Yahooのインストリーム広告について紹介|メリットや特徴は?

ジャンルを問わず、さまざまなニュースが配信されているウェブサイト『Yahoo! JAPAN』。
日本人にとって最も馴染みのあるサイトの1つと言っても良いこの通称:Yahoo!では、実はインストリーム広告を配信でき、YouTubeとはまた違った特徴を持っています。
最大手ウェブサイトYahoo!ならではのインストリーム広告とは、どんなものなのでしょうか?
本記事ではYahoo!インストリーム広告について徹底解説します!


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


Yahoo!インストリーム広告の特徴

Yahoo!インストリーム広告はどのように配信され、どんな特性があるのでしょうか?
Yahoo!インストリームの特徴をまとめました。

    それぞれ見ていきましょう。

    動画コンテンツの冒頭や途中に入る

    Yahoo! JAPANでは、トップページを除く、ウェブサイト上のニュース映像などの動画コンテンツの冒頭や途中にインストリーム広告が差し挟まれます。
    即時性の強いニュース配信が多いYahoo!の動画コンテンツでは、多くのニュース視聴者が合わせてインストリーム広告を目にします。

    GYAO!でも配信される

    Yahoo!インストリーム広告は、Yahoo! JAPAN内だけで配信されるのではありません。
    ドラマや映画、バラエティ番組を配信しているサイト無料動画サービス『GYAO!上でもYahoo!インストリーム広告は配信されています。

    GYAO!はYahoo!の手がけるサービスの1つなので、両方のサイトでの配信ができるのです。

    Yahoo!プレミアム広告の一種

    Yahoo!インストリーム広告は、アウトストリーム広告と合わせて、『Yahoo!プレミアム広告』と銘打って配信されています。

    Yahoo!プレミアム広告は画像・映像を用いた多種多様な表現で視聴者を虜にし、視聴者にアクションを起こさせること、言わば広告主が確実に利益を上げることを目標として強く打ち出しています。


    説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    Yahoo!インストリーム広告のメリット

    Yahoo!インストリーム広告のメリット の画像

    Yahoo!インストリーム広告の特徴を紹介しましたが、では、その具体的なメリットはどこにあるのでしょうか?

    Yahoo!インストリーム広告のメリットは、下記の3点が挙げられます。

    2媒体で配信され幅広い層にリーチ

    Yahoo!インストリーム広告は、Yahoo! JAPANだけでなくGYAO!でも配信され、1回出稿するだけで同時に2媒体に広告を配信することができます
    Yahoo!ではニュース映像に、GYAO!ではエンタメ動画に配信されるので、それぞれ視聴者層が異なっていて、幅広い層に自社の動画広告をお届けできます。

    ブランディングにつながる

    Yahoo!インストリーム広告が含まれているYahoo!プレミアム広告は、認知度向上とブランディングを何よりも強く打ち出しています。
    実際にインストリーム広告の視聴完了率は高く、ブランド価値の維持に貢献しています。

    サイトの閲覧者数が多くて目に止まりやすい

    なによりも一番のメリットは、Yahoo!自体の閲覧者数が多いことに起因します。
    インターネットにほとんど触れたことがない人でもYahoo!という名前とサイトの存在は知っており、インターネットをやったことが少しでもある人なら必ず一度はYahoo! JAPANに訪れています。

    日本のインターネット利用者のほぼ全てがアクセスするサイトであるだけに、そのサイトで配信されるインストリーム広告はとても目につきやすいです。


    従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


    Yahoo!インストリーム広告で効果を出す方法

    Yahoo!インストリーム広告で効果を出す方法 の画像

    ここまで読んで、「ウチの会社でもYahoo!にインストリーム広告を出稿したい」とお考えになった方、そんな方々のためにこのメリットいっぱいのYahoo!インストリーム広告でさらに効果を高める秘訣をお教えします。

    下記の点に気をつけて広告を作成しましょう!

    目的を明確にする

    動画は、“引き算のメディア”だとお考えください。
    あれもこれもと静止画広告のように詰め込むと、動画広告はたちまちわかりにくいものとなってしまいます。
    そのため、入れる情報を絞りましょう。
    情報を絞るには、「この動画は何のために作るのか」という“動画の目的”を常に明確にすることがなによりも大切です。

    ターゲティング をする

    Yahoo!では、どんな閲覧者に広告を配信するかを『ターゲティング』機能である程度絞り込むことができます。
    趣味・サイト訪問履歴などさまざまなカテゴリでターゲティングをすることができるので、このターゲティングをしっかり行い、確実にターゲット層となる閲覧者に広告を届けるようにしましょう。

    スマホで見られる30秒以内に収める

    みなさまがスマートフォンでYahoo! JAPANにアクセスするように、多くの人々がスマホでYahoo!にアクセスしています。
    スマホユーザーは長い動画を見たがらないので、動画は彼らもストレスを感じることなくさっと見られる30秒以内を意識しましょう。

    また、広告単価も 6秒:1.67円〜/View、15秒:2.0円〜/View、30秒:2.4円〜/View となっていて、30秒未満であれば安く済みます。

    視聴者を裏切る

    多くの動画広告が商品やサービスの説明に終始していて、ほとんど視聴者の印象に残りません。
    視聴者を惹きつけるのであれば、何か予想外の展開を入れて視聴者を裏切ることが大事です。
    インストリーム広告は自動で再生されて、かつYahoo!では視聴者が購買行動=アクションを起こすことを目標としているため、ユニークな広告を作って視聴者の度肝を抜きましょう!


    わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


    まとめ

    Yahoo!インストリーム広告についてその特徴、メリット、効果を出す方法について解説をしましたが、いかがでしたでしょうか?

    Yahoo! JAPANは日本最大級の知名度と規模を持つウェブサイトであり、この巨大な媒体をうまく利用すれば、かなり利益を上げられるはずです。
    その中でもインストリーム広告はブランディング・認知度向上・アクションを起こさせることを掲げているので、ぜひYahoo!にインストリーム広告を出稿してみましょう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事