(海外IT記事)動画配信で一人勝ち!ネットフリックス(Netflix)が活用する機械学習とは?

オンライン動画配信サービスの中でも最大級の規模で、オリジナルコンテンツも豊富なネットフリックスという会社があります。本社はアメリカにある会社です。
競合他社も多い動画配信サービスの業界ですが、現状はネットフリックスの一人勝ち状態。ユーザーの満足度が高い理由は、機械学習の活用に隠されていました。

ネットフリックスで動画を見続けて欲しい

有料の動画サービスはネットフリックス以外にもアマゾンプライムやHuluなど、競合サービスが多数存在しています。他社が多い環境においては、ネットフリックスの顧客が他社に流出しないようにすることが課題となります。
つまり、ネットフリックス上で次々に動画を見てしまう仕組みを作らなければなりません。そこで、機械学習に白羽の矢が立ちました。

機械学習でユーザーの好みを分析

Netflix
まず、各ユーザーがどのような番組を気に入っているのか調べます。これは過去の視聴歴から調べることができますよね。ただし、これでは「とても好きな番組」と「まあまあ好きな番組」を区別することができません。そこで、機械学習を用いてユーザーの視聴歴を深掘りするのです。
例えば、ある連続ドラマを3シーズン分見るのに、どのような行動を取ったのか、といったデータです。少しの休憩を挟みながら、ほとんど48時間続けて見ているユーザーがいた場合、そのドラマの大ファンであることが言えるのです。
このように、ネットフリックスはユーザーの番組の好みだけでなく、「どれくらい好きなのか」というデータをユーザーの行動を基に機械学習で分析しました。好みのレベルを細分化して分析することで、ユーザーが最も好むジャンルの動画をおすすめできる仕組みを作ったのです。

ユーザーの満足度と維持率が向上

ユーザーに合った動画を自動的におすすめすることで、ユーザーがおすすめ動画をよく見てくれるようになりました。ランダムに動画を勧めるのではなく、「ユーザーに合った動画」を調べ、勧めることができたからこその成果です。
これによって、ネットフリックスのユーザー満足度は向上しています。ユーザー本位のサービスを提供できている証と言えるでしょう。

まとめ

過去の視聴動画からユーザーの好みを分析し、1人1人に合った動画をおすすめするネットフリックスのアルゴリズムについてご紹介しました。ユーザーの過去の行動を分析し、未来に先回りする商品紹介は、今後ますます発展していくと考えられます。
参考サイト
※本記事は参考サイト先の情報の英語を一部和訳して記載しております。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事