「売上を上げる」を言い換える!相手に伝わりやすくなる言葉とは

言葉の意味を深掘りするとややこしいものですが、経営のようにお金が関わるとさらに難しく感じます。

なかには同じような意味の言葉が複数存在する場合もあり、混乱する人もいるでしょう。

今回は「売上を上げる」という言葉に注目をして、言葉の意味やそれぞれの言葉の関係性などを解説しました。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

「売上を上げる」意味をよく理解する

「売上を上げる」には複数の言い換え方がありますが、売上利益を理解すればより分かりやすくなります。

売上と利益の関係

売上とは商品などを売って得た金額の総額を意味しており、売上高や売上金とも表されます。

売上高は経費が含まれている金額なので、そのまま企業の利益になるわけではありません

経費を含むか否かで言葉が変わることが、難しいところです。

「売上を上げる」の意味とは

り「上げる」とは、物を低い場所から高い場所に持っていくことをいいます。

つまり売上を上げるとは、今よりも高い(良い)経営状況にするため顧客に自社の商品やサービスを多く提供することです

企業の成績と関係が深いので、売上を上げるために既存顧客を大切にしたり、新規顧客の獲得に試行錯誤したりします。

世の中にはたくさんのニーズやマーケティング戦略があるので、自社の状況に合ったものを見極めることが困難です。

自社の状況と合わないマーケティング戦略を選択した結果、売上を上げられない企業もあります。

これが売上を上げるのが簡単ではない理由です。

「売上を上げる」と言い換えられる類語を紹介


売上を上げると言い変えられる言葉には、複数あるのでご注意ください。

複数の言い変え方を紹介

売上を上げるという言葉は、「売上アップ」や「売上が伸びる」などの言葉で表現される場合があります。

Webサイトなどを見ていても、上記の言葉が使用されている例が多いです。

また前述の通り、売上は経費を差し引かない金額のことなので収益とも同じ意味になります。

そのため「収益を上げる」も売上を上げると同じ意味だと考えられるのです。

また以下は、「今までと比べて企業などの利益が増えること」を意味する言葉として辞書で紹介されているものです。

【言い変えられるその他の言葉】

  • 増収増益となる
  • 収益が増大する
  • 収益が増す
  • プラス分が増える
  • 黒字となる
  • 儲けが増える

▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


「売上高」と「水揚げ」との違い


ここでは、企業に勤める人がしばしば売上高を気にしている理由が分かります。

売上高と似た言葉に「水揚げ」がありますが、水揚げには複数の意味があるので注意してください。

売上高とは

企業が商品やサービスを販売して儲けた売上金額の総額のことを「売上高」といいます。

損益計算書上の項目のひとつなので、決算書で見る機会が多い言葉です。

たとえば5,000円の商品を2つ販売すれば、売上高は10,000円になります。

売上高がそのまま企業の利益になるのではなく、そこから経費が引かれるのはお伝えした通りです。

以上を踏まえて、売上高の使用例を見ていきましょう。

【売上高の使用例1】
社長は、会議で「先月の売上高は、前年の同じ月を10%も上回っていた」と嬉しそうに伝えた。

上記の場合は商品やサービスを販売して儲けた売上金額の総額が、前年の同じ月よりも上回っていたということです。

そのように考えると、社長の機嫌が良くなるのも分かります。

【売上高の使用例2】
「A社が開発をしたアプリによる売上高が毎月〇円を超えているようです。」

この事例では、ニーズが高いアプリを開発したA社の売上高が伸びていることを示しています。

【売上高の使用例3】
上司が来月の売上高の見通しを確認してきた。

この場合、上司は来月の儲けが作れる見通しが立っているかどうかを聞いているのです。

やはり上司としては、部下が売上を上げるための施策を考えているかどうかを知りたいでしょう。

売上を上げるために考えている施策と合わせて、見通しが立っている数字も伝えると分かりやすくなります。

社長や上司が売上高について尋ねてきたときは、儲けの見通しが立っているかどうかを知りたい可能性が高いです。

水揚げとは

水揚げには複数の意味があり、一般的なビジネスでは商売などの売上や稼ぎ高を意味します。

稼ぎ高には働いて得た収入や儲けた金額という意味があるので、売上高とほとんど同じ意味だと考えていいでしょう。

水揚げには漁獲高の意味があるので、どちらかといえば水商売などで使用する言葉です。

漁獲高とは漁で取れる水産物の分量を指す言葉なので、売上高が金額なら漁獲高は水産物です。

水商売において水揚げとは、ナイトワークをするスタッフが結婚などをきっかけとしてお店を辞めることです。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


正しく意味を理解して伝えないと誤解が生じる可能性も

経営では正しく意味を理解しなければ、相手に誤解を与える言葉がたくさんあります。

実際水揚げにはふたつの意味があり、そのうちのひとつは水商売に関する意味だと分かりました。

ここからは売上や収入と関わりが深い言葉で、注意をしたい事例をいくつか紹介しましょう。

あまり使われない言い換えもある

前述の通り売上とは、増やしたり上げたりするものです。

そのため基本的に「売上を向上させる」とはいいません。

向上には「上に向かって進むこと」「より優れたものに高まること」という意味があります。

そのため一般的に使用されるのは「売上を上げる」です。

収益と利益に違いはある?

収益は売上高に該当する言葉で、資本金取引以外の資産の増加を意味します。

収益に対して利益はいくら儲かったかを指す言葉であり、費用を差し引いた金額です。

金額が多ければ強いインパクトを与えられるので、メディアでは収益を掲載している人が多くいます。

しかし収益だけでは、経費にいくらかかっているかが分かりません。

言葉に収入の収が入っているので、社会保険料や住民税などが引かれない収入と同じ意味だと紐づけると考えやすいです。

売上の多さと儲かっているか否かは別の話なので、経費が多い場合は利益がマイナスの可能性もあります

年収と年俸の違い

人によってはほとんど使う機会がないので、年収と年俸もややこしく感じる言葉のひとつです。

年収は一年で得られる収入を意味しており、年俸は一年単位で報酬が支払われる給与形態を意味しています。

両者には収入と給与形態といった違いがあるので、言葉の種別自体が異なるのです。

また年俸は手取りとは異なり、そこから社会保険料や住民税などが引かれます。

相殺の読み方

最後に売上の管理中に使う言葉で、間違える人が多い事例を紹介します。

売上を管理するときに「相殺」という言葉が出てきます。

相殺を経理で使用するときは「そうさい」と読み、差し引きをして帳消しにするという意味です。

「そうさつ」と読むと意味が変わってしまいますが、間違えて読む人は多いです。

ほとんどの場合そうさつと聞いた相手は、相殺の漢字を知っているので問題はないでしょう。

とはいえ注意したい読み方のひとつです。

まとめ

企業の売上に関する言葉には、主に経費を含むのか否かの違いがあると、お分かりいただけたでしょう。

言葉の意味が分かれば、社長や上司が売上高を気にする意味が分かるのです

税金の種類が多いので、税金と関係がある売上を表す言葉も多くなったと考えられます。

理解できないまま仕事をしていても、面白いと思えないどころか不安に感じます。

しかし言葉の意味が分かれば、売上を上げるための作業も楽しめるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説