(海外IT事例)AIを用いて自動運航する無人の船の開発事例

自動車にもAIが搭載され、ドライバーの運転をサポートするのはもはや当たり前となってきました。しかし、AIによる完全な自動運転となるとまだ批判も多くあります。
自動車の自動運転について議論している間に、船の方が先に自律化されてしまうかもしれません。ロールスロイスとフィンフェリーズが、完全に自律したフェリーを開発してしまったのです。

自動運航フェリーの開発

自動運転の自動車にも段階があるように、自動運航フェリーも段階的に開発されてきました。完全に無人で運航できる船ができるまでに、AIが船員をサポートして運航を効率化する船が開発され、いずれ実用化されるでしょう。
他社でも、無人で運航できる船の開発が進められており、今後競争は激化していくと考えられます。もちろん、日本の企業も開発に乗り出すこともあれば、部品の開発で関わる機会は必然的に多くなると見込まれます。

無人運航のメリット


無人で運航できるフェリーや貨物船ができれば、必要な船員の人数が少なくなるので、まず人件費が減り、企業はコスト削減ができます。また、AIが効率良い航路を探して運航できるので、運搬の効率化にも繋がります。さらに、安全性も高まるということで、乗客は今までより安心して船に乗ることができます。
アリアンツ社の調査によると、75〜96%の海難事故は人為ミスによって起きているそうです。人間が判断を誤ったことにより、多くの事故が発生していると言い換えられるでしょう。完全自動運航ならAIが判断しますし、半自動運航ならAIが人間の判断をサポートするので、AIが搭載された船なら人為ミスを減らせるのではないかと期待されているのです。

完全自動運航に向けて

船員のいない完全自動運航を実現するためには、さまざまなハードルがあります。技術的な壁よりも、法整備などの問題の方が大きいかもしれません。
IMO(国際海事機関)でも、AIを搭載した船の安全性が議論に上がっています。今後、自動運航できる船が活躍する領域は増えていくと考えられます。

まとめ

自動車の自動走行ですら夢のように感じられるなか、ロールスロイスとフィンフェリーズが自動運航のフェリーを開発していることをご紹介しました。法整備が進めば、無人の船が運航できるようになるかもしれません。
このように、ビジネスの効率化にはAIが欠かせない時代となってきています。どのような業種でも、AIを活用するのが当たり前の世界は、すぐそこまで来ています。
英文参考リンク

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事