1100万ドル以上の価値でテルアビブ証券取引所に参入した、蜂蜜分野のテクノロジー会社「Bee-io Honney」

 

イスラエルのフードテックカンパニーである「Bee-io Honey」 は1100万ドル以上の価値でホワイトストーングループと合併後、テルアビブ証券取引所に参入した。同社はミツバチなしで作る養殖蜂蜜を開発していることで有名だ。

関係者は、「Bee-io の株主には合併した会社の資本金の55%が割り当てられ、さらに事前に設定したマイルストーン(中間目標)の達成時にさらに持ち株を20%増加するオプションをつけている」と語った。

 

 

Bee-io Honey は天然の蜂蜜を使って実験的に養殖蜂蜜の製造を行うシステムを開発している。特に「人工的なミツバチの胃」を作るべく、ミツバチの胃の中でもともとある、酸素活性などの仕組みなどに着目している。それだけでなく、蜂蜜の生産効率を上げるための技術の開発に尽力している。

天然の蜂蜜から作られた養殖の蜂蜜は世界的に見てもとてもユニークだと言える。それだけでなく人工的に作られた蜂蜜には多くのメリットもあるのだ。例えば抗生物質や殺虫剤が使われておらず、毒素も含まれていない点、そしてミツバチに依存しないことで生態系を維持できる点が挙げられる。また季節や天候に関係なく安定的な生産が可能であることもメリットといえるだろう。蜂蜜の高い需要に対する生産不足の問題の解決につながることが期待されている。

また、Bee-io Honeyは自社の開発プロセスを保護するため、これまでに2つの特許を米国に申請している。

2021年1月、同社は初めの資金調達ラウンドとして、個人の投資家から250万ドル以上を調達した。Bee-io の現在のチームには、IDF のテクノロジー インテリジェンス ユニット 81 の卒業生で、 GKI グループのテクノロジー担当であるOfir Dvash と、ワイツマン科学研究所で博士号を取得し、テクノロジー開発担当である Efrat Dvash Riesenfield 博士が在籍している。Riesenfield 博士はハーバード大学医学部の博士研究員であり、ソウラスキー医療センター(イチラブ病院)のトランスレーショナルがん研究室の所長も務めた。

またBee-io の株主には、SR Accord の所有者である Adi Zim氏、Bee-io Honey の創設者であり、他のフードテックカンパニーのパートナーである KRKR 事務所の弁護士 Arik Kaufman氏 と Yaron Kaiser氏等 が含まれる。

「開発プロセスの完了と共に、我が社は養殖蜂蜜の分野と蜂蜜の生産の分野においての世界的なリーディングカンパニーになるだろう。そしてこの経験が、自社の技術開発をさらに加速し、有限な食品市場に持続可能なソリューションをもたらすことができると信じている。」と Dvash は述べた。

 

蜂蜜

 

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説