広告のスクロールが止まる?最近のスマホ広告の特徴

2022年となった現在では、スマートフォンやインターネットの普及によって多くの企業がインターネット上に自社の商品やサービスに関する広告を掲載しています。そのため、多くの消費者がインターネットで情報の収集だけでなく、商品の購入やサービスへの申し込みを行います。しかし、企業側の広告の掲載方法によってはむしろマイナスとなってしまうケースもあるのです。その一例として、消費者がスマホでインターネットを活用している際にスクロールができないようになる広告です。今回は消費者のスクロールを止めてしまう広告について種類や注意点を解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

スクロールを食い止める広告がある

カフェでスマホを持つ人

企業が掲載している広告から消費者を商品の購入やサービスへの申し込みに繋げるにはより長い時間広告を見てもらう必要があります。そのため、消費者がスクロールをして広告を閲覧する時間が短ければ短いほど企業にとっての利益に繋がりにくくなってしまいます。そのため、より消費者が広告を閲覧する時間やWebサイトの滞在時間を長くするために消費者が困惑する広告の貼り方をしたり、ひっかけ目的で掲載されている広告も存在しているのです。

スマホ広告はさまざまなタイムがある

スマートフォンの普及により、スマホでWebサイトを閲覧した時用の広告を掲載する企業が増えています。その種類はいくつかあり、それぞれ掲載の仕方や消費者に与える印象が変わるのでそれぞれ解説していきます。

ポップアップ広告

ポップアップ広告は日常の広告でもよく見られる掲載方法であり、スクロールを止める為に活用している企業も多くあります。皆さんも日頃ホームページやブログなどのWebサイトを見ている時に、サイトとは別の広告がいきなり浮き出てきたという経験はないでしょうか。その浮き出てくる広告こそ、「ポップアップ広告」なのです。ポップアップ広告の表示の仕方もいくつかあり、代表的な例としては“Webサイトを開いた瞬間に表示させる方法”や“Webサイトを表示してから一定時間が経ってから表示させる方法”、“特定の場所までスクロールされたら表示させる方法”などがあります。ポップアップ広告のようにいきなり表示させることで消費者の意識を集めたり、誤って広告を押してしまうことをきっかけに宣伝を行うという目的があります。しかし、ポップアップ広告の掲載の仕方によっては消費者にストレスを与えてしまい、逆効果となってしまいます。ポップアップ広告を使用する際の良くない掲載方法としては次のようなことがあげられます。

 

【良くない掲載方法】

・サイトが完全に読み込まれるまで透明になっている

・何度も繰り替えし表示される

・ポップアップ広告を消す為の×にフェイクを含んでいる

 

この3つはポップアップ広告が消費者に対してストレスを与えやすい手法なので注意が必要です。

追尾システム広告

追尾システム広告とは、下にスクロールをしても特定のバナーや広告が一緒にスクロールされてついてくる広告の事です。追尾システム広告はスクロールする際に透明になる掲載方法もありますが、表示されている広告が消費者に対して認識されやすく、興味や関心がある人であればクリックされる確率を上げることもできますが、次のような掲載方法は避けるべきでしょう。

 

【良くない掲載方法】

・バナーや広告が大きく、Webサイトの情報が見づらい

・スクロールしても途中で透明にならず、表示され続けている

モバイルアンカー広告

モバイルアンカー広告とは、基本的にどのようなWebサイトにも表示がされている掲載方法であり、ブラウザやアプリの一番下に設置されている広告の事です。モバイルアンカー広告はしつこく掲載する広告ではないため消費者に対して与えるストレスは比較的少ないですが、掲載内容が消費者のニーズとあまりにもかけはなれてしまっていたり、派手で目立ちすぎる場合にはストレスを与えてしまいます

スクロールを止める広告はクリックされやすいが注意点もある

ビジネスマン

スクロールを止めることで消費者が広告を閲覧する時間が増え、宣伝効果が高まるというメリットがありますが、それに対して次のような注意点があります。

マイナスイメージが付く可能性がある

消費者は自身が欲している情報を求めてWebサイトやブログに訪問しますが、その際に自身が欲していない情報や過度な広告の掲載があるとストレスを感じてしまいます。そのため、いかにWebサイト上や広告で有益な情報を発信していようとも、広告の掲載方法でマイナスなイメージがついてしまい、避けてしまうというケースも少なくありません

警戒心から購入や利用を避けてしまう

消費者を自社で提供している商品の購入やサービスへの申し込みに繋げる際には顧客のニーズに捉えているかが重要となります。しかし、いかにニーズを捉えていようと、消費者からの信頼が無ければ購入や申し込みに繋げることは困難です。そのため、必要以上に広告を掲載してしまったりストレスを与えてしまうことで消費者の警戒心が高まってしまい、消費者が避けてしまうのです。

無理にクリックしてもらうのではなはなくデザインやキャッチコピーで興味を引こう

「広告の掲載方法がしつこいと顧客が離れてしまうけれど、それでも広告から商品の購入やサービスへの申し込みをしてもらうにはどうすればいいのかわからない」と思われる方も少なくないでしょう。ズバリそれは、デザインやキャッチコピーで興味を引くという方法です。たしかに、ここまでで掲載した「追尾システム広告」や「ポップアップ広告」などを活用して消費者に広告の内容を認識させることは重要です。しかし、その際に消費者に対してストレスや不安を与えてしまうのはむしろ逆効果となってしまいます。そのため、広告のデザインやキャッチコピーで独自性を出し、「なんとなく気になる」「なんか面白そう」といった好奇心や興味を引くこと自然に広告をクリックしてもらうことができるのです。また、消費者の心理からしても、「しつこく表示された広告をクリックした」というように“クリックさせられた”認識よりも、「興味がある広告をクリックした」というように“自分がしたいからクリックをした”という認識を持たせることで、広告を閲覧後の購入や申し込みの確立にも影響が出るのです。

まとめ

今回は広告の掲載方法の中でもスクロールを止める広告について解説してきました。ここまでで記述したように、例え同じ内容の広告でも掲載方法によって消費者に与える印象が変わり、商品の購入やサービスへの申し込みがされる確率にも影響してしまいます。そのため、広告を掲載する時には“自社が宣伝したいやり方で掲載する”という自社目線だけでなく、“消費者が見やすい方法で掲載する”というように、あくまで消費者目線に立って宣伝をおこなうべきといえるのです。また、消費者からの広告に対するイメージを良くしたうえで購入や申し込みに繋げることで、自社に対するイメージも良くなり、その後のリピーターに繋がりやすく長期的に利益を出しやすくなるというメリットもあるのです。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説