【広告運用者必見】広告には動画を活用すべき5つの理由

広告は多種多様。

インターネット上に限定してもバナー広告・ダイレクトメール(DM)・リスティング広告など、数多くの広告があり、それぞれの特徴にあった宣伝活動が行われています。

そのなかで今、特に広告に活用すべきなのは『動画』です。

これからの時代、『動画広告』こと動画による広告宣伝活動は、これまでのどの種類の広告よりも成果を上げてくれる可能性があります。

本記事では、特にいまいち広告成果を上げられていない企業の広告担当者に向けて、

  • 広告に動画を活用するべき理由
  • 動画広告が活用できるシーン

    紹介していきます。


    説明用・PR用の動画を検討されている方へ


    広告に動画を活用するべき理由5つ

    広告に動画を活用するべき理由5つ の画像

    企業が宣伝活動を行うときは通常、複数の種類の広告を制作して活用していきますが、なぜ今、特に『動画』を広告として活用すべきなのでしょうか?

    広告に動画を活用するべき理由は、下記5点にあります。

    商品・サービスの内容がわかりやすく伝わる

    動画広告は、写真(or イラスト)と文章だけで構成されている静止画広告と比べて、商品・サービスの内容がはるかにわかりやすく視聴者に伝わります。

    たとえば、動画広告では商品を実際に使用している光景をそのまま見せることもできるので、静止画広告より商品・サービスへの理解度が格段に高まります。

    BGMや、テロップを印象的に出せるのも、静止画にはない動画のわかりやすさを向上させてくれる特長です。

    拡散性が高い

    動画広告は、静止画広告よりもSNS上など広範囲で拡散される可能性が高いです。

    動画は、映像と音によって静止画よりも人の目を惹きつける性質があるので、動画広告を見ると、人はシェアをしたくなります。

    伝えらえれる情報量が多いから

    一説によると、1分間の動画広告で伝えられる情報量は、Webページ約3600枚分に相当するといわれています。

    動画広告は他の広告よりも制作コストはかかるかもしれませんが、費用対効果はとても大きく、短い時間の中で商品やサービスの魅力をたくさん伝えられます。

    売上拡大に貢献する

    動画広告は集客・商品説明・購入意欲促進、すべての機能を担うので、広告に動画を積極的に活用していくことで、企業は売上を拡大することができるでしょう。

    これからの時代、動画広告は企業にとって必須アイテムです。

    さまざまなシーンに使える

    動画の使用用途は、単に商品・サービスの説明に留まりません。

    企業活動において大事なブランディングや人材募集などにも広告として活用でき、その用途は幅広いです。

    具体的にどんな活用シーンがあるか、次の項で詳しく説明します!


    伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


    この記事はお役に立つかも?

    動画広告が活用できるシーン

    動画広告が活用できるシーン の画像

    広告に動画を活用するべき理由を説明しましたが、では実際に動画広告はどのようなシーンで活用できるのでしょうか?

    ここからは、広告としての動画の活用シーンを紹介していきます。

    商品・サービス説明

    一番多い用途は、『商品・サービスの説明』です。

    ここまでで述べてきたように、動画は静止画よりもわかりやすく拡散性・情報性も高いので、商品やサービスの特長が視聴者にしっかりと伝わります。

    実際に、現在、多くの企業が商品説明を動画で行っています。
    下記はその一例です。

    会社説明

    動画はまた、会社の事業内容を説明するのにも向いています。

    企業によってはかなり複雑な事業を行っているので、口頭や紙資料で説明しただけではどんな事業なのかがわかりません。

    動画なら、下記の実例のように事業内容が見ただけですぐにわかるようになります。

    ブランディング

    ファンを作り、人々に自社や自社ブランドに対して特定のイメージを持ってもらう『ブランディング』は、宣伝活動の中でも難しいものの1つです。

    動画ならこのブランディングもグッと行いやすくなります。
    ブランドの理念やコンセプトは、印象的なテロップの出し方で伝えられますし、動画の雰囲気やカラーによっても特定のブランドイメージを視聴者に沸き起こさせることができます。

    人材募集

    広告としての動画は、対顧客だけではありません。

    ほとんどの企業が人材募集をする際に就職サイトなどに求人広告を掲載したり自社の求人サイトを立ち上げます。

    動画を掲載すれば企業の事業内容が求職者に伝わりやすくなるので、企業の成長に大きく貢献してくれる優秀な人材が応募してくれるようになります。


    説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    まとめ

    広告に動画を活用するべき理由と、その具体的な活用シーンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

    動画広告を使えば今よりもグッと宣伝活動がやりやすくなり、成果も上がるでしょう。

    なお、本記事内で挙げた動画事例はすべて『TSUTAーWORLD』が制作した動画です。
    「わかりづらいことをわかりやすく伝える」に主眼を置いている動画広告のエキスパートですので、動画の広告活用に興味をお持ちの方、ぜひ『TSUTA-WORLD』までご依頼を!

    動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

    お客様から次のようなお声をいただいています。

    TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
    ・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
    ・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
    ・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
    ・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
    ・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

     

    お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

    得意な業種・ジャンル

    製品説明動画、教育動画、会社説明動画

    得意な業種
    ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

    得意な分野
    企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

    VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

    「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
    動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

    動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
    株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹