広告のクリック単価(CPC)をわかりやすく解説!計算方法とは

ネット広告に携わっているとクリック単価(CPC)という言葉をよく耳にします。

広告のクリック単価について正しく理解されているでしょうか。

クリック単価(CPC)は、ネットに広告を出稿する際の大事な指標なので、正しく理解するといいでしょう。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

クリック単価(CPC)とはリスティング広告が1回クリックされるのにかかる費用

クリック単価(CPC)とはCost Per Clickの頭文字をとった略語です。

リスティング広告が1回クリックされるのにかかる費用のことを指します。

課金方式においてのCPC指標としてのCPCの両面があるので、それぞれみていくことにしましょう。

課金方式においてのCPC

リスティング広告がクリックされるたびに費用が発生する課金方式をクリック課金(CPC課金)と呼びます。

例えばCPC200円で広告を出稿し、その広告が100回クリックされた場合には、広告費は200×100=20,000円と計算されます。

ただし単純に広告が表示されただけでは費用は発生しません。

仮に100回表示されても1度もクリックされなければ無料ということになります。

なおCPCはキーワードにより単価が決められています。

確認するには「Googleキーワードプランナー」というツールを利用する必要があります。

指標としてのCPC

CPCはリスティング広告の効果測定を行う際の指標としても用いられます。

その際の計算式は次の通りです。

広告費÷クリック数=CPC

広告費が20,000円で1,000回クリックされたのなら20,000÷1,000=20となります。

この単価が低ければ低いほど、より効率的に広告から流入していることになります

クリック単価は広告ランク・オークションランクで決まる

123
クリック単価はGoogleでは広告ランクで、Yahoo!ではオークションランクで決まります。

呼び方は違いますがどちらもオークション形式となります。

しかし物販のオークションとは異なり、指標で争うことになるので注意が必要です。

また、単に入札価格が高ければそれで決まるというわけではありません。

それぞれみていくことにしましょう。

Googleの広告ランク

Googleの広告ランクは以下の指標で決まります。

広告ランク(Google)
  • 入札価格
  • 広告とランディングページの品質
  • 広告ランクの下限値
  • オークションでの競争度
  • ユーザーが検索に至った背景(コンテキスト)
  • 広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果

▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


Yahoo!のオークションランク

Yahoo!のオークションランクは以下の指標で決まります。

オークションランク(Yahoo!)
  • 広告グループやキーワードに設定した入札価格
  • 推定クリック率
  • 表示URLの過去のクリック率
  • 広告文と検索クエリの関連性
  • 広告が掲載された地域別の掲載実績(アカウント全体)
  • インターネットユーザーの検索クエリ
  • PC、スマートフォン、タブレットでの広告の掲載実績

キーワードごとのクリック単価の傾向

キーワードごとのクリック単価にはある傾向があります。

それは検索ボリュームが高いケースや、競合他社が多いケースでは異なるものです。

また広告の形式やメディアによっても傾向は異なるので注意しましょう。

検索ボリュームが高いケース

リスティング広告では検索ボリュームが高いとクリック単価は上がります

検索される可能性が低いキーワードでは単価も低くなりますが、検索される可能性が高いキーワードでは単価も高くなります。

競合他社が多いケース

リスティング広告では競合他社が多いキーワードではクリック単価は上がります

例えば「生命保険」というキーワードは、保険会社各社が求めますからクリック単価は高くなります。

保険会社から見れば「生命保険」というキーワードから、実際に成約に結びつくのではないかという思惑があるからでしょう。

広告形式別の傾向

一般にリスティング広告よりもディスプレイ広告の方がクリック単価は低い傾向にあります。

リスティング広告ではキーワードによっては万単位となることも珍しくありませんが、ディスプレイ広告では高くても数百円というのが相場です。

メディア別の傾向

一般にリスティング広告ではYahoo!よりもGoogleの方がクリック単価は高めです。

これはグーグル検索の方が規模が大きいためですが、必ずしもYahoo!の方が安いというわけではありません。

ただしディスプレイ広告では両社のクリック単価はあまり変わらないことも知っておいてください。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


クリック単価を改善する方法

右上がり
クリック単価を改善する方法はいくつかあります。

それは検索ユーザーとターゲットユーザーを分析することと、広告自体の品質を高めることです。

それぞれ大切なことなのでみていきましょう。

検索ユーザーとターゲットユーザーの分析

ターゲットユーザーと検索しているユーザーが一致しているのかどうかを分析する必要があります。

ここが乖離していると結果に繋がらないため、よく見極める必要があります。

広告の品質を高める

特にGoogleの広告ランクにおいては広告やランディングページの品質が大きく影響します。

広告やランディングページの品質を高めることにより、同業他社よりも入札価格が低くてもオークションに競り勝つこともあります。

広告の品質についてはGoogleでは管理画面の「品質スコア」から、Yahoo!では管理画面の「品質インデックス」から確認することが可能です。

この数値が5くらいと低ければ品質を高めることにより、クリック単価を下げられるようになるでしょう。

まとめ

広告のクリック単価(CPC)の内容と、クリック単価を改善する方法などについて解説してきました。

リスティング広告においては広告の品質を向上させることが大切です。

またクリック単価は広告費にダイレクトに影響します。

日々分析を行い改善するといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事