YouTubeマーケティングに成功した事例5選

今、動画サイト『YouTube』を使ったマーケティングが盛んに行われています。
あらゆる企業が動画広告を制作してYouTube内で配信したり、自社のチャンネルを開設して動画を投稿し、オウンドメディアとして活用したりしています。

この流れを見て、「我が社でもYouTubeマーケティングを始めたい」と考えている方も多くいるでしょう。

ただ、始めるに当たって「実際にどんな成功事例があるか?」という点はとても気になるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、YouTubeマーケティングに興味がある企業のみなさまに向けて、
「YouTubeマーケティングの実際の成功事例」を、「YouTubeマーケティングを行うメリット」と合わせて豊富に紹介していきます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


YouTubeマーケティングのメリット

YouTubeマーケティングのメリット の画像

実際の事例を紹介する前に、まずは『YouTubeマーケティング』のメリットを解説します。
YouTubeマーケティングを行うことで、企業は主に下記のようなメリットを得ることができます。

広告出稿コストがTV-CMより安価

TV-CMは放送枠によっては数百万円の出稿費用がかかります。

一方でYouTubeの動画内に配信する動画広告(インストリーム広告)は、1本単価がおおよそ2円〜30円の範囲に収まっていて、かなり安価となっています。

しかも、秒数が長い動画広告は、30秒以上再生されないと広告費が発生しません。
広告予算の少ないスタートアップや中小企業でも、簡単に動画広告を出稿できるようになっています。

自社チャンネルがあればファンができる

動画広告配信以外にも、YouTubeなら「自社の公式チャンネルを持つ」というマーケティング方法を取ることもできます。

自社チャンネルでオウンドメディアのように有益な情報を動画にして配信していけば、企業は信頼感が増し、ファンが増え、やがて楽しいコミュニティができあがります。

SEOによってターゲティングできる

YouTube内でも、GoogleやYahoo!などの検索エンジンと同様にSEO対策をすることができます。

視聴者はYouTube内の検索窓に文字を打ち込んで動画を探します。
動画のタイトル・概要欄に検索にかかりそうなワードを入れたり、ハッシュタグを入れておけば、視聴者に見つけてもらえる上に、動画を見て欲しい人々(ターゲット)をある程度絞り込むことができます。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


YouTubeマーケティングの成功事例5選

YouTubeマーケティングの成功事例5選 の画像

YouTubeマーケティングのメリットをご認識いただいた上で、ここからは、実際にYouTubeではどんなマーケティングが行われているか、成功事例を紹介していきます。

ここに挙げる企業はすべてYouTubeによって認知度を高め、多くのファンを獲得しています。

マコなり社長(TECH CAMP)

マコなり社長(TECH CAMP) の画像

登録者数90万人(2021年3月現在)を誇るYouTuber『マコなり社長』は、「TECH CAMP」というプログラミングスクールを運営している会社・株式会社divの代表取締役です。

自身がYouTuberとして出演し、人生哲学やビジネス成功の方法を語って人気YouTuberとなることで、TECH CAMPの会員数を大幅に増やしました。

『マコなり社長』のチャンネルを見に行く

Go Pro(ゴープロ)

Go Pro(ゴープロ) の画像

『Go Pro(ゴープロ)』は登録者数1000万人以上を集めている世界的なYouTubeチャンネル。

頭の上につけて撮影者の視点からの光景を映せるカメラ「Go Pro」のプロモーションとして開設されたチャンネルです。
数多くのアスリートやカメラマンがGo Proを使って撮影した、通常のカメラでは絶対に撮影することのできない迫力に満ちた視点ショットを公開していて、Go Proの認知度拡大と売上に貢献しています。

『Go Pro(ゴープロ)』のチャンネルを見に行く

シネマトゥデイ

シネマトゥデイ の画像

『シネマトゥデイ』は、登録者数200万人以上。
同名映画情報サイトのオウンドメディアで、毎日のように近日公開映画の予告や映画の見所を特集した動画を配信しています。

ここだけでしか見られない俳優の単独インタビューや映画監督のライブ配信などコンテンツの種類も豊富で、映画ファンの一大コミュニティとなっています。

『シネマトゥデイ』のチャンネルを見に行く

足つぼ Yutaka

足つぼ Yutaka の画像

『足つぼYutaka』はリラクゼーションサロンを経営するYouTuber・ゆたか氏による足つぼマッサージに特化したチャンネルです。

延々と足つぼをマッサージする光景を映して眠気に誘われたり、なんだか心地よくなる視聴者が続出していて、サロンの宣伝として大いに効果を発揮しています。

『足つぼYutaka』のチャンネルを見に行く

不動産投資の楽待[RAKUMACHI]

楽待 の画像

株式会社ファーストロジックが運営する不動産投資サイト「楽待」は、オウンドメディアとしてYouTubeを活用しています。

不動産投資は専門知識が多く文章を読むだけではなかなか理解しづらいですが、チャンネルを作って動画によって解説することで理解しやすくなり、不動産投資に対しての不安感の払拭も果たしています。

『不動産投資の楽待[RAKUMACHI]』のチャンネルを見に行く


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


YouTubeマーケティングに使える動画はTSUTA-WORLDへ

いかがでしたでしょうか?

もしYouTubeマーケティングを行う上でアニメーション動画が必要になったら、『TSUTA-WORLD』に制作をご依頼ください!

TSUTA-WORLDの画像

TSUTA-WORLDは商品・サービスの説明に特化したアニメ動画を制作していて、
特に「わかりやすさ」には定評があり、3冠を獲得した実績もあります。

3冠獲得 の画像

TSUTA-WORLDなら動画マーケティングに最適なアニメーション動画を制作できますので、気になった方はぜひ、TSUTA-WORLDにご相談ください!

TSUTA-WORLDのHPへ行く

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事