【制作会社直伝】動画が活用できる7つのシーン

事業の運営・広告宣伝・営業など、一口に「ビジネス」と言っても、その中には多くの現場(ビジネスシーン)が存在します。

これからの時代は、ビジネスにおいて『動画』をフルに活用していくことが重要になっていきます。
『動画』はさまざまなビジネスシーンに活用することができ、うまく使えば会社の売上も上がるでしょう。

でも、なぜそう言い切れるのでしょうか?

本記事では疑問を抱いたみなさまのために、

  • 動画とビジネスの相性の良さ
  • 動画を活用できるビジネスシーン

を紹介していきます!


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


『動画』とビジネスの現場の相性の良さ

『動画』とビジネスの現場の相性の良さ の画像

『動画』はビジネスの現場とどうマッチングするのでしょうか?
動画を活用すると、主に下記のようなメリットを得ることができます。

物事をわかりやすく伝えられる

商品やサービスなど、商材を顧客にプロモーションするときは、その商材の中身を消費者に理解してもらう必要があります。

ただ、商材のなかにはとても説明が難しいものもあります。
動画広告は、映像がついていることで商材を実際に使用したとき、導入したときのシミュレーションをリアルに伝えることができ、BGMやテロップによって聴覚も刺激するので、商材の中身をはるかにわかりやすく伝えることができます。

営業代行ツールになる

動画は営業パーソンが営業をかけるときにも有効です。

営業パーソンに大切なのは、商品やサービスの魅力を上手に相手に伝えるプレゼン能力です。
でもその能力の程度は人によって違うので、人が違えば取れるはずだった契約を取り逃がしてしまうこともあります。

動画なら営業パーソンごとのプレゼン能力のムラは発生せず、いつでも一定のプレゼンができます。
タブレットに入れて動画を持ち運び、相手に見てもらえば、プレゼンに自信の無い営業パーソンも契約をどんどん取れるようになるでしょう。

認知度が上がる

動画は、配信した企業やその企業の商品・サービスの知名度を上げる効果もあります。

動画は、動きと音がついているため静止画広告よりずっと記憶に残りやすく、目にも留まりやすいです。
さらに1本制作すればさまざまなSNSで配信でき、その目に留まりやすさによって拡散もされやすいので、多くの人々に情報が行き渡ります。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


『動画』を活用できるシーン7つ

動画を活用できるシーン7つ の画像

動画とビジネスは非常に相性が良いことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

では、動画は具体的にどのようなビジネスシーンで活用していけるのでしょうか?
ここからは、動画を活用できるビジネスシーンを紹介していきます。

営業やプロモーションにおける商品の説明

動画が一番多く活用されているシーンは営業はプロモーションの現場における「商品説明」です。

静止画広告は写真・画像と文章のみなのでどうしても商品の使用感など実際のイメージがつかみにくくなってしまいます。

動画なら商品の使用シーンや使用手順を再現することができるので、顧客は商品のイメージをつかみやすくなります。

下記は動画による商品説明の一例です。

営業やプロモーションにおけるサービスの説明

動画は、「サービス」の説明にも活用できます。
たとえばITシステムなどは、商品のような「形」がありません。
このような「無形サービス」は、内容も難しくどれも似たり寄ったりに見えてしまうので、顧客に口頭で特長を伝えるのはとても大変です。

でも動画なら、下記の事例のように映像やテロップを使って、複雑なサービスの特長をわかりやすく伝えられます。

会社説明

動画は会社の事業内容の説明にも活用できます。

ほぼすべての企業に「同業他社」が存在するので、企業は自社に顧客を獲得するためには、自社がどんな企業で、どういった特長があるのかを伝えなければなりません。

そこで、動画なら会社の事業内容をわかりやすく相手に説明できます。
会社説明動画はIRや株主総会でも説明に有効です。

人材採用

企業が人材募集をするときは、求人サイトに採用ページを掲載したり、自社で採用専用のサイトを開設するのが一般的ですが、ただ情報を載せただけでは同業他社との違いがいまいち伝わりません。

また、自分の会社より規模の大きい会社の方がどうしても目立ってしまうので、優秀な人材はなかなか応募してくれません。

動画は求人募集にも活用でき、動画の雰囲気によって会社がどんな人材を求めているか、自社がどれほど良い会社なのかを求職者にアピールできます。
動画があることで目立つので、優秀な人材が応募してくれやすくなるでしょう。

ブランディング

社会的意義のある企業だと人々に思わせる、自社ブランドに対して特定のイメージを抱かせるという『ブランディング』にも活用できます。

口頭やウェブサイトの静止画+文章だけではブランドイメージはなかなか定着しませんが、動画なら企業やブランドのコンセプトを映像・BGM・テロップの出し方によってエモーショナルに伝えられるので、ブランドイメージ定着に貢献します。

下記の『発酵ジンジャーエール』は、動画のゴージャスな雰囲気も相まってブランディングに成功した一例です。

従業員へのマニュアル・ルール説明

動画は、対顧客・消費者だけでなく、社内で従業員向けにも活用もできます。

社内業務には多くの場合「マニュアル」があり、近年はコンプライアンスも厳しくなっているので、遵守すべき「ルール」の説明もしなければいけません。

動画ならマニュアルやルールを映像を使ってシミュレーションしながら伝えられるので、文字をずらずらっと並べた冊子にして伝えるよりも、ずっと社内理解が速いです。

キャンペーンの周知

特にB to Cビジネスを行っている企業は、特定の時期にお得なキャンペーンを行うことがあります。

動画はキャンペーン内容の告知や周知にも有効です。
ウェブサイトに載せただけでは見過ごされてしまいがちですが、動画にすれば消費者にとってとてもお得な特典・キャンペーンを効率良く周知することができます。

下記は、植毛サービスのキャンペーン告知動画です。
どんな特典を受けられるか、動画になったことで非常にわかりやすくなっています。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


まとめ

動画が活用できる数々のビジネスシーンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

動画を活用すれば「わかりにくいことがわかりやすく伝わる」ので、ビジネスが有利に進められ、結果として企業の売上が上がります。
積極的に動画を活用していきましょう。

また、本記事で紹介した動画はすべて『TSUTA-WORLD』が制作した動画です。
『TSUTA-WORLD』は、「わかりやすい物事をわかりやすく伝える」をコンセプトにさまざまなビジネスシーンに活用できるアニメーション動画の制作を行っている制作会社です。

「こんなビジネスシーンに使える動画を作りたい」とお思いの企業のみなさま、
物事をわかりやすく伝えるプロである『TSUTA-WORLD』にぜひ制作をご依頼ください。

動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

お客様から次のようなお声をいただいています。

TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

 

お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

得意な業種・ジャンル

製品説明動画、教育動画、会社説明動画

得意な業種
ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

得意な分野
企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹