(海外IT事例)VISAカードのIoTによる新たな決済サービス

世界的な大手クレジットカード会社VISAとIT大手のIBMは、IoTを活用して安全な決済サービスの確立を目指して協業しています。
クレジットカードは1枚のカードの形をしていますが、本来、本人確認ができればどのような形でも構わないはずです。両社はこれに目をつけ、新たなサービス開発を行っています。

カード以外でカード決済

ちょっとそこまでの買い物だからと油断して財布を忘れてしまった経験は無いでしょうか。必要なときにクレジットカードを持ってくるのを忘れたという経験は案外多いものです。
カードだけでなく、腕時計や指輪、さらには移動手段である自動車によってカード決済することはできないのでしょうか。VISAとIBMは「ワトソンIoTプラットフォーム」というシステムを活用し、課題解決を図っています。

コネクテッドカーの増加


コネクテッドカーとは、インターネットに接続できる自動車のことで、外部ネットワークに自動車のセンサーを接続することで安全向上や走行管理ができると期待されています。各社のアナリストもコネクテッドカーの利用者は今後急増すると見込んでいます。
この環境下でVISAが実現したいのは、車の中にいながらショッピングをすることです。特に、車を走行しているときにIoTによって車のパーツ交換とあったアラートが表示されたとき、店舗に行かなくても新しいパーツを購入できるので、消費者にとっても利便性が高いです。クレジットカードが手元に無くても、自動車で決済ができれば簡単ですよね。

VISAによるIoTの活用の幅広さ

自動車以外にも、IoTの活用が検討されています。例えば、ランニングしている人には、ランニングシューズの交換時期が来たらウェアラブルデバイスにお知らせをするなどです。さらに最新のランニングシューズを勧めることで、メーカーの売上増加に貢献することもできます。
しかも、ただ新商品を勧めるだけではありません。IoTを通して、消費者の普段の消費行動も把握できるため、消費者のニーズにマッチした商品を勧めることもできるのです。

まとめ

VISAとIBMの新たな決済サービスについて解説しました。IoTを用いた決済は、商品のレコメンドと相性が良いので、売上を伸ばせる技術になると考えられます。
コネクテッドカーやウェアラブルデバイスの登場により、ITで消費者1人1人の行動を把握できる時代になりつつあります。個別の企業にとっても、データの上手な活用が課題となるでしょう。
英文参考リンク

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説