【人事で利益最大化】会社の利益最大化は〇〇〇―〇〇〇〇が大事!

今回は、従業員を最大限に能力を発揮できる環境にする、ある要素をご紹介します。そしてその要素を効率的に管理運用することができる日本一のクラウド人事管理システムを紹介します。

1:社内 人事管理で必要なもの、それは「エンゲージメント」

企業において、人は宝です。財産です。

しかし社員に対して企業が社員のことを大事にせず、また理解もしないことにより、社員から企業に対しエンゲージメントを向上させることができず、感情面にてすれ違いが起き、結果最終的には退職してしまう。

 

このような残念な結果が起きないように、エンゲージメントについて本当の意味で理解し、そして会社の利益向上につなげてもらえればと思います。

2:エンゲージメントとは何か

自身が好きでもない仕事や、会社に愛着が無くても、本気で会社のために精神誠意全力で仕事をすることができるか?

極端な話、とてつもない残業量があり、また見合った給与でなくても本気で仕事をすることができるか?

9割9分は「NO」と言うでしょう。

しかし、会社のことや同僚、上司のこと、社長の考えが好きであれば、決して恵まれている待遇でなかったとしても、9割9分「NO」ということにはならないのではないでしょうか?

 

エンゲージメントというのは、会社や人に対して「愛」をどのぐらい持っているのかという数値のことを指しています。

エンゲージメントは和訳をすると「婚約」という意味です。

シーンによっては「誓約」「契約」「約束」という意味になります。

どのような意味にしても深い関係性のことです。

 

深い関係性であればあるほど、人として放っておけないという感情が働き、時間や能力を捧げることができます。

そして無償で捧げるということが「愛」というのです。

エンゲージメントは企業と人材にて「愛」を構築する作業ともいえます。

 

エンゲージメントという横文字でやや抽象的な単語ですが、このエンゲージメントを正しく理解しないと本当に強い組織を作ることができません。

 

 

昨今、エンゲージメントを強くする必要があるというのは耳が痛いぐらい話に出ていますが、ではこのエンゲージメントとは何か。

先ほどエンゲージメントとは「愛」とお伝えしました。

愛について、聖書ではこのように記載されています。

あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」

社長や経営陣、上司が各現場のスタッフに、相手が自分自身だと思って大事に扱うこと。

これが本当のエンゲージメントです。

 

相手が自身に対して、どれだけ思ってくれているのか、大事にしてくれているのか、その結果、この企業のために頑張ろう、この上司のために頑張ろうとなってくるわけですね。

今企業ではそのような現場と上司の双方の思いやりがとても大事になってきました。

 

そしてそのエンゲージメントが大事だということも多くの企業で理解されてきており

実際に市場規模も膨らんできております。

出展:出典:ITR-2016~2022年度の従業員エンゲージメント市場規模推移および予測

離職率や採用の難易度が上がり、近年ではエンゲージメントを重視する傾向が増えてきました。

2018年から見ると、市場規模はおよそ5倍強となっており、企業のエンゲージメントの注目度が高まっているのがわかります。

どういった面で費用を投下されているかというと、主には人材管理ツールです。

人材管理ツールが生まれたことにより、メリット面でどのようなことが生まれるのかが近年よくわかってきました。

 

3:エンゲージメント向上5つのメリット

 職場が活性化する

良いチームというのは、それぞれがしっかり意見を出し、それぞれが意見を尊重し、利用者のために改善策を常に考え続けられるチームであり、意見を否定されても相手に対して悪意を一切持たないような環境下にあることです。

 

エンゲージメントを高めることにより、このような職場の活性化を生みやすくなります。

(それでも完璧というのは難しいでしょうが、、、)

  

生産性が向上する

エンゲージメントが高い状態は、各個人の役割というのがしっかり上司の指導のもと明確になっているものです。

そのことから個人としての達成すべきこと、同時にそれがチームとして達成すべきことが見えています。

目標が明確になっている状態は、遠回りすることも少なくなることから生産性の向上を期待できます。

 

能力を発揮する・成長する

現在のポジションにて足らない部分がある場合、エンゲージメントが高いと、モチベーションも比例して高くなりやすく、結果自発的に足らない部分を習得していきます。

そのことから、今までできなかったことができるようになり、プロジェクト開始時に比べ、各人材の限界をさらに超えたことができるようになります。

 

顧客満足度が高くなる

エンゲージメントが高くなると、より業務に対して責任感を持ちます。

また関わっている業務や仕事が好きになっていることが多いため

顧客に対して積極的にコミュニケーションをとり、改善点を見つけていきます。結果顧客満足度が高くなってまいります。

 

優秀人材の確保に繋がる

人材の流動化が進む中で、社員は収入や待遇面だけでなく、会社への信頼や共感の強さを基準にして会社を選ぶ傾向です。たとえ報酬面が魅力的な企業が他にあったとしても、愛着がある職場や仕事にやりがいを感じていれば、長く働き続けたいと思うでしょう。

4:エンゲージメントを向上させる3つのポイント

明確な企業ビジョンの策定と浸透させる仕組みを作る

 

ゴールの見えない生産は楽しいものではありません。明確な未来を創ることによって希望を持ち、日々の業務のモチベーションの糧となります。

明確なビジョンを設けて、浸透するための仕組みを持ちましょう。

 

適切な評価とフィードバックを徹底する

成果を出している方に対して適切な評価を与えないのは、優秀な人材が離れる原因になるのは言うまでもありません。しかし適切な成果を上げても成果が見えにくいポジションや、社内へPRをしたがらない性格の方がいるのも確かです。

各組織の文化にて、評価されやすい方法があるでしょう。

しかし、そういった中でも見えていない方を適切に評価することで、社内の規律と公平性が保たれていきます。そして行動し成果を出せば認めてくれる会社であることを社内・社外に打ち出さなければ、優秀な人材が社内に居続けてくれなくなります。フィードバック状況を逐一確認しながら、また全体の良いポイントと悪いポイントを見逃さない仕組みが必要です。これはツールを使う方法をオススメします。ツールを使うことによりルール化を行い、運用がしやすくなります。(ツールは後述)

 

エンゲージメントを可視化し企業課題を見極める

エンゲージメントは、愛という名の人と人の結びつきです。

ただ残念ながら、時期やタイミングによって気持ちがかわり、エンゲージメントは変動します。

それが人間というものだからです。

では、そういった気持ちという抽象的なものを見極めて、適切な対応ができれば、各人材は常にモチベーション高く、ハイパフォーマンスの能力が発揮し続けられるともいえます。

そのことから、社内の各人材の可視化というのは非常に重要になってきています。

上述している「適切な評価とフィードバックを徹底する」の内容を含めて、これは現状ツールを使う以外の方法しかありません。(ツールは後述)

5:クラウド人事管理システム スマカン

エンゲージメントを意識すると、あらゆる効果効能があることや、エンゲージメントのポイントにふれてきました。

 

しかし、読んでいる方では、もしかしたら心の中で次のように思っていた方がいるのではないでしょうか?

 

「・・・こんなの意識するの無理だろう・・・」

 

よくわかります。

エンゲージメントの向上は、テクニックで向上させることもできますが

やはり抽象的なものでもあるので、管理していくのは非常に難しいです。

 

そういうときに、あらゆる会社のデータを取得し知見を積み、また管理しやすくするためのUIUXを突き詰めたツールが必要になるのです。

 

そこで今回紹介するのは

タレントマネジメントシステム「スマカン」です。

 

このスマカンは

・見える化

・人材配置

・人材育成

・目標管理

・人事評価

・離職防止

 

こちらの面にて効果的です。

 

業種、エリア、規模問わず導入することができ

660社が導入しているタレントマネジメントです。

30年以上の人事や育成についてのノウハウも積み上げている企業。

 

さらにセキュリティ面も非常に大事にしております。

費用も驚くほど安く、導入しやすいのもポイントですね!

 

このスマカンで解決できる課題はこちら

・テレワーク活用・人材情報の一元化と可視化

・人材配置・組織シミュレーション

・納得感のある1on!評価の実現

・人事制度運用の効率化

・スキル管理と人材育成

・360度評価とアンケートで従業員満足度を改善

・社員の定着化と離職率の低減

・事業計画に合わせた最適な人材の採用計画

・経営の意思決定の為の情報支援

 

このスマカンの費用やシステムをすぐに知りたい方は、次の紹介資料に全て掲載されていますのでチェックしてください。

URL:https://tsuta-world.com/tsuta-marke/services/243