【2021年版】YouTubeコンサルタントの費用の相場を徹底紹介!

YouTubeを使ったプロモーションやマーケティングを検討中の企業のみなさまの中には、「YouTube戦略に詳しい『YouTubeコンサルタント』を活用したい」と考えている方もいるでしょう。

ただ、彼らの力を借りる上で、

  • コンサルティングにどれぐらいの費用がかかるのか?
  • コンサルティングの範囲によって費用はどれくらい変動するのか?

    というお金の面は気になるのはないでしょうか。
    費用がわからない以上、コンサルタントに仕事を依頼できませんよね。

    この記事を読めばわかります!

    この記事では、YouTubeコンサルタントの活用を考えている企業の担当者に向けて、コンサルティングに対して支払う費用について詳しく解説していきます。


    説明用・PR用の動画を検討されている方へ


    YouTubeコンサルティングの種類

    YouTubeコンサルティングの種類 の画像

    YouTubeコンサルタントの活用にかかる費用を解説する前に、前提知識として彼らが具体的に何をコンサルティングするかを知っておく必要があります。

    YouTubeコンサルタントは、クライアント企業に対して以下2種類のコンサルティングを行います。

    チャンネル運用コンサルティング

    企業のYouTubeチャンネル運用をコンサルティングします。

    具体的には、

    • チャンネル内に投稿していく動画の企画
    • 動画の制作と編集
    • チャンネルの分析と効果測定
    • PDCAサイクルを回しチャンネルを育てる

    と、企業のYouTubeチャンネル運営に関する業務を代行したり、アドバイスをしたりします。

    広告運用コンサルティング

    YouTubeには動画内にTV-CMのような動画広告が流れていますが、この動画広告の運用をコンサルティングします。

    具体的には、

    • 動画広告出稿の手続き
    • 動画広告の実制作、編集
    • 動画広告の分析、効果測定
    • PDCAサイクルを回して次の動画広告を制作する

    と、企業がYouTubeに配信する動画広告に関する業務を代行したり、アドバイスをしたりします。


    伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


    YouTubeコンサルタントにかかる費用

    YouTubeコンサルタントにかかる費用 の画像

    YouTubeコンサルタントのコンサルティング業務には「チャンネル運用コンサルティング」と「広告運用コンサルティング」との2種類があることを解説しましたが、どちらをコンサルティングしてもらうかによって企業が支払う費用は変わります。また、どこまでを担当してもらうかによっても費用は変わります

    ここからは、チャンネル運用コンサルティング・広告運用コンサルティングそれぞれの費用感を、範囲別に紹介していきます。

    チャンネル運用コンサルティングの場合

    チャンネル運用コンサルティングの場合は、費用は基本的に月額請求となり、具体的な額はコンサルタントの対応範囲別に変わってきます。

    おおよそ以下3パターンとなっています。

    すべてをコンサルしてもらうなら:月20〜100万円

    上記の企画〜PDCAサイクルを回してチャンネルを育てるまで、チャンネルに関するすべてをコンサルティングしてもらう場合、月20〜100万円の費用がかかります。

    高額ですが、企業側は自分でYouTube運用を勉強する必要がなくなり、動画制作も代行してもらえるので、とても楽です。

    これから初めてYouTubeチャンネルを開設しようと考えている企業は、すべてをコンサルティングしてもらうのも方法の1つと言えます。

    運用のみコンサルしてもらうなら:月10〜30万円

    動画制作は自社で行い、チャンネルの分析や効果測定、改善案の提案など運用面のみをコンサルティングしてもらう場合は、すべてをコンサルティングしてもらう場合より、当然費用は安くなります。

    大体、月10〜30万円ほどで収まります。
    動画を作ることができる人材や環境が揃っている場合は、YouTubeの実際の戦略に密接に関わる運用面のみをコンサルティングしてもらうのも良いでしょう。

    動画制作のみコンサルしてもらうなら:1本約4〜15万円

    運用や分析は自社で行い、動画制作のみをYouTubeコンサルタントにコンサルティングしてもらうこともできます。
    その場合、費用は月額計算ではなく1本の動画当たりとなり、1本制作につき約4〜15万円を支払うことになります。

    広告運用コンサルティングにかかる費用

    広告運用コンサルティングの場合は、チャンネル運用時とは違って、月額での支払いにはなりません
    動画広告を配信した場合の運用額(=広告運用にかけるお金)が基本となり、費用形態はおおよそ以下の3パターンとなっています。

    すべてをコンサルしてもらうなら:運用額の数割+1本当たり費用

    動画広告の企画〜PDCAサイクルを回して新たな動画を作るまで、すべてをコンサルティングしてもらう場合は、運用額の20%、30%など一定の手数料に1本当たりの動画制作費用がかかります。

    たとえば50万円を運用額とする場合、20%なら10万円が手数料としてYouTubeコンサルタントに支払われ、動画制作費用が30万円なら、10万+30万=40万円が彼らの手元に渡ります。

    運用のみコンサルしてもらうなら:運用額の数割

    動画制作は自社で行い、広告出稿手続きや分析など運用面のみをコンサルティングしてもらう場合は、運用額から一定の手数料を支払うだけで済みます。

    すべてをコンサルティングしてもらうよりも費用はかなり安くなるでしょう。

    動画制作のみコンサルしてもらうなら:1本30〜100万円

    運用面は自社で行い、動画広告のみをコンサルティングしてもらうこともできます。
    その場合は、チャンネル運用と同じように動画制作1本当たりで費用を支払うことになります。

    動画広告の制作にはそれなりにお金がかかり、動画1本につき約30〜100万円を支払うことになります。


    説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    スポット対応のみならもっと安くなる

    YouTubeコンサルタントを活用する場合、どれくらいの費用がかかるかを解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

    もし予算が少なくてチャンネル運用する上で月額での支払いが難しい場合、広告運用の際に何度もコンサルを頼むのが難しい場合は、スポット(単発)でのコンサルも彼らは受け付けています。

    スポット対応の場合は、チャンネル運用なら費用は約1/10で済み、広告運用なら1回上記の額を支払うだけで済みます。

    YouTubeコンサルタントの知見を借りて、YouTubeで効果的なマーケティングをしていきましょう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事