Adobe Premiere Rushの使い方を徹底紹介【動画制作会社直伝】

動画編集ソフトはさまざまありますが、そのなかの1つとして「Adobe Premiere Rush」が気になっている方もいることでしょう。

しかし、なかには

・Adobe Premiere Rushってどう操作すればいいの?
・操作方法が分からないから導入できない…

と思っている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、

・Adobe Premiere Rushの準備内容
・Adobe Premiere Rushの操作方法

について紹介します。
「Adobe Premiere Rush」を導入しようか悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


Adobe Premiere Rushの使い方・準備編

パソコンと設定イメージ

まずは「Adobe Premiere Rush」の準備からチェックしていきましょう。
準備を怠ると、その後の動画編集ができません。

導入前に推奨スペックをチェック!

「Adobe Premiere Rush」を導入するうえでは、推奨スペックを満たしておく必要があります。
詳しい情報はAdobe公式サイトに掲載されていますが、あまりにもスペックが低いと「Adobe Premiere Rush」が使えないかもしれません。
そのため、まずは「Adobe Premiere Rush」の推奨スペックを満たしているかどうかチェックしましょう。

「新規プロジェクト作成」からタイトルを入力

「Adobe Premiere Rush」は、いきなり動画編集できるわけではありません。
まずは「新規プロジェクト作成」をクリックすることから始めましょう。
その後、タイトルを入力します。

素材を読み込む

次に、動画編集で用いる素材を読み込みます。
ここでのポイントは、素材をきちんとファイルで分けておくことです。
各ファイルに「音声」「映像」といったように名前を付けて保存することで、どの素材がどこにあるのか簡単に判断できます。
また、ファイル分けしておくことにより、別の動画編集でも探しやすくなります。
特にシリーズ物を作る際は、共通して使う素材をファイル分けしておきましょう。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


Adobe Premiere Rushの使い方・編集編

キーボードとマウス

「Adobe Premiere Rush」の準備を終えたら、編集を始めましょう。
編集には動画のカットやテロップ挿入などがありますが、どれも動画編集の基本的な操作内容です。

動画をカットする

まずは動画をカットすることから始めましょう。
カットしたい部分に線を合わせて、はさみのボタンを押すことでカットされます。
これを繰り返すことで、1つの動画を何本にもカットできます。

トランジションを入れる

ただカットした動画をつなげても、味気のない中途半端なものになってしまいます。
そこで役立つのがトランジションであり、エフェクトで自然なつながりを生み出します。
トランジションは「T」ボタンの下にあるボタンをクリックし、メニューを表示。
次に「トランジション」を選択して、トランジションを設定したいクリップを選んだうえで、取り入れたいエフェクトを決定
メニューからトランジションを決めると、自動的にあらかじめ設定しておいたクリップの両サイドに適用されます。

音楽を挿入する

次に音楽を挿入します。
音楽を挿入する際は「+」アイコンをクリックして「メディア」を選択
挿入したい音楽を選んで追加すれば、タイムラインに表示されます。
なお「Adobe Premiere Rush」では数種類の音楽が使用でき、そこから選ぶこともできます。

テロップを入れる

もしテロップを入れたいのであれば、「T」アイコンをクリックしてさまざまなタイトルの中から選んでみましょう。
「Adobe Premiere Rush」の場合はタイトルのテンプレートが豊富に揃っているため、自分が求めるデザインが見つかることでしょう。
タイムラインに挿入する際は、選んだテンプレートをドラッグ&ドロップ。
文章を変える場合には、タイトルの横にある「編集」をクリックすることで変更できます。

色味を調整する

次に動画の色味を調整していきます。
必ず調整すべきポイントではありませんが、色味を調整することにより見やすく綺麗な映像となります。
なお、動画編集ではカラーグレーディングと呼ばれることもあるため、この機会に覚えておきましょう。

色味を調整する場合は、カラーのメニューを表示させ、そこから理想的なものを選んでいきます。
内蔵プリセットが数種類用意されているため、自分で用意しなくても問題ありません。

保存する

動画が完成したら、最後に保存します。
まずYouTubeやFacebookなどの候補がある保存先を選択して、動画名を設定
パソコンでの保存先を決めたら、解像度やフレームレートを決めます。
最後に書き出しを押せば、完了です。
YouTubeやFacebookなどを選択した場合、書き出しが完了した時点で公開されます。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


Adobe Premiere Rushで動画編集にチャレンジ!

パソコンとサムズアップ

今回は、「Adobe Premiere Rush」の操作方法について紹介しました。
読んだ方の中には「これは難しそうで無理かも…」と思うかもしれませんが、ほかの動画編集ソフトと比べて「Adobe Premiere Rush」は初心者でも扱いやすい動画編集ソフトです。
そのため、これまで動画編集の経験がないのであれば、「Adobe Premiere Rush」から始めてみましょう。

なお、プロによる動画編集を求めているのであれば、自分で作るのではなく、TSUTA-WORLDに任せるのがおすすめです。
TSUTA-WORLDでは、さまざまなジャンルの動画制作を制作しています。
実際に依頼したい方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

この記事はお役に立つかも?

動画制作/広告運用なら株式会社TSUTA-WORLDへ

お客様から次のようなお声をいただいています。

TSUTA-WORLDに「動画制作/動画広告」対応を依頼されたお客様の声
・顧客が多くなりすぎて、対応できないぐらいになった。
・伝わらなかった商材伝わるようになり、結果売上が増え顧客が倍になった。
・アクセス流入が増えた。そのことから2回目も依頼しました。
・作ってもらった動画のおかげもあり問い合わせが増え、これ以上増えると対応できない状態になった。
・求人動画を作ってもらい、社内のサービスと雰囲気を理解している確度の高いエントリーが増えた。

 

お気軽に、見積依頼・動画活用相談をしてください。

得意な業種・ジャンル

製品説明動画、教育動画、会社説明動画

得意な業種
ソリューションベンダー、健康食品、部品メーカー、無形商材

得意な分野
企業紹介、最新技術の紹介、中途採用向け教育アニメ、社内ガバナンス・コンプライアンス向け教育アニメ など

VideoDXカンパニーTSUTA-WORLDの特徴

「VideoDXソリューションカンパニー(商標登録申請中)」株式会社TSUTA-WORLDは東京都渋谷区恵比寿に拠点を構えている「動画制作×動画広告運用」を行っている会社。
動画を作って終わりという会社が多い中、弊社は動画を使って何をしたいのか、ターゲットは誰なのかを考えたうえで、企画~動画制作~納品~納品した動画の活用方法提案とアドバイス(利活用並びに動画広告運用)まで行っているのを強みにしています。

動画制作 アニメならTSUTA-WORLD
株式会社TSUTA-WORLD 代表取締役 山岡優樹