動画を活用した集客を解説!大きな効果を得るためのポイント

動画マーケティングはたくさんの企業や個人が導入しているので、興味を持つ人が多いかもしれません。

しかし動画マーケティングを試したことがなく、メリットや方法が分からずに困っている人もいることでしょう。

動画マーケティングの初心者の人は、ぜひご覧ください。

Web集客に動画活用がおすすめ


マーケティング施策の中でも動画を活用する方法を、「動画マーケティング」といいます。

動画マーケティングとWeb集客は非常に相性がいいです。

動画マーケティングのメリット


ここでは、動画マーケティングの3つのメリットを紹介します。

  • 画像では伝えられないニュアンスを伝えられる
  • CV(コンバーション)率のアップが見込める
  • 検索エンジンに上位表示される可能性がある

画像では伝えられないニュアンスを伝えられる

動画マーケティングは、画像だけでは伝えられない内容をユーザーに伝えられることがメリットです。

文章だけで強弱の力加減を表現しても、具体的にどの程度なのかを伝えるのは難しいでしょう。

動画の場合は、細かいニュアンスまで視覚的に伝えられるのでより伝わりやすくなります

YouTubeの動画を視聴していると、テロップが入っていることが多いですよね。

テロップに注目して視聴をしていると、色が違っていたりフォントが違っていたりすることに気づくと思います。

このようなテロップを作ればクリエイターの感情を視覚的に伝えられるので、より臨場感がある動画になるのです。

CV(コンバーション)率のアップが見込める

動画マーケティングの活用によって、CV率のアップが見込めます。

動画はユーザーが商品やサービスの特徴を理解しやすくなります。

特徴的な言葉や音楽と合わせて商品のプロモーションを行えば、ユーザーにより強い印象を与えられるでしょう。

検索エンジンに上位表示される可能性がある

ユーザーのニーズに合わせた動画を提供することで、検索エンジンに上位表示される可能性が高まります。

検索エンジンに上位表示をされると多くのユーザーの目に留まるので、さらなる集客が見込めます。

動画マーケティングをする際の注意点


動画マーケティングは基本的にユーザーへの訴求が主な目的なので、ただ自分好みの動画を作ればいいわけではありません

いくつかの注意点があります。

最初にユーザー層を設定すること

動画マーケティングをするときに、最も大事なのがユーザー設定です。

ターゲットユーザーを決めていなければ、伝えたい情報に一貫性がなく曖昧な内容の動画になります。

商品をどの程度検討しているのか、または住んでいる地域や年齢、趣味などから、動画を視聴するユーザーを想定することもあります。

情報を詰め込まないこと

動画を作成するときは、情報を詰め込み過ぎないようにしましょう。

動画には短い時間でたくさんの情報を取得できる特徴があるので、多くの情報を入れたいと思います。

しかし動画で得られる情報が多すぎると何が重要か分からないので、ユーザーが正しく情報を受け取れません。

ユーザーに情報が伝わらなければ訴求力が弱まり、動画マーケティングの効果が低下してしまうかもしれません。

動画マーケティングを行うのなら、伝えたい情報を整理して優先順位を決めるといいでしょう。

低コストな動画制作会社を選ぶこと

自社で動画を作成するのは大変なので、多くの場合は動画制作会社に依頼をすると思います。

動画マーケティングでは、低コストで動画の製作が可能な会社がおすすめです。

とくに最初の動画はあまり予算をかけずに、作成して効果が大きくなりそうな場合は2本目以降を作成するといいでしょう。

PDCAサイクルを回すこと

PDCAサイクルを回すことは、マーケティングの基本になります。

動画マーケティングにおいても、PDCAサイクルを回すのは同じです。

動画のクリック率や再生回数などから、ユーザーニーズが高い動画を分析しましょう。

ユーザーの視聴維持率も、忘れてはならないポイントです。

動画の内容に不要なものを見極めたり動画の尺を決定したりするうえで大切なので、視聴維持率にも注目してください。

「販売目的」か「知名度向上」か目的を明確にする

動画マーケティングで目的を明確にする必要があるのは、目的によって戦略が異なるからです。

動画で商品やサービスを紹介する場合、「見えない部分をいかにして伝えるか」が重要になります。

例えば、動画の目的が知名度の向上であるのなら、ひとつのSNSだけに絞らずにほかのSNSにも投稿することで、知名度の向上に繋がります。

集客を動画で行う際のステップ

動画の集客は、構成からPDCAサイクルを回すまでのステップが重要です。

  1. 分かりやすい内容にする
  2. 可能なら顔出しをする
  3. サムネイルを工夫する
  4. 定期的に更新する

4つのステップを詳しく解説します。

1.分かりやすい内容にする

動画は分かりやすく簡潔な内容にします。

専門的な内容が分かるユーザーに向けて動画を出しているのなら、多少の専門用語を使っても問題はないかもしれません。

しかし、初心者や専門的な内容を知らない人が相手なら、専門用語を使わないか、用語の説明が必要になります。

複雑な内容はユーザーが離脱する原因になるので、できるかぎり分かりやすい内容にするといいでしょう。

2.可能なら顔出しをする

動画に顔出しをした方が、知名度や信頼度の向上に繋がります。

人間の五感による知覚の割合は、視覚が最も多いと言われています。

イラストや写真を使っているコンテンツは、不信感を与えてしまうリスクがあるため、可能であれば顔出しするといいでしょう。

3.サムネイルを工夫する

動画一覧の画面や、動画を再生する前後に表示される画像のことを「サムネイル」といいます。

YouTubeのような動画投稿SNSで動画を視聴する人は、サムネイル画像を見て視聴をするか否かを判断しています。

サムネイルは、ユーザーに動画を視聴してもらうための要といっても過言ではありません。

彩り豊かなサムネイルを作るのもいいですが、何をしている動画なのかを一枚の静止画で伝えることの方が大事です。

再生回数が多い動画はどのようなサムネイルを設定しているのか、参考にするといいでしょう。

4.定期的に更新をする

動画を定期的に更新することは、ユーザーとの関係を築いていくうえで重要になります。

更新される日時が分からないとユーザーは定期的に見に来てくれないので、集客に繋がりにくくなります。

毎日企画を考えて動画の撮影をするのは大変ですから、一度に複数の撮影を行って、ストックを投稿していく方法がおすすめです。

ひとつの動画は長くても15分以内にまとめて、分かりやすいコンセプトを設定すれば、動画を投稿する側の負担も軽減できます。

まとめ

動画マーケティングでは、ユーザーのニーズを考えながらPDCAサイクルを回すことが大切です。

訴求力が高いコンテンツを作るには、相手が求めているものを理解する必要があります。

まずはターゲットユーザーを設定して、ユーザーが求める動画を作ることで集客に繋がるでしょう。

動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

お客様から次のようなお声をいただいています。

TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

 

お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

得意な業種・ジャンル

製品説明動画、教育動画、会社説明動画

得意な業種
ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

得意な分野
企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹