チラシ広告って必要?おすすめの使い方と業種を解説

広告はマーケティングにおいて、自社の商品やサービスを知ってもらう重要な役割を持つものです。

そんな広告の手法の1つとして「チラシ広告」があります。

この記事では、チラシ広告の種類やメリットを紹介したうえで、チラシ広告のおすすめの使い方とその業種について解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

チラシ広告のオンライン化が進んでいる

IT化が進む現在、チラシ広告はWeb上へと進出しつつあります。

チラシ広告とは、文字通りチラシを活用した広告を指す言葉です。

チラシは情報を「まき散らす」ために使用され、かつてチラシは新聞の折り込みなど紙がおもな媒体でした。

しかし、インターネットやスマートフォンの普及から、WEBチラシが多く見られるようになっています。

WEBチラシ台頭などの背景から、以前よりチラシの効果やターゲット層が多様化することになりました。

そのためチラシ広告について理解し、マーケティング効果を最大限に引き出せるようにすることが重要です。

チラシ広告の種類

チラシ広告には種類があり、期待する効果ターゲットに合わせて使い分ける必要があります。

チラシ広告の種類は、大きく分けて以下の4つです。

  • 新聞折込チラシ
  • ポスティング
  • 同封同梱チラシ
  • WEBチラシ

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

新聞折込チラシ

新聞折込チラシとは、新聞と一緒に配布される紙媒体のチラシです。

新聞折込チラシの特徴として、新聞を取っている人に必ず広告を届けられることが挙げられます。

さらに、読売や日経などの新聞の種類、配達地域や日にちを設定してチラシを作成することが可能です。

新聞折込チラシのターゲットとなるのは「紙媒体の新聞を読んでいる層」です。

総務省の「主なメディアの利用時間と行為者率」によると、紙媒体の新聞を読む世代は中高年~シニア層が多い、との調査結果がでています。若年層や学生は新聞折込チラシのターゲットとなりにくいため、マーケティング時には注意が必要です。
(参考:総務省|平成28年版 情報通信白書|主なメディアの利用時間と行為者率

ポスティング

ポスティングとは、個人宅や会社に直接投函する紙媒体のチラシです。

ポスティングの特徴として、直接投函した人に必ず広告を届けられることが挙げられます。

さらに個人や家庭単位でのターゲット選定が可能なため、新聞折込チラシよりも踏み込んだターゲット選定が可能です。

ポスティングのターゲットとなるのは「ポスティング可能な場所に住むor事務所を構える全ての人」です。

しかしポスティングのための人件費がかかるため、広告費用がかさんでしまう場合があります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


同封同梱チラシ

同封同梱チラシとは、ECサイトで購入した商品や通販カタログなどと一緒に配布するチラシです。

同封同梱チラシで広告を運用する際、同封同梱に分けて考える必要があります。

同封チラシは「封筒」に入れられるようなチラシがメインです。

一方、同梱チラシは「ユーザーに届ける商品の箱」に入れられるようなチラシを指します。

このように同封チラシと同梱チラシを分けて考えることで、より効果的なマーケティング戦略を練ることが可能です。

同封同梱チラシのターゲット層は「すでに自社の商品やサービスに関心がある人」になります。同封同梱チラシを活用するシーンは「問い合わせがあった」場合か「自社の商品やサービスを利用した」場合のためです。

そのため、ターゲットユーザーが自社の商品やサービスを知らない、もしくは興味がない場合は広告の効果を得られにくくなってしまいます。

WEBチラシ

WEBチラシとは、インターネット上にチラシを掲載する方法です。

ホームページやブログ、SNSといった様々なインターネット媒体に掲載できます。

WEBチラシのターゲット層は「WEBを閲覧している全てのユーザー」です。

IT化が進む中でWEBチラシのターゲット層は増加の一途を辿っていて、現在注目が増している広告といえます。

さらにWEBチラシであれば、国内のみならず海外までターゲットユーザーを想定可能です。

広くビジネス展開したい、よりユーザーを獲得したい、そんな時もWEBチラシがおすすめです。

しかしWEBチラシは、インターネットを利用していないターゲット層には影響がなく、業種やサービス内容によって親和性に差が大きく現れてしまいます。

また、WEBチラシを多くの人に閲覧してもらうため、SEO対策やWEBマーケティングの知識が必要です

チラシ広告のメリット

メリット
チラシ広告のメリットを、チラシ広告の種類別に紹介します。

新聞折込チラシのメリット

新聞広告の折込チラシのメリットに、以下の4つが挙げられます。

  • 効果に即効性がある
  • チラシへの信頼度が高い
  • ターゲット層をある程度絞ることができる
  • 大量配布ができる

新聞折込チラシは配布する地域を選べるため、ターゲットをある程度絞ることができます。

さらに日にちも指定できるため、短期間で効果の高い広告運用が可能です。

また新聞という信頼性が高い情報源の広告であることから、広告内容も信頼がおけると認識されやすくなります。

さらに大量に配布できるためその分費用も安くなり、費用対効果が高いといわれています。

ポスティングのメリット

ポスティングのメリットに、以下の3つが挙げられます。

  • 全年齢層をターゲットにできる
  • ターゲットを細かく絞ることができる
  • チラシ以外も配布できる

ポスティングでは、新聞折込チラシより細かくエリアやターゲットを絞ることが可能な上、新聞を読まない若者層にもマーケティングを仕掛けることができます。

チラシ以外に試供品やカタログなども配布できるため、より効果的にマーケティングの効果を得ることも可能です。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


同封同梱チラシのメリット

同封同梱チラシのメリットに、以下の2つが挙げられます。

  • 自社の商品やサービスに興味を持ってもらいやすい
  • サンプルやクーポンも同時に配布できる

すでに自社の商品やサービスに興味を持っているユーザーに働きかけることができるため、チラシを確認してもらえる確率が高いです。

また、サンプルやクーポンの配布など、次の売り上げに繋がるような仕掛けができます。

さらに同梱チラシであれば、ユーザーに届ける箱の大きさを変えることで、様々な形状や大きさのサンプルやカタログを送れます。そのため、マーケティングの幅を大きく広げることが可能です。

WEBチラシのメリット

WEBチラシのメリットに、以下のようなものが挙げられます。

  • 手軽に確認してもらいやすい
  • 効果を測定することができる
  • 費用対効果が高い

WEBチラシは紙媒体のチラシと違い、スマートフォンやパソコンさえあれば簡単に表示できます

チラシを読むための場所や時間を確保する必要がないため、ユーザーに手軽に確認してもらいやすいです。

また、チラシの効果を具体的な数字を見て測定することができます。

クリック率やインプレッションを元にPDCAサイクルを回すことで、より有効なマーケティング戦略を練ることが可能です。

このように効果的なマーケティングが行え、チラシの掲載期間も多く取れることから費用対効果が高いとされます。

シニア層がターゲットのケースや店舗型はチラシ広告がおすすめ

新聞紙
チラシの種類は様々で、それぞれ有効なターゲットや業種が異なります。

シニア層がターゲットのケースや店舗型の業種の場合、おすすめのチラシ広告は「新聞折込チラシ」です。

新聞折込チラシをおすすめする理由は以下の2つです。

  • シニア層は新聞を読むユーザーが多い
  • 新聞チラシであれば地域を絞れる

総務省の「主なメディアの利用時間と行為者率」の調査結果によると、60代以上のシニア層の内、6割以上が新聞を読むとなっています。
(参考:総務省|平成28年版 情報通信白書|主なメディアの利用時間と行為者率
そのため新聞折込チラシを利用すれば、シニア層にターゲティングが可能です。

また、新聞は配達地域が決まっています。店舗がある地域の新聞にのみチラシを入れることで、よりローカルユーザーに訴えかける広告が作れるのです。

このようにターゲットを絞り自社の業種と相性の良い広告を使うことで、効果的な広告が運用できます。

まとめ

チラシ広告には、大きく分けて4つの種類があります。

その中でも「WEBチラシ」は、スマートフォンやインターネットの普及から、注目度が増しているチラシです。

しかしインターネット上で展開する「WEBチラシ」以外のチラシも、使い方次第では効果的に広告運用ができます。

ターゲット層を絞り自社の業種との相性を考え、適切なチラシを選択することが重要です

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事