動画ってどうやって活用するの?動画の効果的な活用方法を紹介

動画は見るだけのものではなく、さまざまな活用方法があります。

しかし、なかには

・具体的にどう活用すればいいの?
・どんな活用事例があるの?

と思っている方もいるかもしれません。

そこで今回は、

・動画の効果的な活用方法
・動画の活用事例

などを紹介します。
動画の活用方法が知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


動画の効果的な活用方法5つ

オンライ授業の撮影風景

動画の効果的な活用方法としては、主に5つ挙げられます。

広告

動画広告といえばテレビCMのイメージがあるかもしれませんが、現在ではSNSの広告や街中の大型モニターなど、幅広いところで見かけるようになりました。
動画は画像と比べて伝えられる情報量が多いうえに、音やエフェクトで注目させられます。
そのため、動画広告は会社全体の売上向上にも貢献しやすい存在です。

人材募集

動画を人材募集に活用することで、文章や画像だけでは伝えきれない情報を伝えられます。
例えば、社内の雰囲気を動画で撮影することで、働きやすい環境をアピールできるでしょう。
インタビュー動画であれば、出演者の気持ちを文章よりもハッキリと伝えられます。

営業代行

動画は営業代行としても役立つため、営業する時間や人数が足りなくて悩んでいる方におすすめです。
動画でさまざまなアピールをすれば、その内容に惹かれた人がアポを取ってくるかもしれません。
特に地方で生活している人にとっては、ありがたい営業代行ツールとなるでしょう。

マニュアル

動画はマニュアルとしても活用でき、視覚的に操作方法を紹介できます。
従来は紙に操作方法が書かれていましたが、複雑な製品の場合だと伝わらない恐れがあります。
しかし、動画の場合は複雑な製品でも分かりやすく実践形式で伝えることが可能
購入者は真似しながら作業すればいいため、失敗する可能性も減らせるでしょう。

プレゼンテーション

動画を活用したプレゼンテーションは、従来の方法よりも相手にアピールできます。
特にクラウドサービスのような無形商品の場合、動画が役立ちます。
無形商品は口頭や文章だけでは魅力を伝えづらく、理解してもらえないかもしれません。
しかし、動画の場合は架空の演出で紹介できるため、無形商品の魅力も伝えやすくなるでしょう。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


動画の活用事例

オンラインセミナー風のモニター

上記で動画の活用方法を紹介しましたが、実際はどうなのでしょうか。
そこで、動画の活用事例をいくつかピックアップして紹介します。

新宿区

新宿区では、ネット上で有名なキャラクター「現場猫」とコラボした動画をTwitterで公開。
動画内では新型コロナウイルスに関するマスクの着用を促しており、多くの方に注目されました。
事実、2021年2月現在で273.8万回再生もされており、リツイート件数も2.1万件と非常に多いです。

本田技研工業株式会社

バイクでおなじみの本田技研工業株式会社は、実写とアニメを組み合わせた会社紹介映像を2020年に公開。
スピーディーな展開で、会社の歴史を紹介しています。
また、動画内では具体的なデータを公開していますが、このことでいかに本田技研工業株式会社が世界で活躍しているのか把握できるでしょう。

株式会社Panasonic

株式会社Panasonicでは、さまざまな動画をYouTubeで公開。
上記のようなマニュアル動画はもちろんのこと、オンラインで開催したイベント動画やテレビCMなどを公式チャンネルで視聴できます。
また、「Panasonic 4K Channel Japan」というチャンネルでは、4K機能を活用した動画を多数公開しています。

株式会社川邊組

少しユニークな動画活用方法として、株式会社川邊組が挙げられます。
株式会社川邊組は、「レッツ!ドボクサイズ!」という動画を公開。
ホワイトカラー層に対する皮肉を冒頭で交えつつ、会社の業務内容を紹介しています。
そのうえ、この動画は人材募集としての要素もあり、1つの動画で2つの目的を果たしている動画です。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


動画製作はどうすればいいの?

オンラインセミナーでの悩み

ここまで動画がさまざまなことに活用できることを紹介してきましたが、どのように動画を制作すればいいのか分からない方もいることでしょう。
もし動画を制作したいのであれば、自力で制作する方法とプロに任せる方法が挙げられます。

自力で制作する場合

自力の場合、動画の構成や出演者、編集まですべて自分の手で管理できます。
そのため、頭の中で動画のイメージができているのであれば、自力でも良いでしょう。
ただし、動画に関する知識やスキルを持っていなければ、失敗する恐れがあります。
例として上記の項目で紹介した動画は、高度なスキルが無ければ制作できない作品です。
それらを初心者が作ろうと考えれば、非常に長い時間がかかってしまいます。

プロに任せる場合

プロに任せる場合、どうしてもコストがかかってしまいます。
しかし、プロだからこそ質の高い動画を制作してくれるため、安心して任せられるでしょう。
そのうえ、本業に集中できたり、自力で作業するよりも時間的なコストを削減できたりといった利点があります。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


動画の活用方法はさまざま

タブレットを使ったオンライン授業

今回は、動画の効果的な活用方法や事例などを紹介しました。
動画は商品・サービスのPRや人材募集、マニュアルなど幅広い場面で活用できます。
だからこそ、この記事を読んだうえで積極的に動画を活用してみてはどうでしょうか。

動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

お客様から次のようなお声をいただいています。

TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

 

お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

得意な業種・ジャンル

製品説明動画、教育動画、会社説明動画

得意な業種
ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

得意な分野
企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹