プロモーション動画の作成で気を付けることは?

プロモーション動画は、多くの企業で活用されています。

自社の商品やサービスの魅力、それらの活用方法を手軽に提示できる方法として。プロモーション動画は取り入れたいもののひとつとなっています。

今回は、プロモーション動画を作成する時のポイントやコツを解説していきます。

プロモーション動画とは?

プロモーション動画とは?

プロモーション動画には活用方法があるのか、どんな効果があるかをここでは解説していきます。

活用方法を理解しておくことで、作成する時のヒントになります。プロモーション動画の役割は、大きく分けて下記の3つです。

  • サービスの紹介
  • 集客ツール
  • 端的に情報を伝えるもの

ひとつひとつ具体的にみてきいましょう。

サービスの紹介

自社が、顧客に提案したいものが目に見えない「サービス」だった場合、紙ベースだと伝わりにくくなります。説明も難しく、尚且つ、目に見えないものを提示する際にに活用できるのが、プロモーション動画です。

セキュリティ、システム、観光、飲食などは、プロモーション動画を活用することで、サービスの紹介以上の効果を期待することが出来ます。

集客ツール

自社の商品やサービスの魅力を効果的に伝えられるプロモーション動画は、集客ツールとしても重宝できます。

SNSなどをうまく取り入れてプロモーション動画を発信すると、それを気に入った顧客やインフルエンサーが新たな発信源となり、どんどん広がりネットワークが構築されるのです。口コミやリツイートという仕組みについてもしっかり理解しておきましょう。

端的に情報を伝えるもの

プロモーション動画は、「要点を押さえて、分かりやすい」情報を伝えることのできるツールです。

あやふやでわかりにくいものではなく、顧客に対してわかりやすく、自社の商品やサービスのそのものの内容を明確に伝えるものとして、プロモーション動画を活用することは重要です。

ここまで、プロモーション動画とは何か、どんな活用方法や効果があるのかを解説してきました。ここからは、作成するときに気を付けたいことを解説していきます。

コツやポイントを理解して、自社にとって魅力的なプロモーション動画を作り上げるヒントになりますよ。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


プロモーション動画の作成で気を付けること

ポイント

プロモーション動画を作成して発信した際、自社が伝えたかったメーセージが顧客にうまく伝わっていないという経験はありませんか?だからこそ、ポイントを押さえて作成することが必要です。

プロモーション動画の作成で気を付けたいことやポイント、コツがいくつかあります。

目的を明確にする

プロモーション動画を作成するというのは、マーケティング活動のひとつです。

どんな目的をもって、プロモーション動画を作成するのか、目的やゴールを明確にしておかなければ動画の内容がきちんと定まりません。最初に、目的を明確にして、作成メンバー全員に共有・理解を促しておくことが大切です。

ターゲットをはっきりさせる

上記の目的と同様に、「誰に」情報を伝えたいのかを明確にする必要があります。

広く届けることも可能ですが、ピンポイントにターゲットを絞ることは、プロモーション動画の内容も分かりやすいものになるのです。

短く見やすい動画にする

動画広告やPR動画は、紙ベースに比べると情報量が膨大です。動画だからこそ、短く端的に情報を伝えることに気を配らなければなりません。

視聴者が「長い」と思うプロモーション動画は、「長い」という印象だけが目立ってしまい、伝えたかった情報が伝わらない可能性があります。短く見やすい動画は、印象に残りやすく情報も共有できる効果があるのです。

起承転結をつける

人は、意味のないものには興味を持ちません。

淡々とした動画などは、着地点が見えず、「結局何が言いたいの?」と、途中で離脱してしまう可能性が出てきます。ストーリー性があり、起承転結をつけることで、興味を惹くことができ、最後まで視聴してもらえるのです。

機能や技術のみを紹介しない

上記で「起承転結をつける」ことの重要性を解説しました。

淡々としてゴールの見えない動画は、目の肥えた視聴者にとって「つまらない」という印象しか残せないのです。機能や技術の魅力を伝えたい場合でも、それだけを見せる動画では印象や情報が視聴者に頭や心に残りません。ストーリー性を持たせる工夫が必要になります。

実際に使っているところが想像できる

理想的なプロモーション動画は、顧客がその商品やサービスを利用している自身の姿を想像できるものです。

プロモーション動画の中で、人が登場すると、そのキャストのイメージが商品やサービスのイメージを邪魔することがあります。PRしたい商品やサービスの内容によって、どう演出するのかを考えることも大切ですね。

全てを詰め込まない

伝えたい事がたくさんある場合、「全てを詰め込まない」こともポイントになります。

動画は、情報量が膨大だからです。詰め込み過ぎると、結局何を伝えたかったのかがわからなくなってしまいます。伝えることを明確に絞って作成することにも気を付けたいですね。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

プロモーション動画の作成は、大がかりな機材やスキルがなくとも意外にできます。だからこそ、作成するときに気を付けることやコツ、ポイントなどを理解しておきたいです。

作成したプロモーション動画の活用方法が成功すると、自社の商品やサービスのPRだけでなく自社自体のブランディングアップにもつながります。

魅力あるプロモーション動画作成のヒントになれば幸いです。

動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

お客様から次のようなお声をいただいています。

TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

 

お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

得意な業種・ジャンル

製品説明動画、教育動画、会社説明動画

得意な業種
ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

得意な分野
企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹