インサイドセールスにウェビナーがおすすめ!業務効率の向上以外のメリット

インサイドセールスにもっと力を入れたい……
ウェビナーが気になるけどよくわからない

業務効率の向上を目指し、インサイドセールスに力を入れる企業が増えています。

インサイドセールスの施策はチャットツールやビデオ通話の利用などがありますが、とくにおすすめなのがウェビナーです。

この記事では、なぜウェビナーがインサイドセールスにおすすめなのか解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

インサイドセールスにウェビナーが効果的

インサイドセールスとは内勤型の営業のことで、訪問時間の短縮やスケジュールの確保がしやすいことが特徴です。

近年、インターネット上でコミュニケーションが取れるツールが増えたことから、インサイドセールスに注力する企業が増えてきました。

また、2020年から流行している新型コロナウイルス感染症の対策もできることからインサイドセールスに取り組む企業がさらに増えています。

インサイドセールスの特徴

インサイドセールスには、以下の特徴があります。

  • 訪問時間を短縮してアプローチ数を増やす、ほかの業務をできる
  • お客様と双方向コミュニケーションがとれる

訪問時間を短縮できるのは、インサイドセールスにおける大きなメリットです。

短縮した時間をほかの業務に取り組めるだけではなく、体力的にも移動にかかる負担を軽減することができます

また、電話やメール、最近ではビデオ通話などのツールを活用することで見込み顧客と双方向コミュニケーションを取ることも可能です。

フィールドセールスとの違い

フィールドセールスとは、相手先に訪問して営業することでインサイドセールスとは、真逆の営業方法になります。

直接相手先に訪問することで、しっかりとしたコミュニケーションが可能です。

そのため、商品の理解が難しそうな顧客難易度の高い交渉のような商談に適しています。

また、これまでは訪問営業が主流のため見込み顧客から「訪問するのが当然」と思われている場合は、インサイドセールスよりもフィールドセールスが向いています。

インサイドセールスに注力する場合でもフィールドセールスを取りやめるのではなく場合によって営業方法を変えるといいでしょう。

インサイドセールスでウェビナーを実施するメリット

インサイドセールスでウェビナーを実施するメリットは3つあります。

それぞれ詳しく解説します。

「リードナーチャリング」に有効な手段

リードナーチャリングとは、「見込み顧客を顧客に成長させる」ことです。

ウェビナーはこのリードナーチャリングに適しています。

1対1などの小人数での営業よりも、多くの人に対して営業した方が見込み顧客に成長する可能性が高くなります。

対人の営業ではどうしても少数を相手にすることになってしまい、1名か多くても3名人が相手の営業になりますが、ウェビナーでは何十人~何百人に見てもらえるかもしれません。

オンライン上で開催される

ウェビナーはオンライン上で開催されるセミナーです。

そのため、会議場やホールなどで開催されるセミナーと違い、交通費や会場費が必要ありません

また、視聴する場所に制限がないので全国各地どこからでも視聴できるため、見込み顧客が来場しやすくなります。

撮影した動画を再利用できる

ウェビナーを録画しておくと、ほかのプロモーションをする場面でも再利用できます。

もちろん、ターゲット層や営業目的が異なる場合は動画を複数用意する必要がありますが、1回の録画で多くの人に対してウェビナーを視聴してもらえます。

少ないコストと労力で多くの人に営業できる武器になるでしょう。

ウェビナー開催に必要な物

ウェビナーを開催する際に必要な物は3つあります。

  • 配信・収録設備
  • プラットフォーム
  • 資料

まず、ウェビナーに必要なのは配信設備です。

オンライン上で開催されるため、通信環境が重要になります。

また、主催者(ホスト)はカメラやマイクも用意するといいでしょう。

自社で配信しない場合は、ウェビナーを配信できるプラットフォームを選ぶことになります。

しかし、ウェビナーを配信できるプラットフォームは多くあるため、どれがいいのか選べないかもしれません。

そのような場合は「ターゲット層にリーチしている」、「料金の安さ」の2つを満たすプロモーションを選ぶといいでしょう。

また、ウェビナーはセミナーなので自社の商品を紹介するだけではなく、学びのある内容になるような資料を用意するのがおすすめです

資料は視聴者にプレゼントすることもできるため、自社や商品のことをしっかりと伝えることができます。

インサイドセールスの施策にオンライン展示会がおすすめ

オンライン展示会とはインターネット上で開催される展示会のことです。

オンライン展示会とウェビナーは同じプラットフォームで開催されることがあり親和性が高いです。

ウェビナーと同じように、インターネット環境があれば来場できるため、集客しやすいというメリットがあります。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事