、少し大きめの駅などのデジタルサイネージにも使用されています。

また、テレビCMやWEB広告などに使われていて、普段よく目にするところにモーショングラフィックスが使われています。私たちが普段テレビで見ているテロップも実はモーショングラフィックスなのです。

モーショングラフィックスのメリット

  1. 動画コンテンツの中でもコストが安い
  2. 自由度が高い表現が可能なため、伝えたい印象を伝えられる
  3. 正確な情報を届けやすい

モーショングラフィックスのデメリット

  1. 作成にコストがかかる
  2. 実写ではないからこそ弱くなってしまう可能性も
  3. テレビアニメのような動きは作れない

モーショングラフィックスの作り方

モーショングラフィックスの作り方

伝えたい魅力を正確にアニメーションに落とし込むために、必要なことは次の2つです。

  • ストーリーを決めること
  • デザインやテイストを決めること

以上の2つは、ソフトを用いて編集をする前に決めておく必要があり、特に今後の期待したい効果によってはわかりやすいストーリーが求められます。
まずは箇条書きに伝えたい情報をアウトプットしてみてから、伝えたい情報にあわせデザインテイストで、絵コンテを書いてみましょう。

ステップ1:制作ソフトのダウンロード

モーショングラフィックを制作するにあたって、パソコンで使用するおすすめのソフトは次の通りです。

無料ソフト

  • AvuUti
  • NiVE
  • Blender

有料ソフト

  • After Effects
  • Apple Motion
  • VEGAS Effects
  • HitFilm pro

詳しい情報は以下のページをクリック!

「パソコンがないから作成できない!」という場合も、諦める必要はありません。

パソコンがなくても、スマートフォン上で作成できるアプリもあるんです。

  • Alight Motion
  • VideoLeap:簡単動画作成・動画編集
  • Pixaloop
  • エフェクトアニメーション-写真加工&動画編集
  • Adobe Premiere Rush
  • iMovie
  • FlipaClip:プロ&初心者向けのアニメ制作

詳しくは以下のページをクリック!

 ステップ2:ソフトの使い方をマスターしよう

モーショングラフィックスを自由に表現するために必要なことはソフトを使いこなすことがなによりです。

本項ではそれぞれのソフトの使い方を簡単に解説しましょう。

AviUtlの使い方

AvUtlは、無料で使うことができ、Corei3などの高スペックとは言い難いパソコンでの使用もできる上に、さまざまな機能拡張プログラムも用意されているため、「無料で使いながら制限なく自由に表現したい」という場合におすすめのソフトです。
アニメーション用の図形を挿入するときは、タイムライン上の空白をクリックし、「新規プロジェクトの作成」→「OK」→「メディアオブジェクトの追加」からアニメーション用の図形の追加ができます。

次のステップは以下の手順で進めてみましょう。

  1. 動かすために開始時点の位置を決める
  2. 移動方法の選択
  3. 終了時間の位置を決める

他にも、クオリティの高いアニメーションを作りたい場合は以下のURLをクリック!

After effectsの使い方

After Effectsはプロ向けとされているソフトで、アニメーションの幅も簡単なものから複雑な表現も作成可能なため、大変人気なソフトです。

アニメーションを作るために、最初に行うことは「コンポディション」と呼ばれる箱を作り、パソコンのフォルダに入っている、使用したい素材ファイルを読み込み(インポート)します。
読み込みが完了したら、「図形にアニメーションを付ける」作業です。簡単に管理をするために、大まかにピンを打っていくのがポイントです。

パペットピンツールで作ったら、次のステップは実際に動かすための「キーフレーム」を2点以上設定することです。
残りの作業は書き出すだけでも、After Effectsの書き出しも少し複雑です。

全体の作業を確認しながら、書き出しまで以下ページで一緒に行ってみましょう。

 番外編:AviUtlとAftereffectsならどっちがいい?

AviUtlとAftereffects、どちらを使うかで悩んでいる場合には、それぞれのポイントや作業環境を比べてより使いやすいと感じたほうや、Adobeなどの関連ソフトを使っているかどうかで決めると良いでしょう。

ステップ3:モーショングラフィックスの特徴を学ぶ

ソフトの使い方を覚えただけでは魅力的なモーショングラフィックスアニメーションを制作することはできません。
特に必要なことは、モーショングラフィックスの多くある特徴をそれぞれ学ぶことです。

数多くある特徴のひとつである「入れられる情報量の多さ」に対して制作するうえでは「短時間で物事を伝えること」が求められますが、初めて制作する場合にはうまくまとめられず、難しく感じることもあるでしょう。
これらも含めて学ぶために、スクールに通う必要はありません。独学でも時間をかけずに学べるのです。参考書や、WEBサイトから学んでみませんか?


詳しくは以下URLをクリック!参考書を7書、ピックアップしました!

ステップ4:素材を集める

次に必要なことは、モーショングラフィックを作るために必要な土台となる「素材集め」です。素材に利用できるものは「著作権フリー」であることが前提でありながらも、作りたいものに合う素材です。つまりバラエティに富んだ素材サイトであれば、素材が見つかる可能性も上がるでしょう。

素材サイトをもっと詳しく知りたい場合には次のページを参考にしてみて下さいね。

この記事はお役に立つかも?

ステップ5:テンプレートを活用する

効率よく作るなら、「テンプレート」を活用しましょう。
テンプレートは2タイプあります。

  • サイトから素材としてテンプレートをダウンロード
  • 作ったループ素材をモーションテキストとして保存する

さまざまな素材サイトがあるように、テンプレートもバラエティに富んでいます。
「効率良く作りたい」方も、以下ページをチェックしてみましょう。

参考にしたいモーショングラフィックスの制作事例

参考にしたいモーショングラフィックスの制作事例

モーショングラフィックスを利用した動画は、マーケティングにおいても幅広い年齢層に自社の魅力のみならず、伝えたい情報を正確に伝えられるものです。

以下のページでは、業界別に事例を紹介しています。世間の企業がどんなグラフィックス動画を作成しているか、見てみませんか?

この記事はお役に立つかも?

かわいい系

おしゃれ系

かっこいい系

モーショングラフィックスの活用事例

モーショングラフィックスの活用事例モーショングラフィックスは、ビジネスシーンでの活用も実は大変多いのです。
会議での作成資料や、営業先での提示資料としても印象的な資料として目立ちますよね。
また、デザインやテイストによっては、企業ブランディングにもなるため採用動画にも使えます。

下記ページにまとめている事例の内、ANAのオリンピック動画はスピード性もあり、ブランディングとしても良い動画だと印象付けられませんか?

広告

これまで制作事例をまとめてきましたが、本見出しは特に運用担当者は必見です!
モーショングラフィックスが広告運用におすすめな理由には、

  • 静止画に比べると印象度は1.7倍も違うという効果
  • 無形サービスでも映像にすることでわかりやすく伝えやすい
  • 短時間で魅力を伝えられる

など、「ブランディング」としても有能なメリットがあるのです。

モーショングラフィックスを活用することで未だ出会ったことのない顧客にも出会える可能性も広がるとも考えられませんか?

商品紹介系

商品紹介をするために静止画を使っている方は、モーショングラフィックを使うことで効果的な宣伝が期待できます。
モーショングラフィックには、「自社の魅力をわかりやすく短時間で伝えることができる」という大きなメリットがありますよね。

短時間で伝わりやすいメリットには、「印象に残る」といった効果や、商品の使い方がわかるなどというような静止画では分かりにくかった面でも伝わるという情報伝達能力があるのです。

自社での制作が難しいなら外部発注

自社での制作が難しいなら外部発注自社での制作が難しいと感じた場合には、外部へ発注をしてみましょう。

外部発注をするには、およその制作費用を知っておきたいところですよね。秒数や、加工手順の条件などをこちらから提示できる情報として、準備する必要があり、制作したい動画の情報によって価格が大きく変わってくるのです。

制作価格

モーショングラフィックスの制作費用は、その表現力の高さから特殊な技法を使っているのではと思われ、「高額」と判断されてしまいがちですが、条件によってはコストは抑えられる可能性も!

主にモーショングラフィックスの制作費用の基準としてあげられることは、「秒数の長さ」ですが、秒数が短ければアニメーションのコストが抑えられるとして、15秒から30秒であれば30万程度で作成が可能です。
詳しくは以下のURLをクリック!

おすすめの会社

自社での制作が難しいときは、制作会社に依頼をしてみませんか?

モーショングラフィックスを利用したマーケティング動画の制作依頼をするときのポイントなど知りたい方は下記をご参照ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事