集客にSNSを利用するときの注意点!おすすめのツールを紹介

集客にSNSを使用するのが良いとは聞くけれど、始めるのが億劫だ

億劫に感じるのは、SNSの特徴や仕組みをいまいち理解していないからかもしれません。

SNS集客の特徴やメリットとデメリットを解説しますので、苦手意識がなくなるでしょう。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

SNS集客の3つの特徴


集客にはいくつかの方法がありますが、SNS集客ならではの特徴があります。

SNS集客の特徴が分かれば活用の仕方が分かるので、効率の良い運営が可能です。

広告の出稿が可能なSNSも多いですが、それぞれのルールやマナーを守って利用しましょう。

SNSごとにユーザー層が異なる

SNSで集客をする場合は、SNSごとに利用しているユーザー層が異なることを理解する必要があります。

ユーザーの年齢や利用方法がSNSによって違うので、それに合わせた訴求をして興味を持ってもらわなければなりません。

ここでは3種類のSNSを紹介するので、それぞれに合わせた集客方法を取りましょう。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

Twitter

Twitter」は全世界のユーザー数が2億1,100万人以上のSNSです。

日本では月間で4,500万人以上が利用していて、その中でも10代から20代が多く、リツイート機能の使用が盛んに行われています。

リツイート機能とは、ほかの誰かがツイートした投稿に共感をしたり、拡散したいと思ったりしたときに使われる機能です。

複数のアカウントを作成できるので、「美容のアカウント」や「オタク活動のアカウント」など使い分けている人もいます。

広告の出稿も可能です。

Instagram

Instagram」は広告の出稿が可能で、日本では月間で3,300万人以上が利用しています。

その中でも10代から30代のユーザーが多い傾向で、「若者が使用するSNS」というイメージを持つ人も多いです。

おしゃれな画像の投稿だけではなく、ライブ配信でユーザーとのコミュニケーションができます。

匿名でのアカウント登録ができるので、SNSに慣れたい初心者が登録してみるのもいいでしょう。

Facebook

Facebook」は基本的に実名登録が、特徴です。

実名登録にも関わらず利用者が特に多いSNSであり、全世界ではおよそ29.1億人が使用しています。

Facebook広告という機能があり、これを活用するとInstagramのようなほかのプラットフォームにも配信できます。

日本での月間利用者数は2,600万人とTwitterより少ないものの、30代から40代の利用が多く、ほかのSNSと比べて年齢が高いのが特徴です。

広告の出稿も可能です。

BtoCで集客しやすい

SNSには、BtoC(企業と個人の取引)で集客をしやすい特徴があります。

SNSを利用して興味がある公式アカウントから情報を得ているユーザーが多く、BtoCの距離感が近くなるのです。

また独自のキャンペーンを行うなど、企業とユーザーとのコミュニケーションを容易にする特徴があります。

2022年はSNSを活用した集客やキャンペーンが増加する可能性が高いので、この波に乗れば集客に繋がるでしょう。

口コミとの相性が良い

商品を購入する決め手として、口コミを重視するユーザーが多いです。

SNSで口コミを拡散すれば、実際に商品を購入したユーザーの生の声が届けられます。

良い口コミが拡散されれば企業の信頼性が高まるので、新たな顧客の獲得に繋がるのです。

しかし反対に、悪い口コミも簡単に拡散されることを忘れてはなりません。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


集客できるSNSツールの種類


上記で挙げた3種類のほかにも、集客に向いているSNSツールがあります。

LINE

LINEは現在若年層だけではなく、幅広い年齢層に活用されているコミュニケーションアプリです。

日本国内のユーザー数は8,900万人以上いるので、その中でさまざまな年齢層にアプローチできます。

業種や扱う商品を問わず活用できるので、はじめて集客をする場合におすすめできるSNSです。

YouTube

YouTubeは若年層だけに限らず、60代以上のユーザー層も利用するSNSです。

2021年には人気の配信者が登録者数1,000万人を達成して、話題となりました。

YouTubeがほかのSNSと大きく異なる点は、文章や画像ではなく動画の投稿がメインだということです。

そのため訴求をするユーザー層を絞って、動画を再生してもらう工夫が必要になります。

SNS集客のメリット・デメリット


SNS集客は一見万能のように感じますが、もちろんメリットとデメリットがあります。

メリット

SNS集客のメリットは、スマートフォンを使って無料で行えることです。

一部で有料のサービスもありますが、基本的な機能は無料で使えます。

集客をする人の中には、集客や広告にあまりお金をかけられない人もいるでしょう。

お金をかけるのが難しくても、スマートフォンを使って誰でもアカウントが作成できるのは魅力です。

デメリット

無料で使えるSNSは、予告なくアカウントが使えなくなる可能性があります。

基本的にSNSを提供している企業は、アカウントが使用不可になった理由を教えてくれません。

ルール違反をしたわけではない場合は、なぜ使用不可にされたのか分からないのです。

SNSの所有権は提供をしている企業側にあるので、資産になるわけではありません。

お金をかけるかどうかを見極めるときに、「自分の資産になるかどうか」という基準があります。

SNS集客のさいにお金をかけるのなら、所有権が自分にはないことを理解しておきましょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


企業がSNS集客を検討するときの注意点


企業がSNS集客をするときは、個人での利用よりも注意しなければなりません。

炎上に注意

イメージが悪化する発言をしないだけではなく、炎上にも気をつけましょう。

ひとつの発言から炎上することもありますが、今までの発言が積み重なって炎上するパターンもあります。

自分では取るに足らない発言だと思っていても何が引き金になるか分からないので、慎重に発言してください

とはいえ慎重になりすぎても共感を得られないので、複数人でアカウントをチェックするのがいいでしょう。

広告であることを強調しない

好きなコンテンツを見ていたら、広告の配信が目的だったことが分かって興ざめしてしまった経験があると思います。

SNSは、たくさんの目が肥えたユーザーが利用をする場所です。

配信しているコンテンツから広告や宣伝の匂いを感じると、離脱するユーザーもいます。

一方的なアピールは離脱の原因になるので、広告が目的であることを強調しないようにしましょう。

あくまでも有益な情報の提供がメインで、広告は軽く紹介をするイメージで配信してください。

SNSを効果的に運営するポイント

SNSには種類がありますが、基本的な運営のポイントは変わらないです。

ユーザーの共感を得る

SNSには共感をしたり、感銘を受けたりした投稿を拡散できる特徴があります

反対に無機質で事務的な内容ばかりを投稿していると、共感を得られません。

ビジネスの情報を投稿しているアカウントでも、企業の代表が好きな商品や食べ物を語る投稿をしています。

これは普段の固いイメージを払拭して、親しみやすさを出すのが主な目的です。

コンテンツを運営する人の中には、ユーザーが入り込みやすいように計算をして「隙」を作ったり、怒りを伝えたりしている人もいます。

そうすれば人間味のあるコンテンツになり、同じ気持ちを持ったユーザーから共感を得られるのです。

まとめ

ユーザー層や特徴をよく理解すれば、SNS集客をスムーズに進められます。

SNSを始めたばかりのころは成果にならないので、不安に感じる人も多いです。

しかし運用を継続していくうちに、仕組みが分かって自分なりのやり方を見つけられるでしょう。

誰でも見られるコンテンツであることを念頭に置いて、節度を保って利用してください。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事